CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 〈力と量とを得ろ。〉 | Main | 槐多の風景画 »
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
〈氷のかけが てのひらに〉[2019年11月30日(Sat)]

DSCN2367.JPG
薄氷の張った俣野の田んぼ

*******

雨ふり より  村山槐多

氷のかけが私のてのひらに載つかつた
と思つたら消えた

足さきが地に凍りついた
と思つたら離れた

紫の月がうつくしい息吹の中に
凄い顔を見せる
冬の真夜中はふけた。

    +

輝く月が紫のけぶりに沈んで
うつくしい夜と離れた

私はどつと暗に落ちこんだ
恐ろしさに慄へて私は立すくむ

高い樹木らは冷酒をあふつて
ならず者の様に私をかこんだ。



『村山槐多全集』(彌生書房、1963年)より

◆大正七(1922)年作の詩篇より。槐多22歳、死の前年。

ある寒夜、束の間美しい夜を演出してくれた月が沈み、死の暗闇への恐怖に卒然襲われるに至る凄愴な幻想と言えようか。父との確執、失恋の痛手で多飲放埒の生活の記憶が己を苛む。

だが、酒をあおっても酔えない魂にとっては、自分を取り巻く樹木らの方がむしろ、酔いどれのならず者たちなのである。
たちまち溶けた「氷のかけ」は、濁世を撃とうと手に持った鋭利な刃のかけらと読むこともできる。

***

◆ジャパンライフの詐欺商法・年寄りイジメを助長すべく消費者庁に圧力を加えた現政権こそがならず者集団なのだと思い知る。
花見酒の毒が全身をむしばむ2019年末のこの国。

【Litera11月30日記事】
安倍政権がジャパンライフへの立入検査を潰していた! 検査取りやめを「本件の特異性」「政治的背景」と説明する消費者庁の内部文書
https://lite-ra.com/2019/11/post-5120.html


この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1420
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml