• もっと見る
このブログでは、保健所や都道府県庁になどに勤務する現役の公衆衛生医師が、主に公衆衛生の分野に興味をお持ちの医師や医学生のみなさまや、転職・転科を考えていらっしゃる医師のみなさま、社会医学系専攻医・若手公衆衛生医師のみなさまに対して、公衆衛生・行政医師の業務や関連イベント等を紹介しています。なお、本ブログの記事に関するお問い合わせ、公衆衛生医師への入職・転職に関するご相談はこちらのフォームから受け付けております。
原子力防災(北海道庁保健福祉部(前・北海道岩内保健所長)村松 司)[2022年10月01日(Sat)]
 健康危機管理の中で、最近とりわけ注目されてきているのが、CBRNE災害と呼ばれる大規模かつ大きな災害です。
 CBRNEとは、Chemical(化学)、Biological(生物)、Radiological(放射性物質)、Nuclear(核)、Explosive(爆発物)の頭文字をまとめたもので、いずれも広範囲に甚大な被害をもたらすものです。

 私は本年3月まで、倶知安保健所との兼務ではありましたが、泊原子力発電所の立地する岩内保健所の所長をしておりました。
 岩内保健所の所長は、あまり考えたくない事態ではありますが、原子力発電所において万一の過酷事故が発生した際、泊原発から距離にして10kmほど離れた共和町にある「北海道原子力防災センター」に詰めて、国の現地対策本部の医療班の副班長(班長は国から派遣される)として、現地の負傷者等の医療調整を、近隣の医療機関や場合によっては大学病院などとも連携して行います。また、現地住民への安定ヨウ素剤の内服指示の伝達なども重要な任務です。

原子力防災センター.png

 北海道では毎年秋頃に、このような原発の過酷事故を想定して、現地住民にもご協力いただいての大規模な避難訓練を伴う、「原子力防災訓練」を行っています。昨年度は私も岩内保健所長として参加し、実際に防災センターに詰めて危機管理のオペレーションに参加しました(本当は写真などがあると良いのですが、保安上の理由から内部の撮影は厳禁なのです)。残念ながらコロナ禍のために住民参加の避難訓練は中止となりましたが、国や原発立地周辺町村などとも協力して、実際の危機管理のオペレーションを動かすことで様々な課題が抽出でき、実りの多い訓練であったと思います。

IMG_0980.JPG

 今はコロナ禍で保健所の健康危機管理が注目されていますが、健康危機は感染症だけではなく、こういった災害も想定して、訓練などを通して常に「起こってはならないが、起こったらどうする」を頭に描いておく必要があります。それが平時からの危機管理です。

 それもまた、保健所長の大切なお仕事です。

(北海道庁保健福祉部地域医療課・地域保健課・感染症対策課(前・北海道岩内保健所長) 村松 司)
続きを読む...
Posted by 公衆衛生医師確保育成事業班 at 00:33 | 業務紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
PHSS/PHCCの配布資料がアップロードされました。[2022年09月30日(Fri)]
お陰様で今年も大盛況のもとに終了したPHSS(公衆衛生医師サマーセミナー)、PHCC(公衆衛生医師Web合同相談会)ですが、当日使用した資料が全国保健所長会のイベントページにアップロードされております。

都合が合わず参加できなかった方、申込みできなかったけれど公衆衛生に興味のある方など、是非御覧ください!

(なお、内容については都合により一部改変している場合がございますことを予めご了承ください)
Posted by 公衆衛生医師確保育成事業班 at 04:42 | お知らせ | この記事のURL | トラックバック(0)
【イベント終了】第81回日本公衆衛生学会総会自由集会「公衆衛生医師の集い」のご紹介[2022年09月24日(Sat)]
イベントは終了いたしました。ご来場いただいた公衆衛生医師の皆様、本当にありがとうございます。本イベントは来年以降も(おそらく)続きますので、これから公衆衛生医師を志している皆様も、こんどは「仲間」として参加していただくのを是非!お待ちしております!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京はやっと残暑から秋らしい気候になってきました。皆様、いかがおすごしでしょうか。

本日は、10月7日から山梨県甲府市で開催される「第81回日本公衆衛生学会総会」での「公衆衛生医師の集い」についてお知らせします。公衆衛生学会では、様々なテーマの自由集会が開催されますが、「公衆衛生医師の集い」はその名の通り、公衆衛生医師のための集会です。

この企画をはじめたのは、公衆衛生学会に参加する医師、なかでも保健所医師が集まって意見交換ができないか、というものでした。実は、公衆衛生学会は臨床系の学会とは異なり、会員の医師比率がそれほど高くありません。また、医師といっても、保健所、大学、研究機関、企業など、所属も多様なため、そのなかでも保健所で勤務している医師向けの集まる場として企画しました。

毎回、テーマを変えながら継続しており2022年は記念すべき10回目となります。なかなか、他自治体の保健所医師とは交流する場がないため、こういった集まりは貴重な機会になっていると思います。

日本公衆衛生学会総会自由集会2022チラシ.jpg

今年度は「with/after コロナ時代の地域保健と公衆衛生医師」というテーマで、若手とベテランの先生からお話いただき、参加者の意見交換とする予定です。このブログをご覧になった保健所医師の方で、ご参加を希望される場合はチラシをご確認ください。

まだまだコロナ対応で大変な時期がつづいている保健所ですが、頑張っているのは自分だけでなく全国にも仲間がいることにも思いをはせながら、目の前の仕事を確実に進めていければと思っています。

(東京都 世田谷保健所 高橋千香)
Posted by 公衆衛生医師確保育成事業班 at 22:00 | お知らせ | この記事のURL | トラックバック(0)
公衆衛生医師WEB合同相談会(PHCC)2022 を開催しました![2022年09月17日(Sat)]
先月の公衆衛生医師サマーセミナーPHSSに引き続き、そのスピンオフ企画から始まった「公衆衛生医師WEB合同相談会(PHCC)2022」が9月17日に開催されました。

PHCC2022チラシ.jpg

公衆衛生医師の仕事や役割、キャリアパスから社会医学系専門医の取得顛末記などの情報提供とともに、テーマ別や地域別にブレイクアウトルーム機能を用いたスモールグループディスカッションを行い、参加者のみなさまからの質問や相談にお答えしました。

PHCC2022スクショ.jpg

今年で3回目となる今回の合同相談会は、サマーセミナーの実地開催が再開されて初めての開催となりましたが、来年以降もオンラインの利点を活かして継続していく予定です。全国からご参加いただいた医学生や若手医師のみなさま、運営にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

また、今回都合で参加できなかった方や、参加者でも話足りないことがあったという方につきましては、個別相談も受け付けておりますので、ページ上段からリンクしているフォームをご利用ください。こちらもお待ちしております!

(福島県相双保健所 堀切将 ほか主催者一同)

Posted by 公衆衛生医師確保育成事業班 at 22:00 | お知らせ | この記事のURL | トラックバック(0)
日本医師会の医学生向け情報誌「DOCTOR-ASE(ドクタラーゼ)」で保健所の仕事が特集としてが紹介されました[2022年09月16日(Fri)]
日本医師会が医学生向けに発行している情報誌「DOCTOR-ASE(ドクタラーゼ)」、2021年4月発刊の第37号で、保健所の仕事が特集されていました。

保健所で働く人たちや保健所が担う様々な仕事などについて、医学生によるレポートを交えて紹介されています。また、長崎県県北保健所・対馬保健所(当時)の藤田先生が、保健所医師のキャリアややりがいなどについて語っておられます。



なお、2017年1月発刊の第20号では、東京都北区保健所(当時)の高橋先生が、保健所医師のキャリアや仕事などについて語っておられます。



Posted by 公衆衛生医師確保育成事業班 at 22:00 | 業務紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグクラウド
リンク集