CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 油壺マリンパーク | Main | 新川和江「海をうしろへ……」 »
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
新川和江「いちまいの海」[2021年09月26日(Sun)]

◆昨日の詩「相模湾」に出会う前に、下記の詩が目に留まったのだった。


いちまいの海    新川和江

うつくしい海をいちまい
買った記憶がある
青空天井の市場で
絨毯商人のようにひろげては巻き
ひろげては巻きして 海を売っていた男があったのだ
午睡の夢にみた風景のようで
市場のことは はっきりとは思い出せないが

その海に
溺れもせずにわたしが釣り合ってゆけたのは
進水したての船舶のように
けざやかに引かれた吃水線をわたしが持っていたからだ
しかしそれも一時期のこと
引っ越しの際にまたぐるぐる巻きにして
新居の裏手の物置へ
がらくたと一緒にしまい込み忘れたままでいたのだが

一羽の鷗が物置の戸の隙間から
今朝不意に羽搏たき翔び立ち わたしをひどく狼狽させた
今頃になってよみがえって どうする
剝げ落ちた吃水線を弾き直す時間もわたしに与えず
裏庭を水びたしにしはじめている
あの海をどうする


新川和江『詩が生まれるとき』(みすず書房、2009年)より


◆海が絨毯や絵画のように、くるくる巻いて持ち運びし、しまっておくこともできる、という発想が面白い。ダリの絵のように。

さらに「わたし」は、船のように「吃水線」を持っているのだが、物置に放ってあった「海」のことを忘れているうちに、その吃水線は剝げおちてしまっていた、というのである。


旧作「いちまいの海」を読み返した詩人は、これに促されるようにしてその発展版も生み出すのだが、それについては次回。





この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2084
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml