CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 生きたことの痕跡 | Main | 〈光がさあっと溢れて〉 »
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「なおも翼をはためかせる」勇気[2020年01月26日(Sun)]

DSCN5603ヒドリガモ雄(上)雌(下).jpg
ヒドリガモという種類のカモらしい。
上が雄、下が雌。皇居北の丸の堀で。

*******


「かれらは歌う」より  セオドア・レトキ
   鮎川信夫・訳

死せるものや愛しきものに深くおもいをはせるとき
絶頂のいただきはいまも心胆を寒からしめる、
想像力ばかりが役に立つわけではない。
この光の最後の場所で。鳥であることをやめても
生きる勇気を持っている人は、なおも翼をはためかせる、
すべて灰色の無益なむなしさとなる広大な深淵にむかって。



*『続続 鮎川信夫詩集』より(思潮社、現代詩文庫、1998年)。
セオドア・レトキ(Theodore Roethke 1908-63)はアメリカの詩人。

◆今わの際に語る男のうた、3連からなる詩の最終連。

光の最後の場所である山巓から灰色の深淵へと、力尽きたものとして落下するのでなく、羽ばたく力を失わぬ者として生きること=歌うこと=その姿を最後まで示し続けること。


この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1477
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml