CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 「とりあえず」生きている、のか? | Main | 〈おらびながら〉 »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
秋の夜[2020年10月07日(Wed)]

DSCN4430.JPG

火球、にはあらず。先週の満月、手元がブレて何とも不思議な光跡ができた。


***



月夜   神沢利子

せすじつゆむしは
つゆのいのちの
かぎりを 鳴いて
秋草の野に のぼるのは
むかしむかしの
お月さまです


神沢利子詩集『立たされた日の手紙』(理論社、2008年)より


◆ゆうまぐれ、椋鳥たちのにぎやかな声が、同じぐらいの音高と音量で虫たちの鳴き声に移っていった。
丈高い木々の影ばかり黒々と大きくなった。






この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1731
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml