CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年04月 | Main
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
鳥天丼。 [2022年05月19日(Thu)]
 5月6日の旭川出張報告の続きです。
 買物公園7条緑道の「まちなかぶんか小屋」では、「ぶんか小屋のお洒落さん」というイベントをやっていました。古着は買いませんでしたが、お弁当を売っていたのでそれをお昼ご飯に買いました。鳥天丼にしました。
 それから・・・

                               (つづく)
ぶんか小屋のお洒落さん [2022年05月18日(Wed)]
 5月6日の旭川出張報告の続きです。
 旭川市の中央図書館を出て、買物公園に向かいました。うーん、この日は暑かった。目指す場所は、もちろん「まちなかぶんか小屋」です。ちょうど、「ぶんか小屋のお洒落さん」というイベントをやっていました。おしゃれな古着がいっぱいありましたが、古着は買いませんでした。
 でも、その代わりに・・・

                               (つづく)
朱子学 [2022年05月17日(Tue)]
 5月6日の旭川出張報告の続きです。
 旭川市の中央図書館で本を読みました。北御門二郎訳のトルストイの著作のほか、朱子学の本などを読みました。これは、「下川わわわ大学」の「楽しく学ぶ歴史ゼミ」のための予習です。今は、中国の宋の時代について学んでいるのです。
 それから・・・

                               (つづく)
ガンディーとトルストイの文通。 [2022年05月16日(Mon)]
 5月6日の旭川出張報告の続きです。
 旭川市の中央図書館で本を読みました。北御門二郎訳のトルストイ「光あるうちに光の中を歩め」を開いてみると、ガンディーとトルストイの往復書簡が載っていました。ガンディーというとお爺さんのイメージですが、トルストイの方が年上です。トルストイは晩年、ガンディーはまだ南アフリカにいた頃の話です。年長者としても、また思想家としても、ガンディーがトルストイに対して最高の敬意を表していたことが分かります。また、トルストイもガンディーの活動を認め、励ましを与えています。
 それから・・・

                               (つづく)
光あるうちに光の中を歩め [2022年05月15日(Sun)]
 5月6日の旭川出張報告の続きです。
 旭川市の中央図書館で本を読みました。初めに、トルストイの「胸に手を当てて考えよう」を読み出したのですが、これは時間をかけて精読すべき本だと感じました。それで、改めて借りてじっくり読むことにしました。
 そこで、同じく北御門二郎訳のトルストイ「光あるうちに光の中を歩め」を開いてみました。
 すると・・・

                               (つづく)
胸に手を当てて考えよう。 [2022年05月14日(Sat)]
 5月6日の旭川出張報告の続きです。
 旭川市の中央図書館に入りました。まず、トルストイの「胸に手を当てて考えよう」という本を探しました。流石、旭川、開架の書棚にありました。嬉しいです。
 この本は、日露戦争が起こった時にトルストイが戦争反対を訴えるために書いた本です。「反省せよ」とか「悔い改めよ」とか、様々なタイトルで翻訳されていますが、北御門二郎さんは「胸に手を当てて考えよう」と訳しています。
 ・・・

                               (つづく)
旭町から本町、そして常盤通へ。 [2022年05月13日(Fri)]
 5月6日の旭川出張報告の続きです。
 道北バスの旭川行きに乗り、護国神社前で降りました。梅の湯の前(でも、閉店してしまったのですね。)、旭橋、公会堂前を通って、中央図書館に着きました。時間はちょうど開館時間でしたが、既にたくさん人がいました。流石、都会ですね。
 さて、図書館では・・・

                               (つづく)
市役所前か、護国神社前か? [2022年05月12日(Thu)]
 5月6日の旭川出張報告の続きです。
 道北バスに乗って、旭川に来ました。まずは中央図書館に行くつもりだったのですが、「さて、どこのバス停で降りようか?」という問題が発生しました。図書館に一番近いのは「常盤公園前」ですが、このバスは急行なので停まらないのです。ちょっと手前の「護国神社前」か、少し先の「市役所前」か・・・近いのは市役所前だけど、戻るのは面白くないし、・・・図書館の開館時間には余裕があるし、・・・散歩してみるのもいいかな。
 ・・・ということで、護国神社前で降りることにしました。
 ・・・

                               (つづく)
どこのバス停で降りるか? [2022年05月11日(Wed)]
 5月6日の旭川出張報告の続きです。
 電動アシスト自転車を多寄駅の駐輪場に置いて、道北バス(名寄発旭川行、急行)に乗りました。途中はほとんど寝ていました。目が覚めると、いつの間にか塩狩峠を過ぎていました。すぐに旭川市内に入りました。順調に、時間通りに走っているようです。
 旭川では、まず中央図書館に行く予定なのですが、ここで問題になるのが、「どこのバス停で降りるか?」なのです。
 図書館に一番近いのは「常盤公園前」なのですが・・・

                               (つづく)
冒険するか、安全策を取るか? [2022年05月10日(Tue)]
 5月6日の旭川出張報告の続きです。
 電動アシスト自転車の「ソーラーアシストビビ号」で国道40号線を士別に向かって走りましたが、向かい風が強く、しかもバッテリー残量が多寄の手前で60%を切ってしまいました。帰りの電力も確保しておかなければならないので、ここは冒険せず、自重して多寄でバスに乗り換えることにしました。
 多寄駅に自転車を置き、国道に出てバスを待ちます。多寄のバス停は、普通の民家の前なのですね。
 ・・・

                               (つづく)
| 次へ