CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 先達としての従兄のこと | Main | 〈石の音に耳を傾けて〉―串田孫一「甃」 »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
久保木宗一「ただの石」[2020年12月01日(Tue)]


ただの石  久保木宗一


石はそこに在る
そこに在って
身じろぎひとつしない
そうして
あわてふためきドタバタ動きまわる人間共を
黙って見ている
石は変わらない
石の心は移ろわない
ただの石としてそこに在って
いつもと同じ形で
おなじ色で
おなじ輝きで
ただ黙って坐っている
石は石として
その一点のみで存在しているのだ


石を地球の中心に置いてみないか


世界が明るく豊かに生まれ変わるはずだ



久保木宗一(くぼきそういち)詩集
『暮れなずむ路上』
(書肆山田、2009年)より

久保木宗一『暮れなずむ路上』.jpg

装画は藤森カツジ氏。



◆石は、かく在りたいと願う生き方を示してくれるもののようだ。
水や風に流される砂でなく、水にも風にも超然として動かない岩でもなく、砂と岩の間に在り、それらとの紐帯は無いようでいて、どちらの性質も内に備えているもの。
そうして卑下や尊大さとは無縁のもの。




この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1786
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml