CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 高野喜久雄「眼」 | Main | 会報発行 »
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
〈まるで 生きてゐるひまがない〉[2021年01月22日(Fri)]

DSCN4775.JPG

久しぶりにオオバンが群れていた。
一斉に飛び始めたのでカメラを向けたらあたかも連続写真のようになった。

ついでカモたちも遅れじと羽ばたき始め、これまた連続写真のように飛び立った。
下はその直前のようす。

DSCN4779.JPG


*****


むいみなルフラン   吉原幸子


むいみなルフランがほしい
むいみなルフランがほしい

忘れられない
思ひ出せない
海のやうな
むいみなルフランがほしい

人生に宿題が多すぎて
詠むべき本としんぶんとてがみと
うたふべきうた きくべきうたが多すぎて
まるで 生きてゐるひまがない

どの頁にも
もどかしい記憶ばかりがかいてある
あるひは やがてくる未来の記憶が
シクラメンの鉢よ 消えたテレビよ
ただよふタバコの煙よ ささくれよ
鏡のなかには いつもわたしがゐて
あのうつくしい一行は
どうしても思ひ出せないので

海のやうな
波のやうな
むいみなルフランがほしい
むいみなルフランがほしい
むいみなルフランが これかな


小海永二・編『精選日本現代詩全集』(ぎょうせい、1982年)より


◆「ことば」が担わされている「意味」という重たいもの、それがわれわれの頭にからだにもまとわりついて、どんなに不自由にしていることか。
(口から出てくるのが無意味な答弁ばかりの政治家とお役人のことじゃない、むろん)



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1838
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml