CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 田んぼの水入れを前に | Main | 広部英一〈空(そら)の教室〉 »
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
〈はじまったんだね 学校が〉[2020年06月01日(Mon)]

学校始動

◆市内の学校がようやく始動したようだ。
朝10時過ぎ、母親と手をつないで帰る1年生らしい子がいた。
連れだって帰る低学年の小学生グループもいくつか。
すると4・5年生ぐらいの子どもたちのグループが反対向き=小学校の方に歩いてきてすれ違った。忘れ物でもして引き返すのかと思ったが、やや早足で足どりは元気だった。
たぶん、分散登校というかたちで、低学年の子たちとは時間をずらして登校するところだったのだろう。コロナ対策下の不思議な登校風景に出くわしたわけだ。

これから学校に向かう彼らの残像を思い浮かべてみると、心なしか前傾姿勢で久しぶりの登校に逸る表情であったように思えた。

*******



つづり字読本の歌   J・サイフェルト
                   飯島周:訳

遠い昔の思い出は
誰の胸にもひびくもの
かあさんと行く男の子
はじまったんだね 学校が

なつかしい絵がついていた
あの読本が目に浮かぶ
ああ あのころの美しさ
とうの昔に忘れてた

昔の歌にあったけど
犬はもう麦とび越えず
風も変わらず吹くけれど
梨の実 落とすこともない

ああ あの本で読んだこと
いま そのままによみがえる
時は表紙の上をとび
過ぎた年月数えもせずに


J・サイフェルト詩集『マミンカ(おかあさん)』(恒文社、1989年)より


サイフェルト「マミンカ」-A.jpg
『マミンカ』(函)。

函、本文中の装画はイジー・トウルンカ(1912-1965)の制作。チェコを代表する絵本作家にしてアニメーション作家である。




この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1603
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
伊東
おべだふり (06/20) 岡本清弘
唐木順三のことば (06/13) アルピーヌ
唐木順三のことば (05/23) 根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml