CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 槐多〈鳴浜九十九里〉とカミーユ・クローデル〈少女と鳩〉 | Main | 中村哲医師死去 »
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
卑劣な言い訳はまっぴらご免だ[2019年12月03日(Tue)]

◆「桜を見る会」招待者名簿をシュレッダーした時期のつじつま合わせに障がい者が持ち出された。12月2日参院本会議でのアベ首相の答弁である。
その場しのぎのウソを塗り重ねた挙げ句、とうとう「障がい者」を楯にする作戦に及んだわけである。「障がい者」を矢面に立てて時間を稼ぎ、自らは次の策を練っている、ということだ。

◆作文してもらった答弁書で読み上げた内容は以下の通り――

〈シュレッダーの空き状況や、担当である障がい者雇用の短時間勤務職員の勤務時間等との調整をおこなった結果、使用予定日が5月9日となった〉

いやはやである。SNS上で非難ごうごうであるのは当然だ。
この答弁の問題点はいくつもある。

◆一つには、業務をする人間の属性を理由として挙げる必然性は全くないのに、敢えて「障がい」を持ち出したことだ。
実際に裁断業務を行った人がいたとして、その人自身への顧慮が何一つない。
内閣府で働く人たちはたくさんいるだろうが、仕事内容が何であれ、内閣府として行った仕事であることに変わりはない。障がい者を含めた組織体であるはずを、わざわざこうした重要な説明に持ち出すのは差別意識があるからだろう。雇ってやっているのだ、という上から目線。
答弁のダシに使われても文句など言わないはず、とタカをくくっている。

「桜を見る会」参加者については「個人情報に当たるので」という理由で頑なに秘匿の態度であるのに、業務遂行者についてはかばう姿勢がないために、障がい者であるというその人の属性を公言して恥じない。

◆さまざまな職場で懸命に働いている人たちの受け止めもSNSでつぶやかれている。
やっぱりそういう目で見ていたのか、勤務時間の制約など障がい者は面倒くさい存在とみなされてしまうのはしんどい……などなど。

◆鼻持ちならないのは、「障がい者」という文字を水戸黄門の印籠のように使ったことだ。
これを突き出せば手も足も出ないだろう、という打算がある。
国会やメディアの追及を押さえ込もうという下心が見え見えではないか。
「障がい者」の威を借りる狡猾な狐が猖獗を極めているという図である。

◆仮にメディアが、シュレッダー業務を実際に行った人を特定しようとしても、「障がい者」「個人情報」という煙幕で隠し通すことは可能だと踏んでもいるだろう。
また、仮にその人物が特定された時でも、立場が弱い者にはいくらでもアメ・ムチが効くとすら考えているだろう(モリカケ問題を見よ)。 

◆それにしても、冒頭に示した首相答弁、「勤務時間との調整をおこなった結果」とある。「等」や「結果」は言い逃れるためのボカシの手法のほか、「調整」という用語で責任は業務監督者止まりで済むように目論むなど、言い抜ける手立てを幾つも入れ込んだ作文である。
だが、これで時間稼ぎができると考えているなら大甘だ。
主権者は、「障がい者に責任を押しつけた」と受けとめ、批判のこえをあげている。それがまともな神経の働かせ方である。

官邸の主も茶坊主どもも、ちゃんとした仕事にアタマを使わんかい。



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1423
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml