CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
東北地方太平洋沖地震応援基金
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
K.S
いえしま (06/06)
かねこともふみ
中国旅行 (02/27)
樋口
研修2回目 (09/23)
金子知史
研修2回目 (09/22)
濱ア菜穂美
研修2回目 (09/21)
ネズミ小僧
BBB (09/08)
金子知史
BBB (09/07)
ピロコ
BBB (09/06)
カテゴリアーカイブ
English site was improved[2011年03月13日(Sun)]
Please see the following.
https://members.canpan.info/kikin/
Fund for supporting the victims of the Earthquake that hit the Northeastern region of Japan[2011年03月13日(Sun)]
"Fund for supporting the victims of the Earthquake that hit the
Northeastern region of Japan"


Our hearts go out to all those who have been affected by this massive
earthquake and we send our deepest condolences for all those who have
lost their lives.

This was the most powerful earthquake in Japan since records began.
News of the devastating disaster is being reported by the minute. As
it was in the Hanshin Awaji Earthquake, it will take a bit longer
until we are able to grasp the actual extent and seriousness of the
damage.
We the CANPAN project believe that financial aid for recovery efforts
will become one of the most needed support for the affected areas.
From our bitter experience in the Hanshin Awaji earthquake, we have
learned that the government cannot provide financial aid when it is
most critical. This is why we have set up a “Disaster emergency relief
fund which is supported by the people for the people”.
In addition, we will be transmitting information which has been
collected from all those in the CANPAN network who are currently
working in the affected areas.
Donations are now being accepted by credit card at 2000 yen per share.
All donations will go to the victims of the earthquake.
Please reach out and give a helping hand to those in need.

Click here to make a donation!!!Every effort counts!!!

*Each donation that is received will be mentioned on The Nippon
Foundation CANPAN Project Official Website.

[Blogs posting information on the disaster as well as rescue operations]
A list of blogs (mainly CANPAN) posting information on local disasters
as well as rescue operations can be found under the following link.

http://canpan.info/open/news/0000006466/news_detail.html
「CANPAN 東北地方太平洋沖地震支援基金」と「CANPANブログを中心として現地災害情報や救援情報」ブログ集[2011年03月13日(Sun)]
昨日の午後発生した東北地方太平洋沖地震につきまして、
日本財団広報チームより、CANPANペイメント(クレジットカード決済)
を使った募金による『CANPAN 東北地方太平洋沖地震支援基金』
を設置したことをお知らせします。

「必要な時に本当に必要としている方々に迅速に届けることができる
民が民を支える災害緊急基金」にぜひご協力ください。

http://canpan.info/open/news/0000006465/news_detail.html
なお、CANPANブログを中心として現地災害情報や救援情報を
発信されている方々のブログ集を紹介します。

http://canpan.info/open/news/0000006466/news_detail.html

===================================

安否確認など、災害時に活用できるウェブサイト情報を、至急お送りさせていただきます。

■ネット用安否確認方法
Google では、本日起きた地震のあと、連絡のとれない家族や友人がいる方のために、
Google Person Finder というツールを提供しています。
http://goo.gl/rlR07

■災害用伝言ダイヤル171
http://coden.ntt.com/service/dengon/disaster.html
■iphone同士の場合は下記アプリで通話可能です。
Viber
http://getnews.jp/archives/89545

■携帯電話の災害用伝言板
NTT Docomo
http://www.nttdocomo.co.jp/info/disaster/
au
http://www.au.kddi.com/notice/dengon/
TU-KA
http://www.tu-ka-tokai.co.jp/dengon/index.html
Vodafone
http://www.vodafone.jp/scripts/japanese/information/saigai/index.jsp
プロフェッショナル[2010年03月09日(Tue)]

「いいと思うことが多くて、何も選べなかった。
 
 このままじゃ駄目だと思うことが多くて、
 
  何から手をつければいいのかわからなかった。」


  Twitterでやればいいようなことを なにもブログでという気もするが、
 
  浮かんできた言葉や考えの備忘録として、久々に。

  思うままに。 

  脈絡のない 解説不足な言葉の綴りになるかもしれないけれど。


NHKの『プロフェッショナル』は好きだが、

人の生き方、活躍を羨ましく思う自分をそろそろ卒業したい。

もがいていたなんて言えるほど まだ努力していない。

この仕事はできることがたくさんある。

出会えることがたくさんある。

惜しげもなく、ありがとうと言える。

そんな生き方をしたいと、いまさらながらに思う。
いえしま[2008年07月08日(Tue)]


二回目の出張に行ってきた。

姫路港から瀬戸内海に出た家島諸島にある
「兵庫県立いえしま自然体験センター」

「子ども海辺の環境リポーター事業」といって参加者の小学生は
自らテーマを決め、ほぼ一年にわたってフィールド調査をしてリポートにまとめ、
子ども学会でその成果を発表する。

同行者は教育委員会から出向でいらしているS先生。
先生と生徒(のような)二人の珍道中。

事業の視察で行っているわけだが、こんなに素晴らしく、また興味深い
環境があるなんて。ということで、仕事の話はさておき、
この丸ごとの自然をご紹介したかっただけだったりする。

思いつくまま箇条書きにすると
・バーベキューもキャンプもできる。
・釣りやカヌーも体験できる
・コテージもテントもある。
・裏技の無料コテージもある。
・海がきれい。
・赤手ガニがたくさんいる。
・研究ができる。
・ウサギと鴨が放し飼い。
・どこからの景色も最高。

ダッシュ村もおどろきのフィールドを満喫できること請け合いである。




観閲式[2008年05月19日(Mon)]
昨日、財団のツテで海上保安庁の観閲式に行ってきた。
海上保安制度創設60周年ということもあってか、
かなりの人出だった。

乗船した巡視船“やしま”は全長130m、総トン数5,300トンを誇る大型船艇。
小学生以来だったか、船に乗るのは。爽快な景色だった。


海上防災訓練やテロ対策などの総合訓練観閲もかなり面白かったが
周りを見渡して驚くのが船やヘリの数。

これ全部保安庁関連の巡視船など。
やしまを含め総勢33艇。ヘリやジェットは15機。
東京湾が舞台ではあるが、さながらナ○シカに出てくるオウムの群れの様。


最後は各地から集まった船艇が、その地方の特色を
出したお別れの挨拶をしていたのだが、
宮崎県の“きりしま”に乗っていたのはやっぱりこの人だった。

お面かい!
カレイな顔[2008年05月03日(Sat)]
庭いじりはひとまず措いておいて温泉

数日前、実家の羽生から大洗のお土産ということで、

何種類もの魚が冷凍で届きました魚魚魚

で、今日はもう最後の魚、真子鰈(マコガレイ)びっくり
(他は食べちゃいました。)


















それにしても、カレイの顔って面白い。

カレイからしたら人間がつまらない顔してるだけかもしれませんが、

べちゃっと体が溶けたところに、顔のパーツが残ったような、

さしずめピカソの絵のようなお顔立ちキラキラ


愛嬌のあるカレを煮つけにして芸術的な味を堪能しました。

お父さんお母さんありがとう。
庭いじり[2008年04月12日(Sat)]
先週から計画していた庭いじり

天気もよくやる気満々太陽

ちなみにいじる前はこんな↓



写真じゃわかりにくいですが、

雑草はもちろん、ビニルゴミやらハンガーやら、

祖母が肥料と言っては撒く卵のからや栗の皮やら、

何も期待されていない鉢植えの群れやらで・・・

この東京砂漠にはありがたい素敵な庭が台無しなわけです。


ちょっときれいにして一坪畑なんかできれば、

なんて妄想も手伝って、ゴミを取り、雑草をむしり、土を耕し、

見たことない虫やら久々に突然現れたおかま様(ガマガエル)

に奇声をあげたりしてたら予定の半分くらいしか達成できず、

また来週に持ち越しです。


我が家のおかま様
ボートピア[2008年04月10日(Thu)]
三週間の研修期間も後半戦に入ってきました。

基本的には財団の歴史や規程、システムなどの座学が多いですが、

先日は習志野のボートピアに行ってきましたのでとりあえずご報告まで。


                                              携帯撮影

もちろん舟券の買い方も習得しました初心者


今日明日はリクルートの外部研修です。

ふきのとう[2008年04月05日(Sat)]

お隣から頂いたフキノトウ。

姉が天ぷらにしました。

見た目も味も春でした。キラキラ


今月1日から財団の研修が始まりました。

配属されたのは海洋教育チーム船

さまざまな情報にアンテナを張って

日々精進します足跡




| 次へ
プロフィール

樋口 裕司さんの画像
樋口 裕司
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/plump-dog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/plump-dog/index2_0.xml