CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 対(つい) | Main | 漱石〈清閑を領す〉 »
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タゴール〈光の島〉[2020年09月24日(Thu)]

DSCN4378.JPG
刈入れが始まった。
田んぼわきのイチイにはたいてい雀がいる。

*******


タゴール『迷い鳥』より 川名澄 訳

310 わたしは夢みる、ひとつの星を、ひとつの光の島を、わたしはそこに生まれるだろう、そして活き活きとした安佚(あんいつ)のなかで、わたしは一生の仕事を豊かに稔らせるだろう、秋の陽に照らされている稲田のように。


◆元の英詩は次のようになっている。

I DREAM of a star, an island of light, where I shall be
born and in the depth of its quickening leisure my life will
ripen its works like the ricefield in the autumn sun.


原詩同様に訳詞も飾り気なしに平易だ。

まなざしは悠揚と来世に向けられているが、それは現世の営みの続きであるようだ。
現身は祈りと確信で充たされている。

*訳語について一点、「leisure」(「レジャー」の原語)を「安佚」としていることについて……
同音の「安逸」の「逸」が「隠れる・それる」のニュアンスが強いのでそれを避け、「くつろぐ・楽しむ」の意味も含む「佚」を選んだと推測する。だが読者は「逸」の字の「安逸」の方に引っ張られて読んでしまうのではないか。
背中にしがみついている過去から自由にしてください、という詩もあるのは事実(325の詩篇など)だ。
しかし、少なくともこの詩に厭世の気分はない。上で触れたように、現世から来世へと同じ歩みを続けてゆく感じがある。
「leisure」のもとのニュアンス、「(許された)自由な時間」を伝えられる適当な訳語はないだろうか。


この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1718
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
岡本清弘
ト・ジョンファンの詩「蔦」 (09/12)
ト・ジョンファンの詩「蔦」 (09/12) 伊東
おべだふり (06/20) 岡本清弘
唐木順三のことば (06/13) アルピーヌ
唐木順三のことば (05/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml