CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年10月 | Main | 2019年12月»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
比布駅に着きました。 [2019年11月30日(Sat)]
 9月25日の活動報告(釧路からの帰り)の報告の続きです。
 愛別から比布まで、自転車で道道296号(比布愛別停車場線)を走りました。
 比布から国道40号線に入って、結局、道北バスの名寄行きと同じルートで比布町役場前を通り、そこから左に曲がってJR比布駅に着きました。ぎりぎり、真っ暗になる前に到着できて良かったです。
 比布駅は・・・

                              (つづく)
機関誌「言の葉」の配達 [2019年11月29日(Fri)]
 昨日、機関誌「言の葉」12月号の印刷が終わったので、今日から配達を始めています。旭川へも、来週辺りに持って行こうと思います。
桜を見る会と宮武外骨、マッツィーニ、柳宗悦。 [2019年11月28日(Thu)]
 下川支部の活動報告です。
 今日は、機関誌「言の葉」2019年12月号の印刷をしました。製本は、途中までやりました。
   
 今月号の内容は、

ニュース解説  桜を見る会について
人物伝     柳 宗悦 (2)
ポスト資本主義経済学  支配と従属は、どのようにして生まれたのか?
下川支部通信   冬が来る前に

 です。
 今月は、書くことが多くて字が小さくなってしまいました。
道道296号(比布愛別停車場線) [2019年11月27日(Wed)]
 9月25日の活動報告(釧路からの帰り)の報告の続きです。
 というわけで、愛別橋バス停を出発し、国道39号線からすぐに右に曲がり、愛別市街に入りました。愛別から比布に抜ける道は、道道296号(比布愛別停車場線)です。道北バスの路線バスも走っています。
 比布に向かって、西へ西へ、時間は余裕がありましたが、比布までは結構距離がありました。夕方なので、だんだん暗くなってきます。明るいうちに着けるように、ちょっと頑張ってペダルを漕がなくてはなりません。
 やっと、明るい道が見えてきました。あれが、国道40号線に違いありません。JR比布駅には、どうやって行けばいいんだっけ?
 ・・・
石狩川。 [2019年11月26日(Tue)]
 9月25日の活動報告(釧路からの帰り)の報告の続きです。
 ところが、奇妙なことに、愛別から国道39号線を走って当麻に向かうと、途中、石狩川を渡る所は比布町なのです。ん、石狩川? 石狩川と言えばJR宗谷線が永山から比布に向かって走る時も、石狩川を横切るではありませんか?
 まあ、要するに、この辺りでは国道39号線、JR石北線、国道40号線、JR宗谷線、そして石狩川がかなり接近しているのです。比布町と愛別町は隣町、国道とJRではつながれていないけれど、実はすぐ近くなのです。
 これでもう、お分かりでしょう。ぼくは、自転車で近道をして、愛別から比布へ行こうと思ったのです。
 ・・・
愛別から比布への道。 [2019年11月25日(Mon)]
 9月25日の活動報告(釧路からの帰り)の報告の続きです。
 愛別から、比布に向かって自転車で走り出しました。愛別町は、国道39号線とJR石北線が通っています。どちらも旭川市に通じているのですが、国道は愛別→当麻→永山→旭川というコースです。これに対して、JRは、愛別→当麻→東旭川→旭川と、永山を通りません。
 では、JR永山駅はと言うと、宗谷本線にあるのです。宗谷本線は、旭川→永山→比布→塩狩です。ちなみに宗谷本線と並行する国道はどうなっているのかと言うと、それは国道40号線なのですが、旭川→東鷹栖→比布→塩狩です。
 結構複雑ですが、つまり、愛別から比布に行く場合、国道であれば旭川まで行って39号線から40号線に入らなければなりません。JRで行くなら、東旭川の先の新旭川が乗換駅です。そこから永山を通って比布に行けます。バスとJRの乗り継ぎなら、永山で下りて、永山駅から宗谷本線に乗ることができます。
 しかし・・・
愛別から比布へ。 [2019年11月24日(Sun)]
 9月25日の活動報告(釧路からの帰り)の報告の続きです。
 愛別橋で都市間バス「石北号」を下りて、ぼくは自転車で走り出しました。目的地は、比布駅です。そこから、旭川発名寄行きの快速列車に乗ろうという計画でした。実際に走るのは、初めてのコースでした。
 時刻は夕暮れ、時間は余裕あるので、明るいうちに比布に着けるとは思いますが・・・

                              (つづく)
愛別から、自転車に乗って・・・ [2019年11月23日(Sat)]
 9月25日の活動報告(釧路からの帰り)の報告の続きです。
 都市間バス「石北号」に乗って、石北峠を越え、上川(石狩の国)に戻って来ました。上川駅前の次は愛別橋、国道39号線にバス停があります。橋を渡れば愛別駅、反対に曲がれば愛別町役場です。
 ここで下車して、ぼくは再び折り畳み自転車を組み立てました。風は、もう収まっていました。さて、ここから目指す場所は・・・

                              (つづく)
北見の国から石狩の国へ。 [2019年11月22日(Fri)]
 9月25日の活動報告(釧路からの帰り)の報告の続きです。
 折りたたみ自転車で走って走って、何とか間に合いました。相内のバス停から、無事に「石北号」に乗ることができました。先客はおひとりさま、ぼくが乗って来たので「やっと増えた」と喜んでくれました。
 相内から、留辺蘂、おんね湯を通り、石北峠を越えて上川(石狩の国)に入りました。そこからは下りで、層雲峡、上川駅前を通って、次は・・・

                              (つづく)
「石北号」に乗って、一安心。 [2019年11月21日(Thu)]
 9月25日の活動報告(釧路からの帰り)の報告の続きです。
 やっと、相内の町っぽくなって来ました。北見信金、ありました。その前に、バス停があるはず・・・おお、ありました、ありました。
 後ろを振り返ると、こちらに走って来るバスが見えます。ああ、何とか間に合いました。良かった良かった。
 急いで自転車を折り畳んで、バスに乗り込みます。やさしい運転手さんが、自転車をトランクに入れるのを手伝ってくれました。
 バスに乗ると・・・

                              (つづく)
| 次へ