CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2007年07月25日

ブランド

最近は、死語になっていると思うが、嘗ては「舶来」「舶来品」と言う言葉が良く使われた。「舶来品」ですよ、と云うのは優れ物、高級品で高価なものですよと言う意味が込められていた。ランドセル

しかし、今や輸入品は溢れ、殆どの外国品が容易に買える時代、この言葉は使われなくなって当然とも言える。最近はそれに代わって、「日本製」「国内産」の表示が目立つ。わざわざ日本製と云わなくても良いような物までに・・・ 残留農薬が問題となった農作物にこれが特に目立つ。産地も立派なブランドである。フアッションや装飾品ばかりでなく、最近は国内の果物、魚、野菜にブランド名を付けることが増えている。ブランド名を付けることは、品質を維持し、人気が落ちないよう常に管理している筈で、価格維持だけのの目的や、必要以上の手間暇を掛けたものでなければ一般的には悪い事ではない。しかし、made in Japan が立派なブランドになったのだろうか 。家

日本人はブランドに弱いと言われている。日本人は一度信頼すると、簡単には離れない。それを狙って外国のブランドがぞくぞく日本に来ている。しかし、最近は好みが多様化し、ブランド名だけで人気を維持することは容易ではない。最近、日本で信頼していた会社が実は裏で・・・・と言うことが多発していることは困ったことである。女の子

法律で決まっていて仕方ないことであるが、生産地表示で困ることもある。最近の工業製品の殆どと言ってよいほど多くの物に、made in china とか、made in malaysia などと表示されている。日本に観光に来たその国の人はおみやげを買いたいと思っても、その表示を見て、買うのを止めてしまう。そのメーカーは、現地で生産しているが現地では製品を売っていない、日本でしか買えないのに、と嘆いている。サボテン

物事は、ラベルだけで判断してはいけないと言うのは簡単だが、何をもって判断するのか難しい時代である。やはり昔からのブランドに頼るより仕方ないのか・・・山
posted by pia NPO at 13:45| SAさんのコ・ラ・ム

2007年07月18日

天災

大雨の次に台風が爪痕を残して過ぎ去ったと思ったら、今度は強烈な地震が襲うと言う最悪の休日となりました。特に、地震は3年前と同じ地区に同じような激しい地震に見舞われ、なぜ此所ばかりに地震が起こるのだろうと被害に遭われた人の一人が嘆いておられたが、そのお気持ちはよく分かり、心からお見舞い申し上げたい気持ちで一杯です。きっと、神も仏もないのかと言う気持ちだとお察しします。女の子


地震は突然発生し、逃げるのが精一杯だと思いますが、台風は観測技術の進歩のお陰で、何日も前から、来るぞ!来るぞ!と知らしてもらい、その甲斐あってか?最近は、1959年の伊勢湾台風の死者4700人からは相当、死者の数は幸いにも減っていますが、まともに来られると人間はただ、逃げるか、じっと耐え、通りすぎるのを待つだけです。嘗ては少しでも猛威をふるう台風の恐ろしさを和らげるためか?台風の名前をキティとか、ジェーンとか、ルースとかの優しい女性名にしたことがありますが脅威であることに変りありません。怖さのみでなく水を供給してくれる恵みも運んでくれるので、日本では此所に住む限り地震と共に受け入れざるを得ません。家


しかし、天災に会うたびに人間の弱さと自然の偉大さを感じます。有名な宇宙科学者が、神の存在を信じる気持ちを書いた本を読んだことがありますが、科学者であるが故に尚更、人間では不可能な絶対的なものがあることを感じるのだと思います。宇宙の端はどうなっているか考えても答えは出ません。いくら科学が進歩しても人類が知り得るものはごく僅かです。人間は傲慢になってはいけません。偉大なる自然を大切にしなければいけません。りんご


posted by pia NPO at 14:32| SAさんのコ・ラ・ム

2007年07月11日

お茶

日本では、くつろぐ時は日本茶を入れて語り合うのが普通ですね。この様子は、本当に日本を感じます。今でも、家庭ではそうだと思います。祝日
しかし、若い人の間では、自由に飲み物を選べる場合、好みを聞くとコーヒーや紅茶と言う人が多いのではないでしょうか。

個人的にお茶屋をやっている友人に聞いたのですが、今や個人でお茶の葉を買いに来る人は殆どいないと言っていました。殆どが、ペットポトルに入ったお茶を買うか、缶いりのコーヒーやジュースを買って飲みます。お茶屋にとっては、革命です。サボテン

皆さん、良くご存じの事ですが、日本茶は、文字通り緑茶、即ち発酵なしの新鮮な葉を使い、紅茶は、完全発酵させたもの、烏龍茶で代表される中国のお茶は、その中間に属しますが、緑茶は木に付いている時から、日除けをしたりして大変な手間を掛け、葉を収穫すると直ちに処理が必要です。手間を掛けているためか、良いお茶は高価ですし、飲むにも湯の温度など、手が掛かり、また知識が必要です。グラス

最近は、缶入り緑茶も売られていますが、緑茶は湯を注いでからすぐに変化(変色など)が始まります。それを防ぐ方法を考え出して缶入りが実現したのです。
食べ物でも、ファーストフードに対し、スローフードが見直されるようになりましたが、手間の掛かった日本茶の良さも忘れないようにしたいですね!〓

posted by pia NPO at 13:12| SAさんのコ・ラ・ム

2007年07月04日

分類

ハウス栽培以外、シーズンが終ってしまいましたが、「いちご」を沢山たべましたか?
あの真っ赤な色も食欲をそそりますね!小学校の子どもから時々質問が出るのですが、「いちご」は果物ですか?野菜ですか? 聞かれると一寸と戸惑います。
はっきりした基準はないそうです。日本では。市場や役所では「果物」、研究者は「野菜」に分類しているそうです。米国と中国では果物として扱っているそうです。
分類する事は難しい事もあるようですね。生物分類学は進化を知る上で重要な学問です。その研究は色々な面で貢献しています。いちご2

しかし、その分類されたものをどう使うかが問題です。「いちご」の場合はどちらでも大きな問題はないと思うのですが、人間のこととなると色々な問題を含んでいます。
血液型でよく言われます・・A型は・・B型は・・・ということも、ユーモアとして使うのであれば良いのですが、差別につながる恐れがあります。チューリップ

他民族が共に暮らす米国でも、差別につながる問題を聞くことがあります。ある小学校で、ブルーの眼はブラウンより優れているということを言い出す子どもが出てきて、先生は何とか子どもたちに、どれだけ人の心を傷つけるかを教えたいと、最近の研究ではブラウンが優れていると善意の嘘を告げ、しばらくして、それは違っていた、ブルーのこどもに差別された子どもの気持ちが分かるように言ったのだ。と諭した話は有名です。
常日頃から、相手の心を察するよう心掛けることは必要ですね。ランドセル

posted by pia NPO at 14:04| SAさんのコ・ラ・ム

2007年06月27日

マンガ

我々シニアにとって「マンガ」と言えば4コママンガを思い浮かべるが、現在のマンガは話の筋があり、絵も詳細であり、世界に通用する日本のマンガと言うのも理解出来る。
しかし、電車の中で会社ではもう立派に活躍していると想像出来る青年がマンガ雑誌を読んでいるのを見ると、・・・これが、時代遅れと言われそうだが・・・何となく違和感を持ってしまう。ネズミ

私は、化学に関係した仕事をしていたが、嘗ては、今中国で問題になっているような公害に悩まされ、工場は規制に合致すべく必死に努力していたが、その測定作業などは、必ずしも専門家がやるとは限らなかった。そこで、その指導書などは、誰にも親しみをもってやってもらわないといけないとの配慮と思うが、やたらとあちこちにマンガが挿入されていた。確かに、その効果はあったように思うが、私などは、目障りで、ここにもっと必要な事を入れてほしいと思ったことを思い出す。りんご

これこそ、時代遅れで、今や動く絵、アニメーションが立派な芸術として世界で認められて活躍しており、報告書などにも上手くマンガ的な絵を入れて、違和感がなくなっており、時代の差を感じる。パンダ
posted by pia NPO at 13:32| SAさんのコ・ラ・ム

2007年06月20日

梅雨

いよいよ梅雨の真っ最中となった。梅雨が好きと言う人は恐らく少ないだろう。
しかし、雨が少ないと色々支障が出るのが日本の実情である。この次期の雨量だけではなく、冬の雪の量も関係するが、既に都会の水源の貯水量が少なく問題になっている。困った

勿論、飲み水だけでなく農業の影響も大きい。遊び半分の家庭菜園でも雨の必要性と有りがたさはよく分かる。かんかん照りの時、野菜畠に多少水をやっても効果は少ないが、しとしとと降る雨は効果的でよく育つ。これは雨に含まれる炭酸ガスが成長を助けているためもあるらしい。なんと言っても、水道水を直接飲める日本では慣れっこになっているが、外国(と言っても色々だが)へ行くとレストランに入って、水を注文する時、日本の水道の有難さがよく分かる。日本にいるアフリカのある国から来た外国の方が、日本で水の出しっ放しの音を聞くと、勿体ないと気になって仕方がないと言っていた。日本人はもっと水の有難さを感じなければいけない。船

しかし、最近は天然水を購入する人が増えたのには考えさせられる。何年か前までは水を売り出して、果たして売れるのかな?と疑問を持っていた。生活が向上したと見るべきか、環境が悪くなったと見るべきか・・・・
posted by pia NPO at 11:15| SAさんのコ・ラ・ム

2007年06月13日

国際化

少し前、国際化と言う言葉がもて囃され、それに皆が憧れた。
次いで、国際化とは何かと言う議論が盛んになったことまでは覚えているが、答えは覚えていない。簡単に言えることではないのかも知れない。
政府は、もっと多くの外国からの観光客を迎えたいと言っているが、日本で生活している外国の方を多く見るようにもなり、珍しく無くなった。高校の修学旅行も海外へ行く学校も多くなったし、日本語もまだ覚束ない幼児のための英語教室も盛んである。国際結婚も珍しくなく、小学校には何人かの外国籍の子どもがいる。大阪では、二十何組かに一組は国際結婚だと聞き、一寸以外な気もするが、事実らしい。
これらも、国際化した一つの現れと言っても間違いではないと思うが、何か物足りなさを感じる。その一つは、日本の社会でのマナーの悪さである。外国へ初めて行って、得ることは多く、貴重な知識を得るが、もう一つ、自国、日本を外から眺め、今まで気づかなかった、良い点、悪い点を感じることが出来ることである。帽子
posted by pia NPO at 13:35| SAさんのコ・ラ・ム

2007年05月30日

幸せとは

最近、東欧の一部を旅行することが出来た。歴史的に多くの物語りを語ってくれる地域であるが、弾痕の跡や崩れた家の一部が今なお残っているものの、少なくとも私が訪れた所は、平和な自然と人々、そして歴史ある教会をはじめ今なお住んでいる古い家々を眺めることができた。
新しい技術をどんどん取り入れ、忙しく走り回っているわが国とどちらが幸福と感じているのだろう。わが国の自殺者が多いことも気なる。しかし、この現在、平穏な場所も、少し前は殺し合いが行われたことを、弾痕や崩れた家しばしが示しており、人間の罪深さを感じる。
訪れた日、たまたま、日曜日であったので、多くの市民が質素であるが晴れ着に着替えて、ぞくぞく、歴史ある教会に集まり、敬虔なお祈りをしている姿を目の辺りにして、しばらく考えさせられた。 世界が平和でありますよう祈りたい。ウインク
posted by pia NPO at 15:09| SAさんのコ・ラ・ム

2007年05月16日

博物館に行ってきました

先日、大学の博物館に行ってきました。

日本の建築学の第一人者、村野藤吾氏の設計による円形の校舎(有形文化財)、関西大学です。

そこには、今話題の高松塚古墳のレプリカがありました。

1300年も前の人たちがこんなに高度な技術を持ち、こんなに美しい状態花で私達が見ることができて感激しました。現在あちらのほうでは玄武の公開をしていますね。

近々見に行きたいと思います。

この博物館の建物は、昔は図書館として使われていたそうで、中央円形部分天井には採光窓より自然光が入るようになっていました。
一般の博物館は説明文を丁寧にわかりやすく書く必要があるのですが、このような大学の博物館は学生の教材としての役割があり、学生たちに疑問点、問題点を見つけて学んでもらうため、できるだけ説明文は書かないそうです。

フィギアスケートの高橋大輔くんの金メダル鐘や、織田信成くんのメダルキラキラも展示されていました。


キャンパスに集う学生たちのファッショナブルな装いに、時代の隔たりを感じました。
学生食堂で一緒にランチを食べ、若さまるをもらって帰ってきました。
posted by pia NPO at 17:13| SAさんのコ・ラ・ム

2007年05月02日

鯉のぼり

5月と言えば、青空に泳ぐ鯉のぼりを思い出しますね・・
しかし、このごろは町であまり見かけなくなりました。使われなくなった鯉を集めて川の上に張ったワイヤーに吊して並べたり、公園にでも行かなければ見ることができません。子どもが少なくなったこともあるでしょうが、それより、青空に鯉が泳ぐようなポールを立てることの出来る庭のある家が少なくなったことが主な原因でしょうね・・・
昔は、菖蒲の季節と言い、花の「菖蒲」の語呂に合わせ、「尚武」として武家では武具を飾ったそうですが、江戸時代の町民は、それに代わって滝を昇ると言われる元気な鯉を飾って、男の子の健やかな成長を願ったと言われます。江戸時代の町民は元気ですね。見習わなくてはいけませんね・・・
下の写真は、近所でやっと見つけた鯉のぼりですが、ご両親の努力を感じますが、鯉は窮屈そうですね・・・ロケット

posted by pia NPO at 14:40| SAさんのコ・ラ・ム