CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月»
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
今後の美桑が丘についての話し合い [2021年05月31日(Mon)]
 下川支部の近況報告です。
 5月28日は、今後の美桑が丘についての話し合いをしました。
 いろいろ課題はあるのですが、この森でドサンコ放牧や里山活動を展開していく方策を考えています。
フリー情報誌「Pick up」の5月号に・・・ [2021年05月30日(Sun)]
 下川支部からお知らせです。
 名寄市の地域FM「Airてっし」が発行しているフリー情報誌「Pick up」の5月号に、「しもかわポタリングガイドツアー」のことが掲載されているそうです。
「言の葉」6月号の発送 [2021年05月29日(Sat)]
 今日は、機関誌「言の葉」6月号の発送作業をしました。緊急事態宣言が発令中なので、旭川にも郵送します。
緊急事態、オリンピック、入管法。 [2021年05月27日(Thu)]
 釧路出張報告の途中ですが、ここで下川支部の活動報告をします。
 昨日は、機関誌「言の葉」6月号の印刷・製本作業をしました。
   
 今月号の内容は、

ニュース解説  入管法の「改正」問題について
人物伝     兼好法師(2)
ポスト資本主義経済学  大切なものは目に見えない
下川支部通信   緊急事態宣言

 です。
 今回は、あまり長くならず、ゆとりのある誌面になりました。
釧路出張報告(26)釧路市民活動センターわっと。 [2021年05月26日(Wed)]
 釧路出張報告の続きです。それから、釧路市民活動センターわっとに行きました。最初、入り口で体温を測るやり方が分からなくてスタッフの方に教えてもらいました。理事長のKさんもお元気そうで良かったです。実は、ここでは知人のSさんと待ち合わせをしていたのです。
 あ、Sさんが迎えに来てくれました。Sさんの車に乗せてもらい、北大通から幣舞橋を渡り、それからまなぼっとの前を通って・・・。

                          (つづく)
釧路出張報告(25)駆け込みシェルター釧路。 [2021年05月25日(Tue)]
 釧路出張報告の続きです。
 次は、「駆け込みシェルター釧路」の事務所にお邪魔しました。ここの皆さんとも、長いお付き合いなのです。久し振りに会ったので、2020年度分のシェルターの会費を払って、「新しい働き方開拓団」の賛助会費をいただきました。皆さんにも、下川の豆を差し上げましたよ。
 それから・・・。

                          (つづく)
釧路出張報告(24)共同作業所すてっぷ。 [2021年05月24日(Mon)]
 釧路出張報告の続きです。翌、22日(月)は、釧路の共同作業所すてっぷに行きました。ここは、以前ぼくが住んでいた所の近くなのです。うーん、懐かしいなあ。でも、建物はすごく立派になっています。
 すてっぷでは、施設内を見学させていただき、おいしいクッキーやルバーブジャムもお土産にいただきました。どうもありがとうございます。
 ぼくからは、下川産の豆を献上いたしました。
 それから・・・

                          (つづく)
釧路出張報告(23)樺太、平取、富良野。 [2021年05月22日(Sat)]
 釧路出張報告の続きです。
 
●樺太の歴史。
●樺太にも、たくさんの日本人が住んでいた。
●平取への旅。
●感謝される喜び。
●ふらの割。

 それから・・・。

                          (つづく)
釧路出張報告(22)釧路と旭川のイトーヨーカドー。 [2021年05月21日(Fri)]
 釧路出張報告の続きです。
 
●旭川のイトーヨーカドーもなくなってしまうけど・・・。
●釧路のイトーヨーカドーもなくなった。
●どうなる、イトーヨーカドーのビル。
●イオンも、将来的にはどうなるのか?
●大企業は地方を見捨てて去って行くだけ?

 それから・・・。

                          (つづく)
釧路出張報告(21)後継者に託すか、他の組織に委ねるか? [2021年05月20日(Thu)]
 釧路出張報告の続きです。
 
●リーダーと後継者選び。
●自分の気に入った人を後継者にして、失敗することもある。
●後継者には、自分と同じ仕事を期待しない方がいい。
●ほかの組織と合併するのも、いろいろ難しい。
●連携・提携の手法も、いろいろ考えられる。
●非営利組織のグループ化。

 それから・・・。

                          (つづく)
| 次へ