CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
服部誕「はじまりが…」/「はじまりは…」[2022年05月16日(Mon)]

DSC_0271.jpg
ナワシロイチゴの花

咲いた花、これから咲きそうなもの……
実を付けるのは、田植えも済んだ六月ころか。

◆◇◆◇◆◇◆


服部誕『息の重さあるいはコトバ五態』より


(はじまりが…)    

はじまりがすでにはじまりはじめている
おわりはまだおわりつづけている



◆◇◆


(はじまりは…) 

はじまりはとっくにおわっていた
おわりがいよいよはじまりはじめた




◆服部誕(はっとりはじめ)という人の詩集『息の重さあるいはコトバ五態』(書肆山田、2021年)から、連続する2編の詩。

◆このところ、「終わりの始まり」という言い方を良く聞くように思う。

もとの動詞の「終わる」「始まる」は、ともに自動詞だ。
戦争が”終わる”、侵攻が”始まる”などという。これらの語を用いる人自身の主体的な関与はないまま、あるいは関与できない事態が「始まったり/終わったり」する場合に使う。

自分が関わらないために他人事としか思えない場合もあれば、どうにかしてやりたいが、思うに任せないゆえの焦れったなさや無力感に苛まれたりする場合もある。
伴う感情は、自分のせいではないと思えることから来る「安堵感」から、何も出来ないと思い知る「絶望感」まで、幅があるけれど、自分の関与がない分、距離を置いて、観察したり見届けたりしたことについて表現する。
すなわち事態の「始まり」や「終わり」について「認識・判断」するよう要請するコトバだ。

上の短章二篇も、「認識」していることの表現になっている。


◆一方、他動詞である「始める」「終える」は、主語・述語をセットで想定することが必要な言葉で、《誰が》《何を》「始める」あるいは「終える」のかが問題となる。

《プーチン・ロシア》が《侵略》を「始める」/《ウクライナ》が《防衛》・《反攻》を「始める」

といった具合にである。

◆永遠に続くものは無い以上、「始まり」には「終わり」が必ずある。――そう思えることが希望の源泉となる。

一方、その「終わり」は、「始めた者」が「終える」ことによってしか、達成されない。

「プーチンの戦争」また然り。そもそも、「終える」ことの出来ない者が「始める」ことなど、許されるはずがなかったのだけれど。






NHKスペシャル「沖縄返還・日米の暗闘」[2022年05月15日(Sun)]

◆沖縄返還50年をめぐるドラマやドキュメンタリー番組が続いている。

◆15日夜のNHKスペシャル「沖縄返還・日米の暗闘」を見た。
今、この時期で、この程度の内容かと思い暗澹たる気分になった。

新聞の番組表に「発見! 交渉の音声記録」とある通り、600時間に及ぶという録音資料「発見」が目玉なのだろうが、それを、これまでの研究やドキュメンタリーが明らかにし、積み上げて来た事実とどの程度突き合わせたのか、番組だけではどうもはっきりしない。

◆返還交渉に携わった人々は故人も多く、インタビュー映像には収録年が付されている。しかしその証言を、2022年現在の問題意識から見てどう位置づけようとしているのか、番組を作った人間の問題意識がはっきりしない。

◆外交を担っていた日本側スタッフの証言を聞く限り、日本側はアメリカの戦略や思惑をつかめぬまま、基地の撤去や縮小など「とうてい無理」という先入観に立って交渉していた印象だ。

というより、そもそも「交渉」と呼べるものであったのか、という疑問すら湧く。
「外交」不在のまま、アメリカからの経済・貿易上の諸要求を悉く受け入れて、対米従属からいよいよ抜け出せないのに、日米関係を対等なものであるかのように装って見せることに腐心して来たというのが実態だ。

◆基地も核兵器も、結局は容認し、反対する声はすべからく抑え込む、もしくは諦めへと誘導する。
日本政府の代弁者であるかのように番組が繰り返すのが「厳しさを増す安全保障」というフレーズだ。番組冒頭と結びのナレーションで繰り返される。

番組最後のナレーションをそのまま引こう。

「日本を取り巻く安全保障は厳しさを増しています。沖縄には 今も在日アメリカ軍施設の7割が集中しています。返還交渉によって決定づけられた 沖縄が大きな役割を担い続ける日本の安全保障の形。そして今日まで続く日米の関係。今日沖縄が日本に復帰して50年になります。」

◆「安全保障は厳しさを増している」⇒《だから基地は必要なものとして呑み込むしかない》
これでは国民は突き放されたに等しい。
「決定づけられた」のは「大きな沖縄の役割」であり、「日本の安全保障の形」であり「今日(こんにち)まで続く」「日米の関係」である、と言っているのだ。

《沖縄の負担は今後も変わらず大きいままで》《米軍による日本の基地の自由な利用》《米国にとって有用な自衛隊および日本国民力による軍事上の全面的な協力》のもと《日本の対米従属を維持する》こと、それは決定済みの路線なのだ、と言っているに等しい。

番組の中に以上の《 》内の実態について批評的な文言が一句だに述べられていないのだから、暗澹とするほかないではないか。

◆このナレーションの前の部分で、沖縄返還の翌年、ホワイトハウスで再会した佐藤栄作首相とニクソン大統領との会話録音が流れる。沖縄返還以降の日米関係について、意味深長なやりとりと言えるものなのだが、ナレーションはコメントを付けない。それどころか聴き取りにくい音声にかぶせるように、情緒的な音楽を流している始末だ。

視聴者に想像力や批判力を働かせてほしくないかのように、そのあとに続けて先述のナレーションが流れる。

◆番組の結び、番組制作者のメッセージがくみ取れないことはないシーンがあった。

――公園で遊ぶ子どもたちの中に、両耳を手でふさぎ顔を歪めている一人の幼児、続いてカメラは上方にパンし、頭上を飛ぶオスプレイの姿――

説明不要の映像ではある。
だが、思う。
――幼き者に訴えさせるなかれ、情緒に寄り掛かるなかれ、言葉でキチンと訴えよ!



親松英治さん「原城の聖マリア観音」完成へ[2022年05月14日(Sat)]

◆彫刻家・親松(おやまつ)英治さんが40年をかけて制作してきた聖母子像が完成に近づき、藤沢市みその台のアトリエで公開されていると知って、拝見してきた。(公開は5月14日&15日の二日間、9時〜17時まで)。

島原の乱の殉教者を慰霊するために作られた、10メートルほどもある巨大な木彫りの像で、数年前に新聞で紹介され、一度見たいと思っていた。
その折りの記事では、原城跡のある長崎県南島原市にいったん寄贈が決まったものの、市民の一部から「政教分離に反する」との反対の声があり、実現が危ぶまれていた。

その後、同市の有志が「南島原世界遺産市民の会」を立ち上げ、マリア像を納める建屋用地を提供する地主さんも現れて、この6月に完成予定の建屋に移送・設置の運びとなったという。


DSCN5457.JPG


この部分だけで7m近くあるだろうか。
3mの台座に載せて全体は10m近くになるとのことだ。
材はクスノキで、輪切りにしたクスノキを組み合わせる校倉造りを考案し制作したという。

DSCN5472_A.JPG

◆上の説明文によると、最初に制作を決意したのは、1981年、ローマ教皇、ヨハネ・パウロ2世が長崎を訪れた時とのこと。

結びの文章を下に起こして置く。

制作中絶えず念頭にあるのは、島原の乱に倒れたキリシタンの3万人とも3万7千人ともいわれる罪なき人々のことです。
鉛の弾を鋳て作った十字架を握り、餓、寒さ、血と恐怖の中、聖母マリアの名を呼びながら息絶えた人々へ、この像は私の捧げるレクイエムです。



DSCN5459.JPG

木肌は目に優しいだけでなく、見る者の全身に働きかけてくる香気のようなものがあるように感じた。巨像を間近に見られたことによるのかも知れないが。

◆朝日新聞(5月8日)の記事によれば、聖母子像は親松さんによって「原城の聖マリア観音」と命名された由。

タウンニュース(藤沢版。5月13日)のリンクを下に張っておく。

【みその台 親松英治さん 木彫のマリア像 長崎へ 「一生の仕事」40年かけ完成】
https://www.townnews.co.jp/0601/2022/05/13/625144.html



クァジーモド「柳の枝に」[2022年05月13日(Fri)]


柳の枝に  クァジーモド
           河島英昭・訳


わたしたちにどうして歌えたであろうか、
心は異国の足に踏みつけられ
広場には打ち棄てられた死体があふれ
冷たく凝(こご)った草、子供たちは
仔羊のごとく泣き叫び、電柱に
(はりつけ)にされた息子に会いに
出かけては泣く黒ぐろとした母の嗚咽(おえつ)
柳の枝には、供物(くもつ)にと、
わたしたちの七絃琴も懸けられていた、
そして悲しい風に揺れていた。



◆昨日の「一九四四年一月十九日」と同じく大戦期の作品を収めた第二詩集『来る日も来る日も』の中の一篇。
こうした情景も、現在ウクライナで進行中の戦禍と重なる。

映像が伝える子どもたちの、固く凍りついたような表情、あらぬ方向に向けられた視線、いずれもが、彼らを襲った恐怖の深刻さを物語る。



クァジーモド《わたしたちは、ここに、/閉じこめられ……》[2022年05月12日(Thu)]


一九四四年一月十九日  クァジーモド
                     河島英昭・訳


古代の妙(たえ)なる詩篇をあなたに口ずさむ、
東の土地の流れのほとりで、天幕と
葡萄畑のなかに生まれた言葉、
戦いの夜のこの深い静寂のなかを荒涼と
またもの悲しくそれらはいま落ちてくる、
この暗闇に死の天使たちの空を
走るものは誰もいない、そして
風に乗って聞こえてくる崩壊の轟きは
この頭上の回廊を仕切る鉄板をゆるがし、
そして人気(ひとけ)の無い街路を駈け抜ける警邏(けいら)
小銃の音にあわせて、裏庭から
吠えたてる犬たちの声とともに、
憂愁が立ち昇ってくる。誰かが生きている。
おそらくは誰かが。だがわたしたちは、ここに、
閉じこめられ、古代の声に耳を傾けて、
命を越えるひとつの証(あかし)を、
暗い大地の魔力を探し求める、
崩れゆく墓石のあいだに
またもや毒草が花をもたげてはいるが。



河島英昭・訳『クァジーモド全詩集』(岩波文庫、2017年)より


◆第二次大戦中、反ファシズムの立場を持したイタリアの詩人、サルヴァトーレ・クァジーモド(1901ー1968)の詩。
日付けはイタリア戦線における戦いをあらわしているのだろう。
(ソ連軍がドイツ軍によるレニングラード包囲網を突破した1944年1月下旬、イタリア、モンテ・カッシーノでは、連合国軍が独軍戦線の突破とローマ解放をめざす戦闘が始まった。

◆瓦礫の下に埋もれた人々、あるいはすでに息絶えた人々――この詩の「わたしたち」には、すでに墓に葬られた者も含まれているのだろう。

では、いま、ウクライナで――ロシア兵であれ、ウクライナ兵であれ、あるいは非戦闘員の市民であれ――人間として正当に葬られることのないまま捨て置かれた人々は…………


キム・ジハ(金芝河)「智異山」[2022年05月11日(Wed)]


チリサン
智異山  キム・ジハ(金芝河)
          井出愚樹・訳

雪におおわれた山を見れば
血がたぎりたつ
青い あの竹藪を見れば
怒りが火と燃ゆる
あの竹の下に
あの山の下に
いまも流れる赤い血

あの原
重畳(ちょうじょう)のあの山脈(やまなみ)
いっばいに流れ
泣き叫ぶものよ
旗よ
燃える瞳 出で発ちゆく白衣のあの眩しさ

一丁の赤錆びた鎌と 涙ながらに抱きしめたあの久しい貧しさよ
きっと戻るぞとの むなしい約束を残して
去って行ったものらよ
いまもわが胸いっぱいに泣き叫ぶものらよ

(い)てつく冬の真下
小川の流れのように去り行き
小川の流れのように去り行き いまも生きて戻り来て
かくも私を切なく打つ声よ
いにしえの歌よ

雪におおわれた山を見れば 血がたぎる
青いあの山を見れば、怒りが火と燃ゆる
ああ いまも生きつづけ わが胸にうねりつづける
智異山よ
智異山よ

(注)智異山…小白山脈の南にあって、全維南道と慶尚南道にまたがる四大名山の一つ。標高一九一五メートル。李朝の初代国王李成桂が、大規模な倭寇を撃退した歴史上有名な地も、この山の麓にある。一九五〇年に始まった朝鮮戦争を前後して、米韓連合軍に抵抗したパルチザンの根拠地としても有名。

*詩・注ともに小海永二『世界の名詩』(大和書房、新装版1988年)より

 
◆上の注からも伺えるように、見上げる者に民族の歴史を思い起こさせる聖なる山。
地から噴きあがるように抵抗の意志を掻き立てる山というイメージであろう。

*智異山一帯は韓国の国立公園で、ここを舞台とするサスペンスドラマが放送中とのことだ。





詩人キム・ジハ(金芝河)逝く[2022年05月10日(Tue)]

◆韓国の詩人、キム・ジハ(金芝河)が5月8日、亡くなった。享年81。
1960〜70年代、朴正煕強権政治に抗して反政府運動を続け、繰り返し逮捕・投獄をされた。
サルトル・大江健三郎ら、世界の知識人による釈放要求運動が湧き起こった。
自由と民主主義を求める韓国民衆運動の旗印として、日本でも最も良く知られた人物だったと言って良い。

***


訣別  キム・ジハ(金芝河)
       姜舜 訳

さようなら、さようなら
銀色にかがやく低い丘陵に蹤(つ)いて
ゆらぐ森の影、踊る花たちに樅いて
遠のく都市よ
血みどろなわが青春を埋めてきた都市
さようなら
低く傾いたバラック建て
崩れおちた垣根に
風は果てしなく吹き抜け
黄土に裂かれた陽射しが叫びをあげる
なにをもっても砕きようのない沈黙が
みちみちたあの叫びを圧しつぶし
胸にはかすかにくすぶる慟哭
すりきれた作業服のちぢくれた肉体のなかに燃える
この久しい慟哭
とめようのない慟哭
忘却も死も消せないこの悲しみの青白い炎
一日とて酒なしには眠れず
一日とてたたかいなしには生きられなかった
生は恥、そして侮蔑、死ぬこともできなかったおれ
跡形もなく焼きつくし、旅立つ大陸すらなかった
叫び、また叫び
踏みにじられ、また踏みにじられ
しまいに残った一握りの
青春の誇りさえずたずたに引き裂かれ
阿片をうたれたまま
おもい烙印の下、やがて眠りに落ちた
眼の光さえひよわな羊の群に変り
うなだれて
おのれ見窄(みすぼ)らしい影に別れを告げ
見渡せば、いまはむしろ見知らぬところ
村と森と、赤茶けた大地に涙ながら口付けする
身を投げうち戦うべき大地の、明日の
あのあらわな苦しみを抱きしめる
たけり狂う反逆の胸にひたひたと打ち寄せる故里よ
むせかえる土の香りよ、胸にあふれる
いとしい人たちよ、ああ、名だたる瘠薄の地に
自若として踏みとどまる
いまこそ、かれらの前に脆(ひざまず)
ふたたび血みどろな長い歳月を
固くかたく抱きしめよう、さようなら
丈高い白楊の下を駆ける一筋の
まぶしい黄土のみちに沿い、ざわめく森影に沿って
遠のく都市よ
さようなら、さようなら。



小海永二[編]『世界の名詩』(大和書房、新装版1988年)より


***

【参考記事 2021/12/25】
金芝河「燃えつのる喉の渇きでもって」
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2175



谷川俊太郎「嫉妬」[2022年05月09日(Mon)]


嫉妬  ――五つの感情・その四
               谷川俊太郎


私は王となってあなたという領土の
小川や町はずれのすみずみまで
あまねく支配したいと願うのだが
実をいうとまだ地図一枚もってはいない
通いなれた道を歩いているつもりで
突然見た事もない美しい牧場に出たりすると
私は凍ったようい立ちすくみ
むしろそこが沙漠である事を
心ひそかに望んだりもするのだ
支配はおろか探検すら果たせずに
私はあなたの森に踏み迷い
やがては野垂れ死にするのかもしれぬが
そんなわたしのために歌われるあなたの挽歌こそ
他の誰の耳にもとどかぬものであってほしい



 『うつむく青年』(山梨シルクセンター出版部、1971年)収載。
 語り手・詩=谷川俊太郎/聞き手・文=尾崎真理子『詩人なんて呼ばれて』(新潮社、2017年)より。

◆「王」とか「領土」ということばはむろん喩(たと)えで、自分にとって未だ全く未知の存在である「あなた」への恋唄だ。

もしも恋い焦がれて死ぬとしてもそれはむしろ本望、ただ私だけにあなたの挽歌を聞かせて欲しいと願う。「挽歌」と対をなす、「相聞」の歌、すなわち「わたし」から「あなた」への愛の歌である。
死に臨んでも独占を欲するのは詩題にいう「嫉妬」の感情のなせるわざだけれど、独り占めできたかどうか、死んだ当人には分からない。
逆に相聞も挽歌も占有を免れ、人に洩れ伝わってこそ、少しは人の役に立つというものだ。
「わたし」の恥多き生涯も、無雑一途な真情も、他人の共有となることでようやく、「支配」欲や妄執から自由になれるわけなので。

押しつけが迷惑至極なのは愛国心なんかと同様だ。 

ウンベルト・サバ「停車場」[2022年05月08日(Sun)]


停車場  ウンベルト・サバ
          須賀敦子 訳

おまえは憶えているか夜の停車場を、もう
お別れですね、そして圧し殺した涙があふれ、
出発の列車が混みあっていた光景を。
ずっとむこうで、だれかが喇叭で吹いていた
進めの節、
おまえの心は、おまえの心は凍りついて。



須賀敦子『ウンベルト・サバ詩集』(みすず書房、1998年)より


◆サバ(1883-1957)の『大戦のときに書いた詩』の一篇。
兵を見送る停車場で聞こえた進軍ラッパは、送る者にも送られる者にも、審判を下す響きのように聞こえたことだろう。

◆その第一次大戦から百年以上も隔てて、今また戦争は幾組もの男女や家族を無惨に引き裂く。

生々しい映像が世界中に伝わる。見る者の心理的負担を考慮して相当セレクトされた映像だけでも、呑み下すことの出来ない気分が胃の奥からこみ上げる。

春を迎えたはずなのに瓦礫の中で凍りついた表情の人々を、カメラは映し出すが、その間にも、サイレンの音は聞こえている。





ウンベルト・サバ「われわれの時間」[2022年05月07日(Sat)]


われわれの時間  ウンベルト・サバ
                須賀敦子 訳


一日で、いちばんいいのは
宵の時間じゃないか? いいのに、
それほどは愛されてない時間。聖なる
休息の、ほんの少しまえに来る時間だ。
仕事はまだ熱気にあふれ、
通りには人の波がうねっている。
四角い家並みのうえには、
うっすらと月が、穏やかな
空に、やっと見えるか、見えないか。

その時間には、田園をあとにして、
おまえのいとしい街を愉しもうではないか。
光に映える入り海と、端正に
まとまった容姿の山々の街を。
満ちたりたぼくの人生が、
川が究極の海にそそぐように、流れる時間。
そして、ぼくの想い、足早に歩く
群衆、高い階段のてっぺんにいる兵士、
がらがらと行く荷車に、駆けだして
跳び乗る少年。そのすべてが、ふと
静止するかに見えて。これら生の営みが、みな
不動のなかにたゆたうかに見えて。

偉大な時間、収穫をはじめたわれわれの
年齢に、よりそっている時間。


須賀敦子『ウンベルト・サバ詩集』(みすず書房、1998年)より

◆われわれの一生を、フィルムの早送りのように一日で表現した詩。

川が夕映えの海に辿り着いて《静止=聖なる休息》を迎える直前の時間。
おのがじしに実ったものは、いとおしみながら収穫しなければならない。どんなにささやかに見えようとも、それは次の朝を待ち受ける者たちの手に受けわたされる糧なのだから。





| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml