CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 菅原克己「朝」 | Main | 議事堂の下にはガランと大きな洞窟が »
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ウィルスには適切な予防と手当。改憲は不要。[2020年01月31日(Fri)]

DSCN2643.JPG

かつては境川の舟着場だったという辺りが土手に囲われた田んぼとなっている。
湿田ゆえに冬は氷が張っているときが多い。

***


ガラスの野づら  小野十三郎

ここから先は
木や草はない。
花の影も。
それらは言葉としてあるだけ。
ここから先は
一望、地の涯まで
冷たく敷きつめられた板ガラスの青い起伏だ。
まん中に
月影のような太陽が浮んでいる。
だが、記憶の中だけでも
木が、草が、花が
世界に存在する限り
その上を
ばりばり踏んでいく。


小野十三郎詩集『樹木たち』より(土曜美術社、1982年)

◆新型コロナウィルスへの不安に乗じて憲法に緊急事態条項が必要だ、などとのたもう自民党議員が一人二人にとどまらぬそうだ。
猖獗(しょうけつ)を極めているのはウィルスよりもカイケン論者(「改憲」というより「壊憲」)らの病毒だ。
伊吹文明・元衆議院議長から現職の環境大臣・小泉進次カに至るまで熱に浮かされたように妄言を吐いているとか。
少しは朝の寒気に頭を冷やして、まともになったらいかがか。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1482
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
伊東
おべだふり (06/20) 岡本清弘
唐木順三のことば (06/13) アルピーヌ
唐木順三のことば (05/23) 根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml