CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年01月31日

予算作成のポイント


皆さんこんにちは、ペンデル税理士法人の福山です。
新年が始まったと思ったら1月も今日で終わりで、新年度の事業計画・予算作成もピークにさしかかっているのではないでしょうか。

というわけで、今回は予算作成のポイントについて、法令上の位置付けから順にみていきたいと思います。

1.予算の法令上の位置付け
 予算は、新会計基準上、財務諸表としての位置付けはなく、公益認定法において作成が求められているのみです。
 よって、一般法人は法令上作成の必要はなく、法人自治の観点から定款等に基づき作成されているというのが実態と思います。

2.事業計画との関係
  「予算=事業計画を数値化したもの」 のため、基本的には事業計画作成後に予算を作成することになります。
 ただ、計画は立てたものの充てる財源がない、なんてことにならないよう、予算の収支状況をみながら、事業規模の拡大や新規事業の検討など、事業計画を練り直すことも多分にあると思います。

 したがって、@暫定案作成(事業計画→予算) A提出案(事業計画→予算) というように、
事業計画と予算をループしながら作成するのが実際の流れと思います。

3.予算作成のポイント
 収益側については、事業計画をはじめ会員数や補助・受託事業の見込み等をもとに比較的予算化し易いものと思います。
よって、ここでは、費用側について触れていきます。

 費用は大別すると、個別の事業と直接的な対応関係にある直接費とそれ以外の間接費に分けられます。
 事業毎に直接費を算出したのち、間接費を職員の従事割合や使用割合をもとに各事業に配賦して予算計上する、というのが基本的な流れと思います。

 この直接・間接の視点に加え、契約等によって既に見込まれている「既決項目」と、それ以外の未決項目に分けて捉えると積算し易くなります。(マトリックス図)

既決未決.jpg

 既決項目: 契約や法人の規程等によって既に決まっている項目
  → 契約や規程等をもとに算出

 未決項目: 既決項目以外
  → 事業計画、前年実績値などをもとに算出

 予算作成には項目毎の過去実績の集計が欠かせないため、会計ソフト上で摘要集計機能(※)を活用するなど実績データの管理が重要になります。
  (※)同種の取引につき、同一の摘要名称(又は摘要コード)による管理で、摘要名称・コードをキーとした集計が可能になる機能

4.新公益法人制度との関係
 (1)公益法人
  新事業年度開始前までに、行政庁に対し予算書の提出が求められますが、
予算書上での財務三基準(収支相償、公益目的事業比率50%以上、遊休財産保有制限)のクリアは基本的に欠かせませんね。

 もちろん、基準判定は事業報告において行われ、収支相償であれば翌年度以降の剰余金の扱い等を記すことによる説明も可能なため、予算上のクリアは必須ではありませんが、
行政庁対応をスムーズに進めるため、なるべくこのような事態は避けたいところです。

 また、前述の提出書においては、資金の調達(借入金)と設備投資の見込みを記した書類の提出が求められるため、これまでの「収支計算」の視点から数値を捉えておく必要があります。

 なお予算書の留意点ですが、会計処理規程などにより費用は予算枠内での執行を前提とされている法人が多いため、ある程度の「安全」をみた予算、
つまり実際の見込みよりも過大に予算計上されているケースがい多いように思います。
 
 これにより、予算上は収支相償だけど実際に決算を締めてみたら、未執行残額が多くクリアできなかった、なんてことも想定されるため注意が必要です。

 (2)一般法人(公益目的支出計画遂行中の法人)
  一般法人の場合、行政庁への予算提出は求められませんが、
費用に関し実際の見込みよりも過大に予算計上されている場合には、
支出計画の遂行可能性の判断にあたり、「安全」を考慮に入れた確認は欠かせませんね。

次回は、補正予算について考えていきたいと思います。
タグ:予算
posted by 福山 at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 会計

日本相撲協会 公益法人へ


 日本相撲協会が昨日(1/30)公益財団法人への移行登記をされたようです。
 認定答申が1/24付けでしたので、直後に登記されたことになります。

 野球賭博、八百長問題、力士の暴行死事件などの不祥事は記憶に新しく、公益法人化を疑問視する向きもあったように思います。

 これらの対策として、通報窓口の設置、部屋の親方に対する協会への通報義務化等の策を講じるとともに、併せて問題化していた「親方株」については、協会が一括管理し継承に伴う金銭授受を禁止することで決着させたようです。

 内閣府の担当者は、不祥事を事実として捉えつつも、協会の「これから」を判断したといった趣旨の説明をしていました。

神事とされる大相撲。

「神事、伝統文化である相撲の継承を第一に考え、国技・大相撲のさらなる発展を目指す」 という北の湖理事長の言葉に期待したいと思います。
タグ:公益法人

2014年01月28日

公益法人運営DVDを「無料」プレゼント!

こんにちは。

平成25年中に移行、今後移行予定の新公益法人の方へのお知らせです晴れ

ただ今、新春キャンペーンを行っておりまして、
先着20名様に対し、

新公益法人の運営のノウハウが詰まった
「公益法人運営DVD」を無料プレゼントいたします!


DVDの内容はこちらです。
・今後のスケジュール(答申後から定期提出書類作成まで)
・定期提出書類作成のポイント
・理事会、総会、評議員会運営のポイント
・新会計基準導入のポイント  など

DVDをご希望の方は
info@pendel.co.jp
まで送付先住所・氏名をご記入の上、ご連絡ください!

数には限りがございますので、ぜひともお早めにお申し込みください!
posted by 福山 at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公益法人