CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

美肌のための毛穴対策 [2013年09月29日(Sun)]
美しい美肌は、女性なら誰もの願いなのは言うまでもありません。
毛穴トラブルは、美しくなりたいと願っている女性の大敵といえるでしょう。
毛穴のトラブルは年齢や季節にかかわりなく、常に私達を悩ませ続ける肌ダメージで、部位によって症状も原因も様々なので、複合的な毛穴のお手入れが必要です。
毛穴のケアを丁寧に行うと、ほかの肌トラブルを解消することにもつながるので、美肌を目指すためには積極的に毛穴対策を行うことが大切なのです。
毛穴トラブルが起きてしまう原因のひとつに大きな皮脂腺が原因となって、Tゾーンやあごの部分にできやすい皮脂毛穴というトラブルがあるのです。
これはホルモンのバランスや水分バランスの乱れが原因で、皮脂が分泌されすぎたときに起こります。食事面でも皮脂の分泌を盛んにしてしまう、糖分や脂肪分の摂りすぎには十分気をつけたほうがいいでしょう。
毛穴のトラブルには、黒ずみ毛穴と呼ばれるトラブルはあり、原因は、毛穴に詰まった角栓が、空気に触れて酸化するとにより黒ずみ毛穴になってしまいます。
また、たるみ毛穴と呼ばれるトラブルもあり、これは年齢を重ねて肌も老化するために、ハリが失われてしまうことが原因になります。
毛穴も皮膚もたるんでしまうと、陥没した毛穴の陰影が浮き彫りになり、ますます毛穴が目立ってしまいます。
となりあった毛穴同士がつながったようになり、ひとつのラインのように見えてしまう帯状毛穴というトラブルもあります。
よく小鼻の脇の辺にできるもので、肌に溝を作ってしまうため、その陰影が肌のくすみや肌むらを起こし、見た目にも明らかにマイナスになってしまいます。
この帯状毛穴は小じわやほうれい線もはっきりさせてしまうため、老けた顔を作ってしまうことになり、加齢とともに加速されてしまうのです。
毎日の洗顔で毛穴を繰り返しきれいにすることが基本なのです。
毛穴ケアで重要なことは、初期段階での毛穴の開きをいかに押さえるかがポイントになります。
【毛穴の最新記事】
Posted by 飛鳥薫 at 03:02 | 毛穴 | この記事のURL
毛穴を引き締めることが重要 [2013年09月28日(Sat)]
顔の毛穴を正常な状態にするために洗顔後には、毛穴を引き締めることも重要なのです。
顔の毛穴がトラブルにならないためには、洗顔後に毛穴を引き締めることが重要なポイントになります。
毛穴が開いた状態で放置していると、そこに汚れた皮脂や古い角質、ほこりなどが入り込んで、毛穴の開きや黒ずみがむしろスキンケア前よりも悪くなってしまうということも結構あるのです。 毛穴が原因で起こるお肌のトラブルの多くは、毛穴に汚れが溜まり、詰まらせてしまうことから起こるのです。
そのためには、毛穴に汚れなどが入り込まないように毛穴を引き締める必要があるのです。
顔の毛穴を引き締めるためには、まず丁寧な洗顔とスキンケアの毎日の継続がポイントです。
角栓を作らないために、洗顔は正しい方法で行わなければなりません。
洗顔の後は化粧水で毛穴を引き締めましょう。
ビタミンC配合の化粧水がおすすめです。
Posted by 飛鳥薫 at 04:31 | 毛穴 | この記事のURL
正しい洗顔で毛穴の黒ずみをなくす [2013年09月27日(Fri)]
顔の毛穴ケアをする場合でも正しい洗顔方法が一番重要なことです。
毎日、ちゃんと正しい洗顔方法を続けていれば、顔の毛穴が解消されます。
もし、正しい洗顔方法で毎日の洗顔が行われていないと、顔の毛穴が開き、黒ずみを作ることになってしまいます。
正しい洗顔の仕方というのはどのような方法なのでしょう。
始めに洗顔前の準備から始めます。
まず洗顔前の準備として蒸しタオルを2〜3分顔にのせて顔の毛穴を開きます。
入浴後にも毛穴は開いているのでそのタイミングでの洗顔もおすすめです。
洗顔をするときは洗顔料や石鹸をよく泡立てることが大切です。泡立てをしっかりせずに指で力強くごしごし洗うような方法を取ると、顔の皮膚や毛穴は逆に傷ついてしまうので、気をつけるようにしなければなりません。
もうひとつ大切なのが最後のすすぎで、これこそが黒ずみをなくすためにもっとも重要なのです。このすすぎが不十分なためにいつまでも顔の毛穴の黒ずみが解消しない人がたくさんいるほどで、最低30回はすすぎをするようにしましょう。
十分な水かぬるま湯で、顔をすすぎます。熱いお湯で顔をすすいでしまうと顔の毛穴が開いて黒ずみが目立ってしまいます。
洗顔をすると肌は水分が急激に不足した状態になるため、乾いたタオルで水分をふき取った後は、肌がしっかり保湿できるように十分な水分を補給することを忘れずに行いましょう。
洗顔を正しく行って保湿も忘れることなく毎日続ければ、顔の毛穴の黒ずみは間違いなく解消されていきます。
寝るときは、疲れていても、メイクだけは落としてから睡眠するようにしてください。
Posted by 飛鳥薫 at 00:25 | 洗顔 | この記事のURL
毛穴ケアで一番重要なことは、正しい洗顔です。 [2013年09月26日(Thu)]
毛穴ケアは、洗顔から行いましょう。
洗顔することは毎日のことなので、正しい洗顔方法を身につけることが大切です。
正しい洗顔方法が毛穴ケアをする場合で一番重要なことなのです。
洗顔をやりすぎてしまうとお肌から必要な水分や皮脂まで洗い流してしまうことになります。
美しい美肌になるために、洗顔、クレンジングから見直してください。
正しい洗顔は美しい美肌の基本です。若々しいお肌も洗顔から始まります。
毛穴につまった汚れが原因となり、さまざまなお肌のトラブルを引き起こしてしまいます。
お肌のトラブルを招かないようにするために洗顔が重要なポイントとなります。
Posted by 飛鳥薫 at 01:53 | 洗顔 | この記事のURL
にきび対策と化粧水 [2013年09月25日(Wed)]
にきび跡が残ってしまうのは、にきびケアの方法を間違えたり、にきびを潰したりするなどです。 にきびのできやすい人などは、どんな化粧水を使えばよいのでしょうか?
肌がベタベタするのを嫌って、にきび跡があるからと化粧水を控えめにする人がいますが、保湿はにきび予防にもにきび跡のケアにもとても大切なことです。
皮膚は肌を乾燥から守るために余計な皮脂を分泌します。
その皮脂によってにきびが増え、逆ににきび跡も悪化することがあるので、化粧水の使用を控えてしまって保湿がおざなりになることは避けたいものです。
余計な皮脂が出ないように、肌に潤いを与えることが化粧水をつける目的なのです。
にきび跡のケアのために自分の肌質に合っている化粧水を使用することが大切です。
にきびケアの化粧品について [2013年09月24日(Tue)]
多くの女性がにきびのスキンケアで悩んでいるようです。
にきびの原因がストレスですと化粧品だけでケアするのは難しいようです。
化粧品でにきび跡を隠すことばかり考えていては、ついついメイクが厚くなってしまいます。
毎日のメイクは休めませんが、これでは本当の肌は悪くなるばかりで、肌への負担も増してしまいます。にきびができている肌にも優しい化粧品を使うことで、肌に負担にならないメイクを心がけたいものです。
いろいろな化粧品の中でもにきびケア用のものは、各メーカーからシリーズで売られています。 無添加、自然派の化粧品は、とくににきびケアにぴったりではないでしょうか。油性の化粧品は毛穴を塞ぎ、にきびを悪化させてにきび跡を増やしてしまいますので使わないようにしましょう。 大人にきび の原因となる化粧品もあるため、化粧品を慎重に選びましょう。大人にきびになっている人は、低刺激、敏感肌用などの化粧品を選ぶようにしましょう。
自分の肌に適した化粧品選び [2013年09月23日(Mon)]
多くの女性が化粧品の種類が多すぎて迷っています。基礎化粧品は、使用してから結果が出てくるのに半年ぐらいかかるようです。 肌にあまり良くないものはファンデーションです。これは毛穴を塞ぎにきびを悪化させる原因となってしまいます。注意しなければならないのは、ごしごしこすったり、刺激の強い化粧品を使うことです。これはにきび跡を濃くする原因となってしまいます。さらに、肌に負担となるものや刺激の強い化粧品の使用は、にきびがある時は肌が敏感になっていますので控えるようにしたほうがよいでしょう。 クレンジングで化粧品を落とす時は、油分が少なく刺激の少ないものを選ぶ必要があります。油の落ちがよいからとオイルクレンジングを使う人がいます。オイルクレンジングは、にきび跡には良くありません。成分に油分が含まれているので、それが毛穴に残ってしまうからです。肌への刺激が少ない、オイルフリーの流せるタイプのクレンジングの使用がおすすめだといえます。そして防腐剤や防カビ剤が含まれているので、拭き取りタイプのクレンジングはにきび跡にいいとはいえませんし、化粧品の汚れを完全に落としきれるものではないのです。にきびのケアには、自分の肌に適した化粧品選びが非常に重要なことなのです。 お肌本来の働きを助ける保湿成分が含まれている化粧品かどうかが保湿化粧品を選ぶときには大切です。
Posted by 飛鳥薫 at 03:18 | 化粧品 | この記事のURL
にきびケアと化粧品 [2013年09月22日(Sun)]
にきびで化粧品選びが注意するポイントの一つです。違っている化粧品を使用しないためにも自分の肌質を見極めることが必要です。 にきびが出てしまった時はメイクを控えることが大切です。またにきびを予防したり、にきび跡のケアをするには、日頃から自分に合った基礎化粧品を選択するようにしましょう。 肌質は、季節によっても変化し、その状態に合わせて化粧品を変えることも大切です。大人にきびのケアのためには、化粧品選びが重要です。 適切な肌のケアのひとつとして、洗顔も自分にあった洗顔料を用いてするということがにきび跡のケアにも関わってくることです。にきび跡のケアには、メイク用の化粧品は向きません。 にきびケア化粧品は、にきびの予防やにきび跡などをケアする化粧品です。
大人ニキビ [2013年09月20日(Fri)]
大人ニキビ

最近、大人ニキビで悩んでいる方が多く、20代〜30代の若い人の間でニキビに悩む女性が多いようです。

大人ニキビとは、成人してから出来るニキビです。

ニキビは、お肌のトラブルの中でも身近なものであり、女性、男性を問わず悩んでいる方が多いようです。

最近、大人の方でもニキビやニキビ跡に悩む人が増えてきています。

大人ニキビといってもその原因には、さまざまあります。

大人ニキビ解消には、スキンケアはとても大切なものです。

大人ニキビは、季節や身体の場所に関係なく出来るようです。

大人ニキビが出来た原因を知ることによって、根本から治していく必要があります。

思春期のニキビは、おでこや鼻などにできやすく、時期が過ぎれば自然に治るものです。

大人ニキビは、乾燥が原因で出来る場合が多いので保湿をしっかりするようにしましょう。

大人ニキビの原因には、ストレスやホルモンバランスの崩れ、便秘、睡眠不足、食生活の乱れなどがあります。

大人ニキビは、思春期にできるニキビとは原因が違う場合が多いのです。















にきびとにきび痕について [2008年10月12日(Sun)]
肌のトラブルのひとつであるにきびとはどういう症状なのでしょうか。にきびは医学的には尋常性座瘡(じんじょうせいざしょう)と呼ばれています。尋常性座瘡が出来る条件が揃えば、年齢に関係なく発症しますから実は、20歳過ぎたら吹き出物というわけではなく、10代でも40代でもにきびは出来るのです。にきび痕を治したいと希望する人は大勢います。と同時ににきびに悩む方は非常に多いものです。にきび痕は大きく分けて2つの種類があります。まず1つ目のにきび痕は、陥没して肌表面がデコボコしているようなものです。にきび痕はアクネスカーとも呼ばれ、赤にきび以降の段階で形成される事がほとんどです。細菌の増殖によって炎症が起きてしまうことによって作られます。特に膿胞や膿腫に迄進行して、これを気にしてつぶしてしまうと、ケロイドやクレーターの様なにきび痕が皮膚に残りやすくなります。にきび痕は治りにくいものです。ときには一生残ってしまう事もあるかもしれません。2つ目は、にきびの痕に出来る色素沈着です。このにきびの痕は、シミの様に色素沈着している状態で、にきびの後遺症といえるものではないでしょうか。にきびばかりでなく、色素沈着は炎症を起こした部分に出来やすいものです。これを炎症後色素沈着といいます。色素沈着とはいわゆるシミのことです。シミが残ってしまう事があるので注意しなければならないのは、傷が出来た痕や、化粧品や薬品によってかぶれが生じた後なのです。
| 次へ