CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 高野喜久雄「蟬」:曲 田三郎 | Main | 池田瑛子「凌霄花」 »
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
高野喜久雄「蓮の花」[2021年08月21日(Sat)]

◆蓮の花の季節はとうに過ぎたが、盂蘭盆会の折でもあり、混声合唱組曲『この地上』からもう一篇――


蓮の花  高野喜久雄


蓮の花が咲いている
泥の中にさえこれだけの
きよらかな色と形が
ひそんでいるというように

蓮の花が咲いている
忘れたものの遙けさを
遙けさと 大きさを
思い起せというように

蓮の花が咲いている
葉の上にいま 落ちた雨
白銀(しろがね)の玉となれ
なお輝けというように

蓮の花が咲いている
問われた問いは大きくて
問われつつ 身をゆだね
咲くほかないというように


高野喜久雄=詩/田三郎=曲『混声合唱組曲 この地上』(音楽之友社、1981年)より

*曲は最後に「蓮の花が咲いている」を繰り返し、〈calando〉(だんだんと遅く弱く)で歌い収める。

◆蓮は和歌にも画にも取りあげられて来た。とりわけ仏の表象として。

最終連「問われた問いは大きくて」という感受の姿に惹かれる。
問われたことに答えずに話をズラしたり、スリカエたりする政治の言葉に消耗することが多すぎるからだろう。


モネ_0001.jpg




この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2049
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml