• もっと見る

2024年06月06日

毎年8月に開催している公衆衛生医師サマーセミナー。今年度のポスターが完成しました!

JN_PHSS_2024.jpg


 公衆衛生に興味がある医学生や臨床医、公衆衛生をもっと知りたい若手公衆衛生医師らが

全国各地から集まり、仲間や講師とともに公衆衛生活動を学び、語り合い、交流を深め、公

衆衛生医師の魅力を堪能できる、毎年大好評のセミナーです。

 あなたも、未来の仲間とともに参加してみませんか!


○公衆衛生 若手医師・医学生サマーセミナー 

        PHSSPublic Health Summer Seminar2024

・日程:令和6年(2024年)817日(土)・18日(日)

・会場:都市センターホテル(東京都千代田区)

・対象:公衆衛生に関心のある医師・若手公衆衛生医師・医学生

・参加費:無料

 *現地までの交通費と宿泊費、1日目夜の情報交換会参加費は自己負担です。

      運営事務局で宿泊の手配はしておりませんので、宿泊先はご自身で確保ください。

・定員:36

 *定員を超える場合は運営側で選考させていただきます。

・内容:保健所長の働きと可能性/公衆衛生医師の仕事あれこれ/国立感染症研究所

           FETP研修体験記/認知症の母が命懸けでおしえてくれたこと、映画「ぼけます

           から、よろしくお願いします。」 など

・参加申込:Googleフォーム

 *受付は67日から76日まで

      参加申し込みフォームはチラシのQRコードからもアクセスできます。

・主催:全国保健所長会・日本公衆衛生協会

   *さらに詳しい内容や講師の紹介やセミナーに関するお問い合わせ等については、

  全国保健所長会の案内ページをご覧ください。


posted by 公衆衛生医師の確保と育成に関する事業班 at 12:00 | TrackBack(0) | お知らせ

2024年06月04日

民間医局 レジナビフェア2024大阪 に出展しました!

先日、5月26日に開催された「レジナビフェア2024大阪」にて、公衆衛生医師の紹介ブースを出展しました。当日は、大阪府、大阪市、岡山県、広島市、厚生労働省の公衆衛生医師・医系技官が参加しました。

ブース3.JPG

ブースには、大学で公衆衛生の講義を聞いて興味を持った方、卒後研修を終えた後に選択肢の1つとして考えたい方、他の病院のブースのスタッフなど、医学生20名、若手医師10名の方々が来られました。

主な相談内容は、
・国・県・市の役割や仕事の違い
・公衆衛生分野に入るタイミング
・公衆衛生医師のキャリアパス
・公衆衛生と臨床のキャリアチェンジ
などがありました。ブースにお越しいただいたみなさまありがとうございました。

相談1.jpg

次回、6月16日(日)に東京ビッグサイトで開催される「民間医局レジナビフェア2024東京」にも再び出展しますので、参加される方はぜひ公衆衛生医師のブースにもお立ち寄りください。

また、8月にサマーセミナー(PHSS)、9月に合同相談会(PHCC)の開催も予定しています。また、こちらから個別相談も随時受け付けていますので、公衆衛生医師にご興味をお持ちの方はぜひご相談ください。
続きを読む・・・
posted by 公衆衛生医師の確保と育成に関する事業班 at 12:00 | TrackBack(0) | お知らせ

2024年05月30日

全国いきいき公衆衛生の会サマーセミナーINくまもと「考えてみよう!公衆衛生〜今こそ原点回帰」

みなさま、こんにちは。
今回は2024年8月3日から4日にかけて熊本市で開催される、全国いきいき公衆衛生の会サマーセミナーのお知らせです。
今年のテーマは「考えてみよう!公衆衛生〜今こそ原点回帰」ということで、分科会に分かれてのディスカッション、山縣然太郎先生による基調講演、それに続くワールドカフェと、公衆衛生の魅力について熱く語ることができる内容となっております。

2024いきいきサマーセミナー.jpg

セミナー1日目(8/3)は、まちづくり、歯科・母子・精神保健、在宅医療介護、栄養、地域医療、そして多頭飼育問題まで、今の地域保健のトピックとなる幅広い分野を取り扱った8つの分科会を開催します。

学会や講演会のような一方的な報告ではなく、『どんな課題がある?』『自分のところならどうする?』『この事例から学べる事』などを、皆でワイワイと話し合う」がこのセミナーのコンセプト。
ちょっと仕事に嫌気がさしている人も、疲れている人も、会の終わりには公衆衛生活動って楽しい!と思うようになり、いきいき・わくわく♪して帰っていただけるはず、です!

夜には懇親会も予定されています。おてもやん総踊りに遭遇すること間違いなし!火の国まつりを体感する、熱い夜となりそうですね...(宿泊予約はお早めに)。

QRコードまたは以下URLから皆さまの参加申込をお待ちしております!


※本セミナーの前後(3日午前または4日午後)に「終わりの見えない闘い」無料上映会にも参加いただけます。九州での上映会はなかなかないので是非ご検討下さい(本セミナーに参加されなくても入場可能です)。



セミナー2日目(8/4)講師のご紹介です。

山縣先生.JPG

山縣然太郎 先生

山縣先生は山梨大学大学院附属出生コホート研究センター特任教授、国立成育医療研究センター成育こどもシンクタンク副所長をされておられる、公衆衛生のエキスパートです!
専門は公衆衛生学、疫学、人類遺伝学。
地域で出生コホート研究を30年間、高齢者コホート研究を15年間実施しておられます。環境省の「子どもの健康と環境に関する全国調査」(エコチル調査)の運営委員、戦略広報委員長、甲信ユニットセンター長。科学技術振興機構・社会技術開発研究センターの「科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム」プログラム統括...とこれまでの経験で培ってこられた公衆衛生の神髄をお話してくださるものと思います。私も今からとてもワクワクして、夏まで眠れそうにありません(笑)


[宮崎県日向保健所 豊嶋]
posted by 公衆衛生医師の確保と育成に関する事業班 at 12:00 | TrackBack(0) | お知らせ

2023年12月28日

【イベント終了】第82回日本公衆衛生学会総会自由集会「公衆衛生医師の集い」のご紹介

2023年の本イベントは終了いたしました。ご来場いただいた公衆衛生医師の皆様、本当にありがとうございます。本企画は来年以降も開催予定ですので、これから公衆衛生医師を志している皆様も、次回「仲間」として参加していただくのをスタッフ一同楽しみにしております!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まるで春のような陽気の暖冬から一転、近頃は寒さが一段と厳しくなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


さて、去る10月31日に茨城県つくば市で開催された「第82回日本公衆衛生学会総会」において「公衆衛生医師の集い」を無事に開催することができました。


この「公衆衛生医師の集い」は、その名の通り公衆衛生医師のための集会で、今回が11回目の開催となり、今回は30名余の先生方にご参加いただきました。


内容としては、「新潟県における公衆衛生医師確保の取組」と「公衆衛生医師の離職調査に関するアンケート結果」をそれぞれご講演いただきました。その後の質疑応答が大変に盛り上がり、あっという間に1時間が過ぎ去りました。


当初の予定では、講演の後はグループワークを行うつもりでおりましたので、これは想定外のことでした。が、会場の皆様から吹き出す熱意やコロナを超えた想いに大いに触れることができ、これはこれで大変有意義な時間になったのかなと思っています。


この集会は伝統になりつつある?ようで、今後も続いていく可能性が高そうです。今回ご参会いただいた方もそうでない方も、是非またご参加ください!


最後に、本集会を開催することは私にとって初めてチャレンジで、全てが分からない事づくめでしたが、運営にご協力いただいた皆様、そしてなにより当日ご参加頂いた皆様のおかげでよい時間にすることが出来ました。本当にありがとうございました!


1703041107123.jpg

(愛知県新城保健所 成田智晴)


posted by 公衆衛生医師の確保と育成に関する事業班 at 22:00 | TrackBack(0) | お知らせ

2023年11月13日

公衆衛生ウインターセミナー PHWS2023 今年も開催します!

昨年度から新たに始まった専攻医のためのオンラインイベント、公衆衛生ウインターセミナーが今年も開催されます。

チラシ.png

【公衆衛生ウインターセミナー PHWS(Public Health Winter Seminar)2023】
・対象:社会医学系専門医研修プログラム専攻医・専攻予定者
・日時:2023年12月9日(土)13:00〜17:00
・場所:オンライン(Zoom)
・参加費:無料
・定員:40名
※大学院生や「産業・環境」「医療」分野の先生もご参加いただけます
・内容:PHWS2023プログラムはこちら(PDF
・申込方法:参加申込はこちら(Googleフォーム)
・申込締切:11月24日(金)
・告知用ショート動画:公衆衛生医師チャンネル(YouTube

詳細は、全国保健所長会の案内ページをご覧ください

---
社会医学系専門医研修プログラム専攻医のみなさんは、まわりに同期の仲間が多いとは言えない状況かと思います。そうした中で、お互いの研修プログラムの履修状況や専門医試験へ向けての準備状況などを同期の専攻医同士で情報交換したり、それぞれの地域での公衆衛生課題について議論しあったりする機会が提供できればよいと考え、昨年度からオンラインで専攻医向けのセミナーを開催しています。

今年のテーマは
「地域の実情」に応じて課題を解決するには?さあ、考えよう。
です。

厚労省の通知でよく目にする「地域の実情に応じて」というフレーズですが、我々は果たして「地域の実情」を把握し、解決策を提案できているでしょうか。地域の健康課題を解決できるのはその地域で働く公衆衛生医師、「あなた」かもしれません。

全国各地からオンラインでつながった仲間や講師とともに研修プログラムや公衆衛生活動を学び、語り合い、交流を深めましょう。研修についての情報交換、ネットワークづくり、公衆衛生医師のおもしろさ・やりがいを再発見する機会としてお役立てください。

(大阪市健康局健康推進部 植田英也)

posted by 公衆衛生医師の確保と育成に関する事業班 at 22:00 | TrackBack(0) | お知らせ

2023年11月04日

公衆衛生医師に関するシンポジウムが開催されました(第82回日本公衆衛生学会)

先にこのブログでも案内した公衆衛生医師に関するシンポジウムが、先日つくばで開催された日本公衆衛生学会総会の1日目、10月31日に開催されました。

会場.jpg

まず、4名の演者からの講演がありました。
<講演の主なテーマ>
・大学公衆衛生学教室/地元行政との連携に関する調査(国立保健医療科学院 町田先生)
・秋田大学医学部生への実践的な公衆衛生学教育(秋田大学医学部衛生学・公衆衛生学講座 野村先生)
・全国保健所長会の活動や香川県における大学/行政の連携(香川県東讃保健所 横山先生)
・他領域における産学官連携での人材育成(株式会社リンクアンドモチベーション 樫原先生)

国立保健医療科学院の町田先生からは、キーワード「公衆衛生医師」に唯一触れる機会を医学生に提供するのは公衆衛生学教室であることを踏まえ行った調査で、医学生の7割が公衆衛生そのものに何らかの興味を持つこと、1割は公衆衛生医師のキャリアに関心があること、公衆衛生医師キャリアを考える医学生でも「勤務するなら臨床を数年経験後」が最多だったことなどが報告されました。

町田先生.jpg

公衆衛生医師を目指す人を増やすには「楽しさが伝えられるかどうか」がポイントで、公衆衛生医師の魅力を楽しく語ること、教室と行政が共に公衆衛生医師希望者の発掘や紹介を行うこと、公衆衛生医師キャリアを臨床医と同じ並びで紹介すること、何より教室と行政の定期的な交流を図ることが重要と述べられました。


秋田大学の野村先生からは、医学部生への公衆衛生学教育の実践についてのご講演で、調査を活用したお話などがありました。秋田県から大学へ委託された県民健康栄養調査では、キャッチコピー「生きた調査を学ぶ」のチラシで毎回医学生10人以上の参加があるそうです。

野村先生.jpg

さらに、教室では多くの調査研究にそれぞれの学生が個別・主体的に取り組み、筆頭著者での論文発表の機会も提供されています。学生筆頭論文は2021年は16件、2022年は17件、うち英文原著論文は2021年が7件、2022年が6件、どれもがインパクトファクター4以上と引用回数の多い医学雑誌へ掲載されました。臨床実習前の学生が社会医学的課題への関心を持てるよう取り組まれ、学生の研究環境構築や丁寧な指導体制に会場からは驚きの声が上がりました。


香川県東讃保健所・横山先生からは、全国保健所長会事業班活動及び香川県での大学との協働について発表がありました。全国保健所長会サマーセミナーでは4人に1人が大学の講義、実習、掲示板で開催を知り参加したこと、また以前は少なかった大学生、大学院生、大学病院臨床医が約半数を占めるまで増加したことから、医育機関である「大学」は公衆衛生医師の全てに関連すると認識されていました。

横山先生.jpg

全国保健所長会での人材確保の取り組みは全て地元・香川県でも展開され、県予算で香川大学との共催で行う年数回開催のセミナーについて詳細が報告されました。セミナー告知のポイントとして、多くの大学関係者が使う学内エレベーター横掲示板の活用など、具体的なtipsも紹介されました。


株式会社リンクアンドモチベーション・樫原先生からは、企業・大学の両方でご活躍の立場から「エッジソンマネジメント」による「青田買い」から「青田創り」へ転換が重要とのお話がありました。大学4年+卒後3年の7年間が人材育成の要で「ゴールデンセブン」と位置づけられることや、樫原先生が経験された多くの企業・団体とのコラボレーション事例の一部が具体的に紹介されました。

樫原先生.jpg

人材育成では、若者へきちんと説明するための「しかるべき準備」が必要なこと、「無名の大人」の言葉も影響力があること、「ミラー効果」で指導側の育成・共育効果があることなどが印象に残りました。保健医療福祉分野で見聞きする人材育成の話題とは雰囲気も異なり、刺激的な講演でした。


講演後のディスカッションは、それぞれの演者が質問に答える形式で進行しました。座長やフロアから、連携のきっかけ、ミラー効果、関係を維持するポイント、楽しかったエピソード、臨床系専門医の維持、などの質問があり意見が飛び交いました。

演者座長.jpg

今回は70名ほどの参加者にお越しいただきましたが、会場は座長の白井先生(枚方市保健所)、杉山先生(筑波大学)の巧みな進行で大いに沸き、現地開催ならではの一体感に包まれていました。

 *****

終了後に企画運営を担当した方にお聞きしたところ、実は綿密な準備がなされていたそうで、事前打合せはなんと4回!!(web会議3回+当日確認)。熱意と丁寧な調整が生み出した盛り上がりだったのですね。

演者・座長の先生方、裏方として活躍した関係者に頭が下がるとともに、一人の参加者として「一緒に働く仲間を増やしたくなる公衆衛生医師の仕事」に就いていることを誇りに思いました。

なお、後日学会公式ウェブサイトにおいてオンデマンド配信が予定されています。参加登録済みの方はぜひご視聴ください。
posted by 公衆衛生医師の確保と育成に関する事業班 at 22:00 | TrackBack(0) | お知らせ

2023年10月26日

日本公衆衛生学会直前!公衆衛生医師に関するシンポジウムのご案内

食欲の秋・スポーツの秋になりました。みなさまいかがお過ごしですか。

さて、10月31日から「第82回日本公衆衛生学会総会」が茨城県つくば市で開催され、さまざまな演題発表や、講演、シンポジウムなどが行われます。今年は公衆衛生医師キャリアのシンポジウムも企画され、「公衆衛生医師」「シナジー」をテーマに産官学の登壇者による熱い講演とディスカッションを聞くことができます。学会にご参加のみなさまは、シンポジウム会場にぜひお越しください。

-----------------------------------------------------------------------------------------
第82回日本公衆衛生学会総会(2023年10月31日(火)〜11月2日(木)・つくば国際会議場)
10月31日(火)13:20〜14:50 第4会場(会議室201)
シンポジウム10「採用・育成・活躍に結びつく!人材育成における大学と行政のシナジー」
座長:白井 千香(枚方市保健所)、杉山 雄大(筑波大学など)
演者:町田 宗仁(国立保健医療科学院)
   野村 恭子(秋田大学)
   横山 勝教(香川県東讃保健所)
   樫原 洋平(株式会社リンクアンドモチベーションなど)
-----------------------------------------------------------------------------------------

学生さんも登録費1000円で日本公衆衛生学会総会に参加できます。学生証を手に筑波までいかがですか?みなさまとお会いできるのを楽しみにしています。

無題.png

■こちらにもぜひご参加ください!
10月31日(火)18:30〜 つくば国際会議場 第5会場(202会議室・要申込)

posted by 公衆衛生医師の確保と育成に関する事業班 at 22:00 | TrackBack(0) | お知らせ

2023年10月09日

第82回日本公衆衛生学会総会・自由集会「公衆衛生医師の集い」を開催します。

秋も徐々に深まってきましたね。今年は残暑が特にきびしいですが、皆様、いかがおすごしでしょうか。

本日は、10月31日から茨城県つくば市で開催される「第82回日本公衆衛生学会総会」での「公衆衛生医師の集い」についてお知らせします。公衆衛生学会では、様々なテーマの自由集会が開催されますが、「公衆衛生医師の集い」はその名の通り、公衆衛生医師のための集会です。
81EC94E43FF7DF11C6639AD83CB559F861B68203.jpeg

この企画をはじめたのは、公衆衛生学会に参加する医師、なかでも保健所医師が集まって意見交換ができないか、というものでした。実は、公衆衛生学会は臨床系の学会とは異なり、会員の医師比率がそれほど高くありません。
また、医師といっても、保健所、大学、研究機関、企業など、所属も多様なため、そのなかでも保健所で勤務している医師向けの集まる場として企画しました。

毎回、テーマを変えながら継続しており、2023年は11回目となります。なかなか、他自治体の公衆衛生医師とは交流する場がないため、こういった集まりは貴重な機会になっていると思います。今年度は、公衆衛生医師確保の取組や、公衆衛生医師の離職調査の結果について、次世代を担う先生からお話いただき、その後、参加者で意見交換する予定です。

ご参加を希望される場合はこちらからお申込みください。

皆様が全国の仲間たちとつながり、楽しく和やかな時間となりますことを願っております。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております!

<内容>
1 Talk Session
会場:つくば国際会議場 第5会場(202会議室)
時間:18:30-19:30
開催形式:現地開催のみ
2 Night Session 
懇親会会場:もんどころ つくばデイズタウン店
時間:19:45-
費用:5,000円(飲み放題付)
<申し込み(1のみ、2のみ可)・問い合わせ>
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeAcrjvv1pbVQEcyQo8IJJrlTmFURVN7sQ9IV3n_IIzImkh0g/viewform


(愛知県 新城保健所 成田智晴)
posted by 公衆衛生医師の確保と育成に関する事業班 at 22:00 | TrackBack(0) | お知らせ

2023年09月20日

公衆衛生医師WEB合同相談会(PHCC)2023が開催されました。

公衆衛生医師WEB合同相談会(PHCC)2023が9月16日(土)に開催されました。46名の方から事前申込をいただいていましたが、色々な事情で当日参加は29名となりました。

保健所医師および厚生労働省医系技官の実際の働き方について紹介いただいた後、テーマ別や地域別に小グループに別れて参加者からの質問や相談に答えました。


今年で4回目となる今回の合同相談会は、グループ相談の時間を60分に設定しました。60分は長いのでは?との懸念もありましたが、実際にやってみたら参加者からもファシリテーターからもちょうど良かったとの声をいただくことができ、安心しました。

全国からご参加いただいた医学生や若手医師の皆様および運営にご協力いただいた皆様のおかげでよい時間にすることが出来ました。本当にありがとうございました!


また、今回都合で参加できなかった方については個別相談も受け付けております。
こちらもお待ちしております!

続きを読む・・・
posted by 公衆衛生医師の確保と育成に関する事業班 at 22:00 | TrackBack(0) | お知らせ

2023年09月19日

公衆衛⽣医師サマーセミナPHSS2023を開催しました!

この事業班が毎年開催する「公衆衛生若手医師・医学生サマーセミナー」。第12回目の今年は、8月19日・20日に開かれました。今回は「この夏、未来の仲間に会いに行く。」をコンセプトに、イメージカラーを青(=夏・未来・新しい)、シンボルに飛行機(=飛ぶ・出会う)を取り入れました。

IMG_0031.jpeg

このセミナーを「PHSS2023便」という飛行機の搭乗イベントに見立て、名札デザイン、掛け声、受付カウンターの演出など、搭乗感覚をもたらす工夫を凝らしました。

IMG_0033.jpeg

参加者同士の仲間の輪が、あちこちで出来上がっていきました。

IMG_0023.jpeg


IMG_0027.jpeg

医師向けの情報サイト「民間医局コネクト」やNHKの取材も行われ、コロナ禍を経て、私たち公衆衛生医師への注目度が社会の中で高まっていることを実感しました。

IMG_0028.jpeg

セミナーでは、情報管理のデジタル化とICT活用のクロスオーバーを実現しました。

IMG_0029.jpeg

セミナーの詳細は、下記のサイトをご覧ください。




参加者の皆様、ありがとうございました!
未来の人生に向かって、Runway is clear! Take off!(滑走路異常なし!離陸します!)

IMG_0030.jpeg

(広島市南区役所厚生部/南保健センター 運営委員長 平本恵子 ほか主催者一同)

posted by 公衆衛生医師の確保と育成に関する事業班 at 22:00| お知らせ