CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年05月20日

エコ

エコポイントの制度が始まった。TV報道で見る限り関心が高いようである。勿論、環境対策の一つであるが景気浮揚策の狙いの方が強い感じがする。しかし、いずれにしても良いことである。りんご

しかし、地球環境の悪化は予想以上に進んでおり、やっとどうにかしなければとの機運が出てきたものの一般にはまだまだ深刻に考える人は少ない。平均気温が上昇し、野菜の出荷時期がずれたり、と身近に影響が見られるが、四季の変化になれた日本では、さほど異常とは感じないのが実情である。しかし、熱帯雨林では雨が少なく、自然火災が発生して森林のCO2の吸収力が低下して来ており、海では温度が上昇して珊瑚が死滅し、元々豊かな魚の
楽園であったところも魚が住まなくなり、魚を取って暮らすしか方法のない住民が生活にも困って、獲ってはいけないことになっている「たつのおとしご」を獲り、売って生活している。この実情を国際交流と現地の見学目的に訪れた青少年のグループが見て、なんと言えばよいか困って言葉を失っていたTV番組を見た。クローバー

環境の悪化は何年も前から言われていたが、直接影響を受けていない人々はあまり動かなかった。反応が鈍かった。最近、やっと本格的に動き出した感じである。折角良い方向へ向かっているのに何故このように云うのかと言うと、その逆を目の前にして考えさせられたのである。いちご

新インフルエンザが兵庫県、大阪府に感染が広がり、学校が休校C起業も対策に大童である。過剰反応も各方面で起こっている。殆どが若者に感染していて、何故か高齢者は目ね気があるらしいことまで分かっている。しかし私たち高齢者の集まりも中止になった。過剰が悪いことはなく、むしろ安全であるので良いことではあるが、直接ミニ降りかかることだけでなく
長い目で見て考えることが必要であることを云いたかったのである。ランドセル
posted by pia NPO at 11:39| SAさんのコ・ラ・ム