CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 馬場晴世「川を」 | Main | 久保木宗一「ただの石」 »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
先達としての従兄のこと[2020年11月30日(Mon)]

◆「はやぶさ2」カプセル の大気圏突入は12月6日午前2時28分ごろに、というニュースがあった。
入院中の従兄の病状について主治医から説明を受けた帰路、彼の留守宅に寄って、郵便物や文書類の片付けで半日ほど過ごし、帰宅したばかりの夜のニュースだった。

◆ひとり暮らしの身に広すぎるくらいの部屋には、退職後もJAXAから送られてくるニュースが積み重ねてあったが、ひどく視力が落ちた昨今は封を切らぬままのものも少なくなかった。
燃料噴射実験の記録だろう、表紙の変色した分厚いファイルもあった。
青焼きの資料などがいくつもあった。
日本のロケットは初めのうち固体燃料だったことも従兄から教えられた。
能代(噴射実験場があった)や種子島への出張が多い、と話していた。

退職後に力を注いだであろう市民運動関係のニュースや集会資料、フライヤーなども多数あった。NPOへの継続的な募金をうかがわせる手紙類。
趣味として来た囲碁の雑誌や日本棋院からの通信その他。あらかた処分して構わないものばかりだが、碁の関係は取って置きたいと話していた。

◆薬の袋も多数。きちんと服用するだけでなく、袋の一つ一つまで再利用のために捨てずに取って置く性分なのでそれらをまとめて行くだけでも結構な作業となる。
衣類からキャットフードの袋まで、手間をかければ二次利用、三次利用ができないものはないという信念を実行してきた生涯と思える。

何に使うか素人には見当が付かない実験器具や測定器らしいものもゴロゴロ転がっていた。
高校時代からの科学好きの延長で宇宙にかかわる仕事ができたのは仕合わせであったろうと思う。

◆2006年ごろは退職していたはずだが、教育基本法改悪反対の集会を地元で開いていたことを示す資料や集会ビラなどもあった。
戦争末期に応召して南洋に向かう船とともに沈んだ父親を持つ者として、民主主義による平和実現に情熱を傾けたのは必然であっただろう。宇宙もまた、科学による平和実現への夢が推力となっていたはず。

◆立てかけてあるコタツの側から紡錘形の鉛を2つ金具でつないだ釣りの錘が出てきた。
明らかに手作りのもので、ズッシリ重い。

たちまち幼年時代の記憶がよみがえる。
従兄は高校生になったばかりだったろう。
ストーブの火で鉛を溶かして型に流し込み、錘を作ってくれたことがある。
同じストーブの前で電球をきれいにカットして見せ、こちらの目を丸くさせたりもした。

手品のようなミニ実験が幼き者に理系志向の種を蒔いてくれたことはいうまでもない(10年ほどは効力が続いた)。

◆もうひとつの伝授は音楽。窓辺に置いてあった従兄のウクレレを、足を組むポーズごと真似てポロンとやったら、「きれいな音だ」と褒めてくれた。
自分もそうした楽器を持ちたいと考えたが買えるはずもない。
音の出るものを作れないか、ずっと構想していた。リンゴ箱にするブナの板材と釘なら家にいくらでもある。箱を作って釣りのテグスを何本か張れば出来そうに思ったが、テグスの留め方や調弦する仕掛けをどうするか、ちっぽけな頭では解決できず沙汰止みとなった。

結局は10年後、ギターを買って我流で弾き始め、同じ年クラスメートから譲ってもらったパイオニア製のスピーカーで音楽を聞く習慣がスタートして、これが一番長続きした趣味となった。オダテの一言が一番効力を発揮したわけだ。

ギターを弾き始めたころ、「少しのことにも、先達はあらまほしき事なり」という徒然草の一節に出会って、ウクレレの手ほどきをしてくれた従兄のことを思い出したものだ。



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1785
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml