CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年12月17日

自然に帰る

化学物質が混入した食べ物が販売され大きな問題となり、誰もが食の安全に神経を使い、どれが安全に不安を覚え、今後、安全な物が食べられるのかとの危機感を覚えている。安全といわれるものであっても今や、防腐剤、着色剤などの類を全く含まないものは少なくなった時代である。りんご

日本出身の4人の先生がノーベル賞を受賞する喜ばしいことがあったが、その一人、化学賞の下村先生は、自然を愛し、自然を見つめることで新しい発見があったと言う意味のことを述べておられた。しかし、今や人類は、多くの新しいことを発見し、作り出して便利さと快適な生活を送れるよう多くの貢献をしてきたが、一方で、自然を汚染し、破壊してきて将来この地球に住めなくなるのではとの心配さえ出てきている。今、生きている人にはすぐに影響は及ばないかも知れないが真剣に考える時が来ている。自動車

このような状況になって、個人でも何とかしなければと、微力でも努力している人も多くなりつつある。環境は今や重要なキーワードである。
先日、知り合いの若い農家の人に農薬を全く使わずお米を生産するため、独自で研究、考案して、8年も掛かって何とか採算に乗りそうなものが出来た過程の苦労話を聞いた。
その方法は合鴨を使う方法の改良型である。合鴨の雛を使って雛が成長すると食用に回す従来の方法で無く、成鳥まで共に育てる方法である。しかし、現在の農薬を使う一般の方法では10俵の米が生産できる田でも、実験的に全く農薬を使わず作ってみると、最初は3俵しか出来なかったと言う。やっと今年になって6〜7俵出きるようになり、田には今まで全く居なかった「みみず」も住めるようになり、味も最高に近い米が出来たと言う。しかし生産量の比較でも分かるように価格がどうしても高くなる。買う人がこのような自然農法の価値をどれだけ認めてくれるかである。ごはん

まだ、これからの苦労が続くだろうが、がんばってもらいたい。都会に住む我々も、関心を持ってその苦労を知る必要がある。今年の選ばれた漢字は「変」であり、次期アメリカ大統領オバマ氏は、「change」を掲げて当選した。今や、凡てについて「change」する時が来ている。ランドセル
posted by pia NPO at 11:15| SAさんのコ・ラ・ム

2008年11月21日

平等

政府は、給付金を一様に配付すると言い出している。ばら撒きで景気浮揚にあまり効果が無いとの批判もある。この制度の良し悪しは別として、どのような配付の仕方が最も平等か?との議論を見ていて、あらためて「平等」の意味を考えさせられた。同じ様に与えることが必ずしも平等ではない場合がある。どのような形が平等と言えるのだらうか。りんご

少し前には、「格差」の問題が叫ばれたが、日本は殆どの人が「中流階級」と思っているとの調査結果もあるように、国民の多くは平等を望んでいる。逆に、アメリカなどは競争で勝った者が多くの利益を得て、格差が出来るのはある程度当然との考えが支配的のようでであった。しかし、この金融危機で風向きが大きく変わり、従来の方式が否定されることとなった。
初めての黒人大統領が、「変革」を標榜して国民が賛同し当選を果たした。世界一の経済大国でも「格差」がクローズアップされている。山

格差を無くし、平等にと言ってもそれは簡単ではない。男女平等の問題でも同様である。男の私が言っても非難されそうだが、ただ、男を非難攻撃し押さえ込んでも解決しないと思う。しかし、同性から見ても非難されるべき事実もあることを認めざるを得ないので、それを認識させる啓蒙は必要であると思う。アメリカで、黒人の権利を得るため「暴力でなく、正義で」と叫んだキング牧師の言葉は今になって更にその重みを感じる。ランドセル

世界的経済危機に直面して、従来の方式の欠陥が浮き彫りにされ、大国だけでなく、新興国も含めた幅広い協調の必要性が叫ばれてきていることは喜ばしいことであるが、多くの問題を抱える現在の世界は、果たして解決策が見出せるのか一寸不安である。赤ちゃん

どうすれば良い意味の競争による発展と、同時に平等と感じることが出来るか、日本国内も世界も真剣に考える時が来ている。利己主張が強すぎては解決しないことは確かである。桃太郎

                                                東洋とヨーロッパの境
posted by pia NPO at 11:27| SAさんのコ・ラ・ム

2008年11月05日

価値

今、金融不安で世界が揺れている。株や金融資産、貨幣の価値があっと云う間に価値が変わり、個人は全く何もしないのに、自分の財産の価値が変わってしまうのである。困った

資本主義経済の世界では当たり前のことで不思議なことではないとも云えるが、素直に納得できない気がする。資本主義経済は、元々矛盾を含んでいる、と云っていた学者が居たが庶民感情ではやはり納得出来ない。世界の20%の人が、世界の80%の富を握っていると言われるが、強欲の人間の欲が無くならない限り解決しないことかも知れない。人間は歴史の中で何回も同じ過ちを犯している。価値とは何だろう?お金

そんな難しい話でなくても、身近に価値が大きく変わるものは多くある。時代と共にものの価値が変わるのは当然と言ってしまえばそれまでだが、芸術は勿論、道徳観、言葉まで変わって行くのはある意味では面白い。若い者は現在の価値観が当たり前のこととして捕らえているが、長く生きた者の特権として昔と今を比較して考えると面白いことも多い。サッカー

小学生のとき、あわててシャツをズボンの中にしっかりと入れずに出かけようとして、「だらしない」とよく叱られたが、いまや上着からシャツのすそを出すのがファッションだし、接ぎの当たった服を早く止めたいと願った時代があったのに、わざわざ手を掛けて穴たいしたを空けるジーンズのフッションなどは驚くばかりである。ハイビスカス

これらは、ご愛嬌のひとつで愉快さも感じるが、金融不安は恵まれない人たちに、より多くの影響を与える。人類はもう少し賢くならないものか・・・・桃太郎
posted by pia NPO at 15:35| SAさんのコ・ラ・ム

2008年10月15日

同窓会

先日、同窓会に出席した。私は、あまり出席率は良くない方である。しかし、今回、出席した同窓会は、メンバーが80歳に近づこうとする、高齢になった者たちの同窓会でよく続いており、若い時の同窓会の「久しぶり」と言うのとは、やや雰囲気が違う。りんご

理科系の卒業であるが、卒業時、いまの経済危機ほどではなかったと思うが、不況の時代であった。そのため、就職先もバライティに富んでいる。
やはり製造メーカーで働いたものが多いものの、大学教授から、商店の経営者、中小企業の社長、中には、自衛隊の幹部までいるし、海外に出向して定年後も日本に帰っていない者もいる。そして、我々の年代は戦争に直接関わった者はいないが、戦中、戦後にお米が一粒も無い経験も持ってあり、苦労したのに割りに皆元気なのである。しかし、やはり長い間使った機械(体)は部品を修理(手術などの治療)をしている者も多いのも事実であるが予想以上に元気で若く見える者が多い。一寸、大袈裟に言えば日本のたどってきた70年以上の歴史を示している。チューリップ

よく言われる、特に男の場合、20代では女性、30代ではこどもや家庭、40代では仕事、50代では健康や定年後・・・・を話題にすると言われるが、70代になると健康の話も出るには出るが、過去の色々な経験が話題となり、現在の問題点や改善すべきことが話題になる。更に会が終わり分かれる時に「次も会えるように」という言葉が出てくる。これがあまり喜ばしいことではないがこの年代の同窓会の特徴と言える。ランドセル

我々が、今元気なのは若い時の質素な生活が寧ろ長寿に大いに寄与しているのだとの意見が大勢を占める。いまの若い人たちは恵まれた環境が当たり前と思ってしまっている。食べ物も嫌いなものがあれば代わりのものが何でもあるので嫌いな物は食べなくても済む。
若い人たちが悪いのではないが、少なくとも現在の恵まれた環境の有難さを知り、感じて、恵まれない人たちも地球上に多くいることをもっと知らされなくてはならないとの意見も良く出る。いちご2

若い人たちには煙たがられると思うが、このような話題が出るのが特徴であり、一つの救いでもある。魚

 
ベルギーにて
posted by pia NPO at 13:49| SAさんのコ・ラ・ム

2008年09月24日

国際化

この題目は、現在では、一寸古い言葉となってしまったような気がするが、盛んに叫ばれた時もあった。鎖国政策をとってきた日本に突如、黒船が来襲して大騒ぎになったのが1853年で、それ以来100年掛かって日本が100年掛かって開放されるその過程の歴史を本に書かれているのを見たが、未だに日本はまだ未開放だとよく言われる。魚

しかし、現在この大阪府は、外国籍の方が9人に一人の割合で居られると聞いて、一寸予想外に感じた。10人ほど集まれば一人は外国籍の方なのである。確かに、大阪市内の小学校でも外国籍の子どもが通っている学校は珍しくなくなった。現場の学校の先生は苦労されているところも多いらしい。その人たちを援助するため不十分ではあるものの市や府としてもいろいろ手を打っている。りんご

あらためて、国際化とはどんなことをすればよいのだろうと考えさせられる。答えは簡単ではないが、まず、よく言われることは言葉の問題である。今や小学校でも英語教育が採り上げられつつある。しかし、英語一辺倒は考えるべきだとの意見もある。すでに、経済面でドルが基軸通貨の力を弱めつつあると言われる時代へ進むとますます答えが難しくなる。スイス(?)のある研究所が、世界の総合的競争力ランキングで日本は20何位とかで相当低い。その原因は言葉であると言っている。技術的、経済的に優れていても、日本語は特異で難しく、日本人も外国語を話すのが得意ではない。世界で日本語が通用し難いのが低い原因の一つだと言う。クローバー


これを簡単に認めるわけには行かないが考えさせられる問題である。
しかし、重要なことは、自国の良い点を知り、愛し、自身のアイデンティティを失わない教育が必要であることは確かである。帽子

                     ドイツの古都 リュウベック
posted by pia NPO at 15:51| SAさんのコ・ラ・ム

2008年09月10日

記念日

8月には「終戦の日」「広島平和記念日」「長崎平和記念日」などの記念日があった。勿論、他の月には重要な記念日「憲法記念日」「時の記念日」「防災の日」「防災とボランティアの日」「電気記念日」など多くの記念日が定められている。りんご

制定の意図は、忘れやすい人間の本質より、思い出して考える機会をもってほしいと言うことと思う。これを利用して、業者が無理に語呂合わせで色々な「○○の日」を作っていて、その数はあきれるほど多いのには驚く。キリスト教徒でもないのにクリスマスにはケーキを買って祝うことや、節分に巻き寿司をかぶりつくなどは、業者の意図に嵌まり込んで出来た習慣だと思う。しかし、これらはご愛嬌だし、別に害はない。いちご



しかし、人間の長い歴史をみると、同じような過ちを繰り返している。その典型的例が「戦争」である。戦争によって得るところはなく、却って勝者を含めて甚大な害を蒙ることを既に十分学んだ筈である。にも拘わらず、まだ戦争が無くならないのは悲しくなる。
2000年以上前の時代でも、こうした人間の性に気が付いていたのか、聖書に神が人間を創ったときのことを物語で記さえている。神は、エデンの園に人間を作ったが、その中に絶対食べてはいけない実があり、食べないと神と約束しながら、蛇の誘惑に負け、食べてしまい、目が開け、知識が得られたが、神にエデンの園より追放されて自分で生きなければならなくなった・・・と言う物語である。ランドセル

人間は莫大な犠牲を払って学んだことをもっと大切にしなければならない。せめて、重要な記念日での意図を大切にし学ぶことが必要である。家

                                            (写真)クロアチアにて
posted by pia NPO at 11:43| SAさんのコ・ラ・ム

2008年08月27日

水と油

全く相入れない関係を表すのにこの言葉が使われる。しかし、現在は大いに関係がある。
今、原油が暴騰し書く方面で影響が出ている。私が学生の時代、世界の石油は後30年分しかない。別のエネルギーを考えないと人類は危機に直面すると教えられた。地球上に確認されている石油の埋蔵量は、富士山を枡とすると一杯分もないと言われた。山
しかし、とっくに30年は過ぎたし、海底油田も発見され、砂に含む重油も精製して加えればまだ100年以上使えるとの説まで出ている。いまの原油高等は投機によるものだと言われている。専門家でもないし、その真偽は分からないが、原油に隠れてあまり話題になっていないが人間が生きるためにもっと重要なものが飲み水である。先日、火星に水が存在していた形跡が発見されたと報じられたが、水の惑星、地球も飲み水の確保が重要問題となっている。泳ぐ泳ぐ

地球上の水の僅か3%が真水で、飲める水は僅か1%と言われている。水の豊富な日本列島では、あまり有りがたみを感じないし、洪水でひがいが時々出てその制御に苦労している。地球上ではどうして飲む水を確保するか深刻に考えねばならないところがあることをもっと真剣に考えないといけない。こんな計算もされている。日本の野産物は、多く輸入されているが、たとえば野菜を一株を種を蒔いてから収穫するまでに風呂桶一杯分の水が必要ともいわれ、日本は水を多量に輸入している国との解釈も出来る。カバン
この問題は簡単に解決する問題ではないが、水の確保に苦労する外国人が、水のちょろちょろ垂れ流している音を日本に来て聞いて気になると言っていたのを聞いて忘れることが出来ない。
2007年10月トルコ旅行にて
posted by pia NPO at 14:59| SAさんのコ・ラ・ム

2008年07月23日

らくがき

最近、日本の学生が相次いで二組も観光先のっ世界遺産の建造物に自分の名前をらくがきして問題となった。近くに外国人による”らくがき”もあったとのことで、つい安易に考えたのであろうが、これは何の弁解もできないあきれた行為である。ハート

学生で、海外に観光に行ける恵まれた時代になったのは喜ぶべきことであるが、彼らは海外旅行を楽しみとしていくことは当然許される事ではあるが、その他になにを求めていったのであろうか。楽しみだけでは寂しい気がする。りんご

私が、初めてかいがいに仕事で出た時は、大阪には国際空港はなく、伊丹空港は工事中で、掘り返した土の山の間を縫ってバスで高校の遥か遠い端まで行って飛行機に乗り込んだことを思い出す。外貨も持ち出し額が制限されていたので、ケチケチ旅行であった。
現在の自由な時代になって、若者は娯楽以外に、何を知らうとし、何を得たのであろうか。
単に、自分がそこへ行ったことだけを示すため世界に恥をかいてまでして証拠を残すだけでは寂しいではないか。ランドセル

若者に、「汚してはいけない」と言う幼児に言い聞かせるような注意だけでは効果がないと思う。折角、外国に行ったのであれば、その土地の生活や文化を知り、理解してお互いに親睦を図りたいとの希望を持って出かけてもらいたい。サル

そうすれば、幼児への注意のごときことをしなくても、古い人たちが作った遺産がいかに貴重で、大切か理解し、自然とそのような行為はなくなると思う。山

しかし、最後に付け加えたいのは、たの文化、考え方を十分理解するには、1回や2回の旅行でみたり聞いただけでは無理である。短期の旅行はある一面を見聞きするだけであり、愛情を持って接し気長に理解しようとの努力が必要であることを心に留めておく必要がある。車
posted by pia NPO at 13:23| SAさんのコ・ラ・ム

2008年07月02日

コンプライアンス

「コンプライアンス」と言う一寸難しい言葉が新聞に出るようになった。ハート

その理由は決して喜ばしいことではない。一流と思われている会社が法律違反をしていることが分かった時である。個人のワンマン社長ならあり得ると思うが、一流の社員が多く居る会社で歯止めが掛からないのは納得出来ない。やはり、一人ひとりの順法精神、自律心が緩んできたと考えざるを得ない。(知識の少ない私が言う資格はないが、この言葉は「命令に従う」との意味で一寸ニュアンスが違うように私は思うが・・・)プレゼント>

ドイツ(だけではないが・・)に行った時、鉄道に乗る時、改札口がないので、自分でキップを買い、自分でパンチを入れる機械を通して乗り込む。
勿論、検札があるのでキップなしでは乗れないと思うが・・りんご

その時、同行の日本人の何人かは、もし日本でこの方式を採用したら成り立たないだろうなあ・・と言った。日本のラッシュアワーは尋常ではないので、その意味で言ったとは思うが、果たして皆が守るだろうか?と言う意味も含
まれている。残念ながら、私もその部分を感じた一人である。いちご

日本よりドイツが優れていると言っているのではない。偶々、度々こちらへ来ている日本人に会って話をしたが、ドイツでも最近は若者のマナーが悪くなったと嘆いていた。しかし、私が思うのは、このように自分で律する制度の中で生活しているのと、そうでないのとでは差が出るのではないかと感じた。家

posted by pia NPO at 12:00| SAさんのコ・ラ・ム

2008年06月05日

何ヵ国

この地球上に何ヵ国存在するのか、知りたいなぁと思っています。

オリンピックの開会式の入場行進のとき初めて耳にする国名、

どこにあるのか地図を見てもなかなか探せないときがあります悲しい

中国の四川大地震の震源地が少数民族の自治区だということを報道で知りました。

その後、中国の民族の数が56と知り、世界一広い国土に世界一多い人口、そして多民族。

いろんな意味で大変だなぁと思いました。

パソコン今日本で開催されているアフリカ会議に50ヶ国が参加していますが、

私が知っているのはたぶん、

民族間の内戦などの悲しいニュースとしてテレビや新聞で聞いたことがある国だと思います。

アフリカや旧ソ連など多民族国家が多くありますが、

この地球上にいくつの国がいくつの民族が存在するのか、知ってみたいです。

                                         M.Y


雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨

国や地域の数は、人により、国により、考え方により異なりますので、
正確な数はわかりません。
こちらのキッズ外務省には日本が承認している国の数というのが出ています。
では、承認していない国にはどんなところがあって、なぜ承認されないのでしょうはてな

雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨
posted by pia NPO at 16:29| SAさんのコ・ラ・ム