CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年01月31日

日本相撲協会 公益法人へ


 日本相撲協会が昨日(1/30)公益財団法人への移行登記をされたようです。
 認定答申が1/24付けでしたので、直後に登記されたことになります。

 野球賭博、八百長問題、力士の暴行死事件などの不祥事は記憶に新しく、公益法人化を疑問視する向きもあったように思います。

 これらの対策として、通報窓口の設置、部屋の親方に対する協会への通報義務化等の策を講じるとともに、併せて問題化していた「親方株」については、協会が一括管理し継承に伴う金銭授受を禁止することで決着させたようです。

 内閣府の担当者は、不祥事を事実として捉えつつも、協会の「これから」を判断したといった趣旨の説明をしていました。

神事とされる大相撲。

「神事、伝統文化である相撲の継承を第一に考え、国技・大相撲のさらなる発展を目指す」 という北の湖理事長の言葉に期待したいと思います。
タグ:公益法人
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック