CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 〈逃(の)がすための 鳥籠〉 | Main | 〈氷のかけが てのひらに〉 »
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
〈力と量とを得ろ。〉[2019年11月30日(Sat)]

DSCN2330アンドレ・マッソン「砂漠のモニュメント」-B.jpg
アンドレ・マッソン〈砂漠のモニュメント〉(1941制作、1987鋳造)横浜美術館にて


◆◇◆◇◆


わが命 より 村山槐太

砂上にあふむきにひつくりかへる時空は
翡翠に澄み微風海より吹く
この恍惚たる生の一瞬。


◆画家として充実期を迎えていた村山槐多(1896-1919)をとつぜん病魔が襲った1918年、槐多は九十九里浜に転地療養し己の命と向き合う詩を綴った。
時として、わが心、身をはなれ空より/われとわが身を見る/砂上に横たわるいたましき人肉一片」とあわれむべきわが身と俯瞰しながらも、鬱勃と内側から突き上げる力に叫び出したくなる――

私ののぞんで居るのは
張りきつたツエツペリン航空船の様な命だ
はぜんとするダイナマイトだ
人をけ殺す狂馬の命
羅馬の闘士が命だ


そうして我とわが身を激しく鼓舞する――

つぶやきうなるのをやめろ
力と量とを得ろ。


*詩句はいずれも「わが命」より
 『村山槐多全集』(彌生書房、1963年)に拠った。

*******

◆昭恵夫人は「公人」だと口が裂けても言えなくなった政府は29日、「桜を見る会」への夫人出席は「首相の公務の遂行を補助する一環」だとする噴飯物の屁理屈を持ち出して”閣議決定”とした。

【11月29日共同通信】桜見る会、昭恵氏出席は公務補助 閣議で政府答弁書決定
https://this.kiji.is/572974615799563361?c=39546741839462401

人々の怒りのマグマが噴き上げなければどうかしている。

「力と量とを得ろ。」とは力のすべてをたたきつけて生きている者の叫びだ。



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1419
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml