CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 「さようなら原発」ニュース第28号 | Main | 「まぼろし探偵」「8マン」の作者、逝く »
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
育鵬社教科書、藤沢についで横浜でも不採択に[2020年08月04日(Tue)]

DSCN4162ショウジョウソウ(サマーポインセチア).JPG

ショウジョウソウというそうだ。サマーポインセチアという名もあるようで、なるほど冬によく見るポインセチア(ショウジョウボク)に似ているが、赤い部分は小さい。
「ショウジョウ」は「猩猩緋」などという時の「猩猩」で、鮮やかな赤を表す。
菊池寛の佳品「(かたち)」の主人公、「槍中村」の名を戦場に轟かす勇将・中村新兵衛の陣羽織の色として「猩猩緋」が用いられている。

菊池寛「形」:青空文庫で読むことが出来る。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000083/files/4306_19830.html


◇◆◇◆◇◆◇◆

「つくる会」系教科書退場のとき

◆来年度から中学で使われる教科書の採択が各地の教育委員会で進んでいるが、歴史および公民の教科書について、東京都(7/27)、藤沢市(7/31)に続き、今日の横浜市においても、いわゆる「つくる会」系の育鵬社教科書は不採択となった。

「新しい歴史教科書をつくる」としてかつて扶桑社から出版され、その後内部事情から自由社・育鵬社と袂を分かつに至った「歴史」教科書は、単に保守色が強いというにとどまらず、神話や天皇に比重を置いた復古的な歴史観や、近現代の戦争を自衛のためだったと強調して加害の側面に背を向けた歴史認識問題、愛国心教育と背中合わせのアジアの国々への優越意識を骨格として編集されて来た。
育鵬社が出した「公民」教科書では、国民主権よりも天皇の役割に紙数を割き、人権を制約する場合を強調していて「基本的人権の尊重」という憲法の基本が正しく学べない、集団的自衛権を容認した現政権の安全保障政策についてさまざまな意見があることを伝えない、改憲への誘導的記述がある、古い家族観・ジェンダー観で編集されているなどの問題点が指摘されてきた。

学校現場では一面的にならないように、教員たちの努力が続けられて来た。市民からは教科書の内容、採択の手順について問題点を学びながら、子どもたちにより適切な教科書の採択を、と教育委員会に声を届ける粘り強い取り組みが続けられてきた。
この間、教育委員会における審議のプロセスを開かれた透明なものにすること、実際に教科書を扱い、子どもたちの受け止めを知悉している教員たちの声に耳を傾けることについて広範な市民の声をが結集することで一定の改善が進んだ。
その結果として育鵬社教科書は不採択に至った。退場のときを迎えたのである。

◆東京では2001年以来19年、横浜市や藤沢市では9年間、これらの教科書で学んだ子どもたちが存在する。20代から30代半ばに達し、現在のコロナ禍で仕事・家庭ともに厳しい事態に直面している世代である。彼らはいま何を感じ、何を考えているか、気になる。

ある教科書が人生観や価値観を決定づけるとまでは思わないが、刷り込まれた先入観の働きで、不当に遇されても抗議することを諦めたり、社会のセーフティ・ネットにつながることを断念したりすることはありそうな気がする。「真面目な生徒」ほど、教科書は正しいと信じ、「教科書に書かれていない」ことに想像力を向けることはガマンすべきであり、「お上」を批判するよりは「そのなさることに間違いはあるまい」と信託することを常としているからだ。

グローバリゼーションの実態を生産・流通・消費を通して目の当たりにしている今、海外からの働き手が職場にも地域にも居て同様に苦闘している今、乗り切る糸口が自力だけでは見出しがたい今、政治に声をぶつけて社会の方を変える仕組みが法律や憲法によって保障されており、それにアクセスするすべも、そのために人々と連帯するすべも、学校で学んだ、と言える方が良いに決まっている。
「つくる会」系教科書は、そうした生き抜くための平和的な武器を彼らの手に与えず、無力化する負の作用があっただろう。そのことがいま気がかりである。



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1667
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
岡本清弘
ト・ジョンファンの詩「蔦」 (09/12)
ト・ジョンファンの詩「蔦」 (09/12) 伊東
おべだふり (06/20) 岡本清弘
唐木順三のことば (06/13) アルピーヌ
唐木順三のことば (05/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml