CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「イヌの仇討」[2020年01月18日(Sat)]

DSCN2631.JPG
David Williams-Ellis「泉の少女たち(FOUNTAIN GIRLS)」
David Williams-Ellisは1959年生まれのイギリスの彫刻家。

横浜市泉区民文化センタ―・テアトルフォンテ前に立つ。
小ぶりの作品だが軽やかに空に舞う感じ。
あと2つ「森の精」「花の女神」がこの左右に立っている。

今年初めて雪が舞ったが、テアトルフォンテで上演中のこまつ座「イヌの仇討」(吉良邸討ち入りの話)に合わせたかのような天候。


***

こまつ座「イヌの仇討」を観る(横浜市泉区のテアトルフォンテにて)。
忠臣蔵の吉良上野介を吉良邸の人々の視点から描く。

2017年の夏にも観ているが、初めて観るような印象。
3年足らずの間にはやこちらの記憶が薄れているのか、と思ったが、そうでない。

井上ひさしの芝居の例にもれず膨大なセリフ。
そのやりとりのテンポが良いのだと思う。
吉良の近習3人、盗ッ人、坊主の春斎。
中でも女中頭のお三様(西山水木演ず)。主君の名誉を何よりも重んじる一徹さが良く通る声でこちらの胸にしみてくる。

吉良上野介(大谷亮介演ず)の深みのある声も魅力的だ。
春斎の報告から大石内蔵助の様子を伝えられ、その心底を推し量ってゆく。
盗ッ人・砥石小僧新助(原口健太郎演ず)の口から世間が自分をどう見ているのか、知って行く。
その向こうに浮かび上がってくるのは「お上」である。そうした変容をまことにいい声で表現してくれる。

吉良は女中頭の諫めにも盗ッ人が語る下々の話にも耳を傾ける人物として描かれている。

さて吉良邸から永田町の首相官邸に目を転じれば、官邸の主が持ち合わせていないものこそ、諫める人間と街の声に傾ける耳だったことに思い至る。
現代の「行き当たりばったり」政治にもNO!を突きつけるべく動かずばなるまい。


*「イヌの仇討」は明日19日までの横浜・テアトルフォンテを皮切りに、全国を巡演する由。

イヌの仇討ビラ.jpg


【(カテゴリーなし)の最新記事】
世を支配する言葉[2020年01月17日(Fri)]


言葉について 18  中村稔

私たちは雄弁によって人の心を昂奮させたり、
雄弁によって理性を失わせて、ある行動に赴かせる
そんな雄弁家をもたないのだが、
それは私たちの言葉が貧しいからか。

私たちが雄弁によって昂奮させられることなく、
私たちが雄弁によって理性を失うことがないのは、
私たちの感情と論理を表現する
私たちの言葉が豊かだからではないのか。

静物には静物の感情があり、
季節には季節の論理があるから、
静物はその位置を占め、季節は確実に推移する。

私たちの言葉が貧しいかのように感じるのは
たしかな論理とみずみずしい感情をもたない人々が
私たちの社会を支配しているかのようにみえるからではないか。


中村稔『言葉について』(T)(青土社、2016年) より

◆14行詩による連作詩集の一冊目。
「感情」と「論理」という語がそれぞれ位置すべき場所に置かれていて過不足ない表現になっている。

◆最終連、説明は不要だろう。
政治の言葉と、それを伝えるマスコミの言葉が量を誇るだけで、質を顧みなくなったのはいつからなのだろう。

だいじなのは、断定的な言葉や、揚げ足取りの言葉、慇懃無礼な言葉に惑わされないこと。
つまり、訥々とでも自分のことばでほんとうのことを語る声に耳を傾けることではないか

***

★過去の「言葉について」を取り上げた記事は…
[その20]⇒https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1354
[その4]⇒https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1358


25年[2020年01月16日(Thu)]

DSCN9139ザッキン「三美神」.JPG
オシップ・ザッキン「三美神」(1953年)。
横浜市関内ホールのエントランスにある。
残念なことに背景が映り込んでスッキリしない。

* * *


三つのイメージ  谷川俊太郎

あなたに
燃えさかる火のイメージを贈る
火は太陽に生まれ
原始の暗闇を照らし
火は長い冬を暖め
祭の夏に燃え
火はあらゆる国々で城を焼き
聖者と泥棒を火あぶりにし
火は平和へのたいまつとなり
戦いへののろしとなり
火は罪をきよめ
罪そのものとなり
火は恐怖であり
希望であり
火は燃えさかり
火は輝く
──あなたに
そのような火のイメージを贈る

あなたに
流れやまぬ水のイメージを贈る
水は葉末(はずえ)の一粒の露に生まれ
きらりと太陽をとらえ
水は死にかけたけものののどをうるおし
魚の卵を抱き
水はせせらぎの歌を歌い
たゆまずに岩をけずり
水は子どもの笹舟を浮かべ
次の瞬間その子を溺れさせ
水は水車をまわしタービンをまわし
あらゆる汚れたものを呑み空を映し
水はみなぎりあふれ
水は岸を破り家々を押し流し
水はのろいであり
めぐみであり
水は流れ
水は深く地に滲みとおる
──あなたに
そのような水のイメージを贈る

あなたに
生きつづける人間のイメージを贈る
人間は宇宙の虚無のただなかに生まれ
限りない謎にとりまかれ
人間は岩に自らの姿を刻み
遠い地平に憧れ
人間は互いに傷つけあい殺しあい
泣きながら美しいものを求め
人間はどんな小さなことにも驚き
すぐに退屈し
人間はつつましい絵を画き
雷のように歌い叫び
人間は一瞬であり
永遠であり
人間は生き
人間は心の奥底で愛しつづける
──あなたに
そのような人間のイメージを贈る

あなたに
火と水と人間の
矛盾にみちた未来のイメージを贈る
あなたに答えは贈らない
あなたに ひとつの問いかけを贈る


*『魂のいちばんおいしいところ』(サンリオ、1990年)所収。
『自選 谷川俊太郎詩集』(岩波文庫、2013年)によった。

◆火も水も地上の生き物に恵みばかりでなく、時にあるいはしばしば災厄をもたらす。
人間もまた、と言いたいものの、人間の方は火や水と違ってこの世にもたらす恵みと言ったら無きに等しく、むしろ収奪と災禍の元締めとして振る舞うばかり。
くわえて気まぐれで泣き虫で飽きっぽく……
取り柄といえば、生きて在る限り美しいものや世界の不思議に胸つぶし、そのことをまた誰かに伝えたくてたまらない生き物らしいということか。

◆阪神淡路大震災から25年。
震災後の数年、被災地の傍らを車で何度か往復しながら、インターを降りる勇気がとうとうなかった。夜、オレンジ色の街路灯が照らし出す高速道路を走りながら、視界の端を次々と後方に去ってゆくフェンスの外には倒壊した家や崩れた山が闇に沈んだままであるのを感じながらハンドルを握っていた。
そうした体験を記憶に格納できないままの人も未だたくさんいるに違いない。



詩のひびき[2020年01月16日(Thu)]

DSCN5157ヒヨドリ.JPG
ヒヨドリ。
河畔の桜の樹を飛び移り、ときに対岸へと飛び去る。
両岸に挟まれた川面にかん高い鳴き声が反響する。

*******


しめやかな潮騒――押韻詩の試み  中村稔

耳底にかすかに鳴っているしめやかな潮騒、
貝殻をひろいながら見遣っていた日没、
突然藍色の波を焦がした黄金の果実、
漆黒の闇深く沈んだ私たちの語らい。

愛といい、正義という、不毛の観念に翻弄され、
誰もたがいに呼びあわず顔をそむけていた。
痛みを分かちあうこともなくただ他人を責めていた、
ひたひたととめどなく押し寄せてる死者の群れ。

暮れかかる砂漠の廃市、汚濁した海、
汲みあげても汲みあげても尽きぬ死者の悲しみ、
きみたち死者の記憶にもあの黄金の果実があるか。

はるかに天をつんざく雷鳴、耳底にはしめやかな潮騒、
内湾に嗚咽してやまぬ死者たちの慷慨。
雷鳴よ、私たちはもっと寛容でありえたか。

            (一九九一年三月)


◆「押韻詩」とあるように、各行の最後の音が韻を踏んでいる。
いわゆる脚韻である。
第1連でいうと、
しおさ
にちぼ
かじ
かたら

下線部が韻。
第2連は「れ/た/た/れ」の音が配され、
第3連は「み/み/か」
そして最終連は「い/い/か」。
母音と子音の配列にも留意していることが分かる。

◆全体では14行、ソネットの形式を踏まえてもいる。
欧米の詩に学んだことを日本語にも生かそうとする試みだが、その中心は朗読することにあるだろう。
音読された声が、聴衆の耳に響き=韻として届き、減衰して行く韻を追いかけるごとく、次の言葉が響いてくる。あるいは無音の「間(ま)」が置かれ、次いでそれを破るように新たな音が生起する――それらの詩は主に屋内で読まれるだろうけれど、詩を朗読しそれを味わう人々とは、実は屋外で聞こえてくる鳥のさえずりや虫の音、風のそよぎの生起、揺れ、交響に親しむことを日常とする人たちではないのか、と、フト思った。

その上でこの詩に耳をそばだててみるならば、「潮騒」「語らい」「ひたひたと」「雷鳴」「(死者たちの)嗚咽」と、おびただしい音たちが鳴りひびいているのだった。

入沢康夫・三木卓・井坂洋子・平出隆 編『詩のレッスン』(小学館、1996年)より。
 



つくる・たべる[2020年01月14日(Tue)]

DSCN4557ブロッコリー.JPG
◆ブロッコリーの花。これは細い茎を次々収穫するタイプだろうか。
茎から大きいのを一個採るだけのはぜいたくだなと思う。百円玉1、2枚ほどの値段で店先に並んでいるのを見ると、作り手の手間と売り上げとを天秤にかけたくなる。

◆ブロッコリーは我が相棒の大好物である。
食欲がいま一つのときでも、茎を輪切りにして湯がいたのを出してやるとパクリとやる。
ぜいたくなやつ、と思うが、たいがい売り出しのときに買って来たブロッコリーだから、身の程を弁えぬ食事というほどではないだろう。
しかしながら、これを植えた農家の収穫・出荷までの汗を思うから、老境に入った相棒がくわえそこねて床に落としたりすると、つい「コラッ」と叱ってしまうのである。

***


老夫婦の会話  佐藤勝太

夕食の席で
隣のお爺さん
俳句を創るんだって
お婆さんが囁いた

御飯を噛みながら
夫のお爺さん
そうかそれは良いことだ
わし(私)は
米を作っている
と呟きながら茶碗を捧げて
咀嚼していた


佐藤勝太(かつた)詩集『夢がたり、昔がたり』(竹林館、2019年)より。




ゆうびん[2020年01月13日(Mon)]

20151221日本郵政ビル前のポスト.jpg
霞が関、日本郵政ビル前のポスト

*******

◆休日といっても昨今の郵便局は本局であれば窓口が開いている。
速達を出す必要があって地元の本局を2時半過ぎに訪れたら、午後3時まで営業ということで長い列が出来ていた。およそ20名ほど。窓口には3名の局員さんがフル回転で動いていて、一番ベテランらしく見えた男性スタッフなどは半袖姿であった。

大量の茶封筒を一つずつ計量して料金を確定、さまざまな形・大きさの荷物の発送あるいは受け取りなどなど、てきぱき処理していく様は感心するほかない。

間違いなく宛て名のところに届くことが当たり前のように思っているけれど、実は随分と大変な事業なのだと改めて思う。
しかも最近は国内なら2、3日で届く。近場であれば昼前に投函すれば翌日に着くこともしばしばである。

むろん宅配便との熾烈な競争にさらされて、どちらも相当にしんどい労働強化になっている現場を思えば散文的になるばかりだが、せめて浪漫的な詩でもないかと探したら、次のような愛すべき詩篇が見つかった。


手紙   小川英晴

さようなら
手紙にはあなたの好きな鳥の切手を貼った
さようならさようなら口笛
封印した便箋には高原に咲いた花の雫を
ほんの一滴したたらせておいた

振り返るたびに
とおざかるゆうぐれ
手紙の封をひらくときから語られる
夏の日のあなたは いまはもう
ひらかれた窓から夕ぐれの地図を生きる

ふいの黒髪がきらりとひかり
小さな唇が菫のようにやさしかった
指先からすきとおりはじめる哀しみを
無心のままにくちに含んで
想いはひときわこころに沁みた

紅葉するこころの手紙を
書き終えたときから始まるとほうもない空想
空想の果てにゆきつく初めての日
そんな出逢いを遙かな胸にいつくしみ
あなたの宛名を花の雫でつづる


◆作者自注によれば、24歳のときの作品とのこと。
誰しも24歳を経験するだろうけれど、浪漫的な空想は長く続かない
……――本当にそうか?

*小海永二編『今日の名詩』(大和書房、1990年)より。





〈一滴の 平和なかなしみ〉[2020年01月12日(Sun)]

DSCN4511-X.jpg
境川に注ぐ宇田川で群れるサギたち

*******


一滴の静寂のために   石原吉郎

一滴の静寂を
海洋の広さから
すくいとるために
どれだけの嵐がかさなり
うねり去っただろう だが
あらしの長さ
静寂が寸刻にすぎぬことが
私に重大なのではない
私に重大なのは
広大な海洋に 一滴の
平和なかなしみが均衡することだ



詩誌『ペリカン』1977年7月掲載
現代詩文庫「続・石原吉郎詩集」(思潮社、1994年)より

◆「一滴の 平和なかなしみ」もって海洋に対峙するひと。
さまざまなものの喪失と、あまたの人々のいのちによって贖われた平和ゆえに、たった一滴のかなしみが広大な海洋に均衡するのだ。

なにかに深く堪える[2020年01月12日(Sun)]

入江  嵯峨信之

なぜこんなに心せかれてくるのだろう
ぼくの立っている沙地がもう残り少ない
くりかえしくりかえし寄せていた夕汐が滑らかに沖へひろがっていて
他のひとのしずけさに似た穏やかな海の上
ふと対岸から鐘の音がきこえてくる
いくつか鳴りつづいて 遠くで鳴りやんだ
すると空と海とが遥かに去りゆくものを去らせている
どこかにかくれている一つの約束が見える
大きな鳥が一羽 沙洲の上をすれすれに飛んだ

一つの源へ力となるためにすべてが集まっているのだろう
ぼくは手ばなすことができないものをじっと摑みながら
なにかに深く堪えている


小海永二編『精選日本現代詩全集』(ぎょうせい、1982年)より

◆詩中の「一つの約束」や「一つの源」が全く信じられないような者にとっても、「手ばなすことができないものをじっと摑みながら/なにかに深く堪えている」自分や他者の存在を感じることはあるのじゃないか。
もしそうであるなら、じっと堪えている他者に気づくことの方が、よりたくさんありますように。


歩くこと・息すること[2020年01月11日(Sat)]


生まれてから   木島始

ずうっと歩きっぱなしだ いつだって この両足
 で地球というドラムを 叩(たた)いているわけだ

どのくらい ひびきを 打ち出してきたか

    生まれてからずうっと

休むことなく 息をしているぞ それは この口
 と鼻とをとおって 宇宙が出入りしてるってことだ

どのくらい ひろがりを 吸いこんできたか

    生まれてから



  『ふしぎなともだち』(理論社、1975年)所収
  日本現代詩文庫『[新]木島始詩集』(土曜美術社出版販売、2000年)に拠った。

◆相棒の調子が今ひとつ。昨日いちにち、食欲なく、好物を鼻先に差し出しても一向に口にしなかった。
今日はやや機嫌良く、散歩の距離も昨日に数倍。
帰って来て門と玄関の二つの段差をためらいなく上がった。

外に出ないときに「歩く」というふだん意識しない動作について考えることになった。

考えてみれば相棒も我が家に来てから「ずうっとあるきっぱなし」なわけだ。
地球というドラムを叩き続けてきた足は、この詩の主人公の倍、4本のスティックを駆使して地球というドラムを叩きながら歩いてきたわけである。

投げられたボールをくわえて戻って来たときの「クシュイ」という活きのいい鼻息も今日は復活。
それが、宇宙が出入りする音だったとは!



やまゆり園事件初公判[2020年01月10日(Fri)]

DSCN9219-A.jpg

相模原市緑区千木良の大通寺にて(2016年12月)。
*津久井やまゆり園での事件の半年後に現地を訪ねた折に。

★その時の記事は
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/396

◆昨日横浜地裁で初公判を迎えた津久井やまゆり園事件、法廷で植松聖被告が不穏な行動に及んだため退廷となったと聞く。

年末から新聞各紙はさまざまな角度から事件を掘り下げようとしていた。
印象に残ったことばをいくつか書き留めておく。

【福島智さん】(被告と面会した全盲ろうの東大教授。バリアフリー、当事者研究に取り組む)

「命は平等だ」と言うだけでは社会は変わらない。属性も経験も異なるいろんな人と交わることで、それぞれが苦しみも悲しみも夢も希望も持っていると理解できる。そんな出会いを通じてこそ、命には優劣も序列もないのだと、実感できるようになると思います。
(朝日新聞1月6日朝刊〈共生とは 1〉)



【柳田邦男さん】(ノンフィクション作家)

ハンセン病者の隔離政策や、旧優生保護法の下で行われた障害者の強制不妊手術など、私たちの社会は差別を制度化し、被害を生んできた。そうした中から植松被告は出てきた存在だ。
だから社会のありようや、一般市民の心に潜む差別意識も問われている。植松被告は「経済的な価値がない」と障害者を殺傷するに至ったとされる。これからの日本は、弱者とともに生きる社会になれるのか。審理を通じ、一人ひとりのいのちのかけがえのなさが根源から問われれば、判決は歴史的な意味をもつだろう。

(朝日新聞1月9日朝刊・社会面)



【住田理恵さん】(車椅子で兵庫県から傍聴に来た方。取材へのコメント)
(報道で伝わる植松被告の差別的な言葉は)「自分たちには『あるある』。みんなオブラートに包んでいるけれど」
「障害者が隣の家にいることが、当たり前の社会になってほしい」

(実名を出すと親族が責められる。そんな社会に対して)
「そんな差別をだれか、はよやめてぇや」
(朝日新聞1月9日朝刊・湘南版)



◆初公判を前にもう一人の遺族が十九歳で亡くなった娘の名前と写真を公表し、手記を発表した。
美帆さんの母の手記から――

「人と仲よくなるのが上手で、人に頼ることも上手でしたので職員さんたちに見守られながら生きていくのだなと思っていました。
言葉はありませんでしたが、人の心をつかむのが上手で何気にすーっと人の横に近づいていって前から知り合いのように接していました。皆が美帆にやさしく接してくれたので人が大好きでした。人にくっついていると安心しているようでした。
美帆は一生懸命に生きていました。その証しを残したいと思います。こわい人が他にもいるといけないので住所や姓を出せませんが、美帆の名を覚えていてほしいです。
  /
家の娘は甲でも乙でもなく美帆です。」

(朝日新聞1月9日朝刊・湘南版)

勇気と愛情にあふれた言葉が胸を撃つ。



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml