CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 片眼だけ泣いてソロバン弾く | Main | 子どもは伸びしろだらけ »
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
〈美しくするのが僕らの務めです〉ー濱口國雄「便所掃除」[2019年11月19日(Tue)]

DSCN2252.JPG
カルガモ。

*******

◆朝日新聞の第2地域面に連載中の「寅さんをさがして」、映画「男はつらいよ」シリーズに登場する各地を訪ねる記事だが、今日は東京・南葛飾高校の定時制。
第26作「寅次郎かもめ歌」(1980年)で、すみれ(伊藤蘭)が通い始めた定時制高校の舞台である。
映画では先生(松村達雄)が詩の朗読をする場面がある。

詩は濱口國雄「便所掃除」である。
朗読に短いコメントを挟みながら、生徒たちの気持ちを働く者の詩のことばに集中させていく。
詩の朗読とセリフの溶け具合が絶妙である。

◆私事を書きとめておくと、この詩に出会ったのは週刊誌の佐高信の文章。2006年ごろと思う。

勤務校で放課後の掃除監督の場所が2箇所あった。HRクラスと男子トイレである。

トイレ掃除は生徒にとっても監督者にとっても愉快なものではない。
大の方がしばしば汚れている。当番の男子がドアを開けたとたん、ウッと顔を横向きにして出てくる時には、生々しいのがそのまんまだったりする。

濱口國雄のこの詩をプリントして、個室の壁の、しゃがんだ時に目に入る高さに貼ってみた。
使用者は並々ならぬ必要に迫られてそこにしゃがむわけだが、難局を乗り切れば詩に目を向ける余裕ぐらいは生まれるだろう、と期待をこめて。

効果はてきめんだった。
生々しいのが減った。
こびりついたのには時々出会ったが、これも減った。

命令調や訓戒調は人を動かさないことを痛感した。
その詩を映画で松村達雄が朗読する――学校を舞台にしたものが多い山田洋次作品の中でも名場面である。


便所掃除  濱口國雄

扉をあけます
頭のしんまでくさくなります
まともに見ることが出来ません
神経までしびれる悲しいよごしかたです
澄んだ夜明けの空気もくさくします
掃除がいっペんにいやになります
むかつくようなババ糞がかけてあります

どうして落着いてしてくれないのでしょう
けつの穴でも曲がっているのでしょう
それともよっぽどあわてたのでしょう
おこったところで美しくなりません
美しくするのが僕らの務めです
美しい世の中も こんな処から出発するのでしょう

くちびるを噛みしめ 戸のさんに足をかけます
静かに水を流します
ババ糞に おそるおそる箒(ほうき)をあてます
ポトン ポトン 便壺に落ちます
ガス弾が 鼻の頭で破裂したほど 苦しい空気が発散します
心臓 爪の先までくさくします
落とすたびに糞がはね上がって弱ります

かわいた糞はなかなかとれません
たわしに砂をつけます
手を突き入れて磨きます
汚水が顔にかかります
くちびるにもつきます
そんな事にかまっていられません
ゴリゴリ美しくするのが目的です
その手でエロ文 ぬりつけた糞も落とします
大きな性器も落します

朝風が壺から顔をなぜ上げます
心も糞になれて来ます
水を流します
心に しみた臭みを流すほど 流します
雑巾でふきます
キンカクシのうらまで丁寧にふきます
社会悪をふきとる思いでカいっぱいふきます
もう一度水をかけます
雑巾で仕上げをいたします
クレゾール液をまきます
白い乳液から新鮮な一瞬が流れます
静かな うれしい気持ですわって見ます
朝の光が便器に反射します
クレゾール液が 糞壺の中から七色の光で照らします

便所を美しくする娘は
美しい子供をうむ といった母を思い出します
僕は男です
美しい妻に会えるかも知れません


木島始・編『列島詩人集』(土曜美術社出版販売、1997年)より


◆濱口國雄(1920-76)は1940年に応召して中国、フィリピン、ベトナムと転戦し、ニューギニアで敗戦を迎えた。
戦後、国鉄に勤務しながら詩作に励んだが、「東洋鬼」と題する連作や、戦友の死を詠んだ「勲章」のほか、「或る殺意」のように戦争責任を告発する作品も多い。


この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1409
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml