CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 〈まるで 生きてゐるひまがない〉 | Main | 救急対応 »
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
会報発行[2021年01月23日(Sat)]

◆市民運動の会報発行にようやくこぎつけた。A3用紙両面印刷を二つ折りで折り込んでわずか8頁の小冊だが、それなりに手間ヒマを要する。

編集打ち合わせ一回に、上がって来た原稿の読み合わせ一回の計2度、場所の確保ができて直接話し合う場が持てたことは幸いだった。

読み合わせは、たまたま開いていると知った公的施設の活動交流スペースを利用するべく電話で予約を入れた。
当日行ってみると、予約した直後に他館同様、二月上旬までの利用停止が決まったらしく、我々はギリギリセーフ、ということだった。(1団体5名まで、最大で3団体が利用可能なスペースが確保されていたが、当日の利用は我々のみ。)

◆前号発行の昨年7月も、横浜にある県施設が打ち合わせスペースも印刷室も使うことが出来ず難儀した。ただ地元・藤沢の市民活動推進センターは施設利用停止の代わりに印刷代行サービスをやってくれている。今回も印刷をお願いすることにした。前号は仕上がりがとてもきれいだった記憶がある。

◆21日の夕刻メールで印刷依頼書と原稿を送稿し、早目の仕上がりがありがたいので、受け取り希望日を翌日、つまり昨日22日の午後に、と依頼書に書いておいたら22日の朝早く電話が入った。直ぐ印刷に入るが、何持に来館するか?と言う。上がりまで2,3日みておいて下さいと予め言われていたのだったが、他の業務が立て込んでなくて可能なら、とダメモトのつもりで翌日午後の受け取りを希望と書いたことが、スタッフを慌てさせてしまったらしい。印刷を乾かす時間なども必要なので……という説明もあった。
そこまで丁寧にやるから仕上がりがきれいだったのだな、と合点がいった。

――夕刻4時頃ではどうか、と恐る恐る申し出たら、電話の向こうから「大丈夫です!」と明るい声が返ってきた。

◆印刷の仕上がりは前回同様にきれいだった。両面印刷を二つ折りにするところまで御願いしたのだが、折も申し分なし。A4版8頁のスッキリした会報ができあがった。

さて、肝心の記事の中味は?
それはもちろん……・・・!!!






この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1839
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml