CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 忘れっぽい人間は記録が頼り | Main | 蛮行を隠す言葉たちに抵抗する »
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
国立公文書館ー黒川検事長・定年不法延長問題[2020年02月24日(Mon)]

DSCN2605水準点(猿田彦=御嶽神社).jpg
地元、御嶽神社入り口にある水準点

*******

検察官定年延長の法律違反の動かぬ証拠・公文書発見

黒川弘務・東京高検検事長の定年延長が法律違反であると指摘された問題、1980年の国家公務員法改正案が審議されていた国会の質疑記録だけでなく、当時の総理府人事局が「(検察官の)勤務延長は除外される」と明記した文書が発見されたという。
国立公文書館に保存してあった文書記録を野党議員が見つけたものだ。
政府の「解釈変更」が法治国家の破壊にほかならないことを確認出来る、だめ押しの証拠である。

【2月24日 毎日新聞 記事】*当該文書「国家公務員法の一部を改正する法律案(定年制度)想定問答集」(80年10月)の画像も載っている。

「勤務延長、検察官は除外」 1980年の文書が見つかる 検事長定年延長
https://mainichi.jp/articles/20200224/k00/00m/010/136000c


◆国立公文書館といえば、5年前、JFK展がここで開かれた。
アメリカの公文書館所蔵の文書記録の中に、例えばキューバ危機に直面した閣僚たちの意見(海上封鎖か武力攻撃、どちらに賛成か)を記録したロバート・ケネディ(当時は司法長官)のメモまでもが保存されていることに驚いた。

JFK展:1961カザルス〜62キューバ〜63ダラス(2015/4/26)記事
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/126

◆また、JFK展に寄せたアベ首相のスピーチのひどさについても触れた。

JFK展(2)−ABE首相のスピーチ(2015/4/30記事)
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/128

首相スピーチは、我が国の公文書館の充実を「しっかりと公文書館を充実させるために努力をしていきたい」と述べていた。
だが実際には、公文書の隠蔽・改竄・削除の繰り返しで官僚につじつま合わせを押しつけ、責任はひとつも取らないまま国家の体をなさない現在の惨状に至った。

目に一丁字もない政権の恐ろしさというしかない。


この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1505
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml