CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 日本国憲法公布75年=谷川俊太郎「庭」 | Main | 言葉を送り届ける »
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
谷川俊太郎「難問」[2021年11月04日(Thu)]



難問   谷川俊太郎



揺り籠が揺れるのはいい
風に木々が揺れるのも
船が波に揺れるのも
風鈴が揺れるのも

だが地面が揺れるのを
どう受け容れればいいのか
と 詩は問う

難問だ
ぶらんこに揺られて考えたが
答がない



『詩に就いて』(思潮社、2015年)より


◆それは確かに難問だ。
抗うことのできるはずもなく、せいぜい肝をつぶすか、効かないと分かっていて、それでも祈るか。
受け容れることができないものと知りつつ、「問う」ことが「詩」だという。
なぐさめや、ごまかしでなく、つまり気休めやウソでなしに、のど元に突きつけられて逃れようのない事態に対して、言葉を突っ張り棒にして我が全存在を支えようとあがくこと――
(――と長々書かないで、ふたくち、みくちに一切を注ぎ込むこと)。


この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2124
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml