CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年02月 | Main | 2022年04月»
<< 2022年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
これまでのあゆみ [2022年03月27日(Sun)]
 これまでの特定非営利活動法人ピアファームのあゆみを整理してきました。皆さんのご支援がればこそここまで来れたと思います。想いを実現することは私欲が社会正義でないとだめです。それと理念が大切です。理念を決め、普通のことを普通にしていくことが大切です。
(これまでのあゆみ)
2008年2月 特定非営利活動法人ピアファームの法人認可取得
2008年4月 農業・農産物販売に特化した障がい福祉サービス就労継続支援B型事業創業
社会福祉法人C・ふくい(現 つぐみ福祉会)あわら事業所の一部をお借りして事業開始
2009年7月 夢の果実農産物直売所営業開始
あわら市山室(旧金津町)からあわら市二面(旧芦原町)に移転する
2010年3月 福井県の激変緩和補助金を活用してブドウハウスを2棟設置
 坂井北部丘陵地で本格的なブドウ栽培を手掛ける
2011年9月 あわら市認定農業者の承認を受ける
 ふくい産業支援センターの補助を受けて福井市順化1丁目に農産物直売所を設置
2012年12月 ブドウハウス4,660u、農業機械等を整備する
 平成24年福井県企業的園芸規模拡大事業で福井県、あわら市の補助金を受ける
2013年6月 ハニー三国中央店の青果部門に農産物直売所として出店する
 寛仁親王記念ゴルフトーナメントで寄付を受け、三笠宮瑤子女王視察
2014年8月 ハニー三国中央店の経営を引継、産直市場ピアファームとして開始
 10月1日産直市場ピアファームが就労継続支援B型事業所として福井県より認可を受ける。荒廃
農地を農水省農地再生事業の補助金を受け整備、公益財団法人ヤマト福祉財団ジャンプアップ
助成金を賜り、新品種ナシ園を造成する。
2015年7月 観光ぶどう園開園、産直市場総菜部門自社営業開始
坂平成26年度福井県企業的園芸規模拡大事業で観光ぶどう園休憩・直売所、ブドウハウス等を
整備、ヤマト福祉財団第16回小倉昌男賞を受賞
2016年5月 あわら・坂井のうふく連携協議会発足、9月あわら市認定農業者更新
 農林水産省農山漁村振興交付金事業 都市農村共生対流事業開始
2017年10月 台風21号被害、ブレハブ、ビニールハウス倒壊
 農林水産省「第4回ディスカバー農山漁村の宝」選定、首相官邸で授賞式に出席
2018年2月 豪雪で休業、アスパラハウス倒壊、11月第7回FBCかがやき基金「かがやき賞」
受賞
 社会福祉法人清水基金NPO助成金を受け、ブドウハウス、資材ハウスを整備
2019年11月 産直市場ピアファームの移転について坂井市市長に陳情する
 坂井市会議会川端清治議員(法人理事)のご指導を受けて、移転の件を坂井市坂本市長に陳
情、合わせて福井県障がい福祉課にも老朽化移転の件をお願いする
2020年11月 産直市場ピアファームの社会福祉施設整備国庫補助事業を障がい福祉課に要望
する
 坂井市社会福祉課にも川端清治議員(法人理事)通じて要望書を提出、理事会で協議して建設
委員会を設置する。県は2020年3月補正予算に社会福祉施設整備国庫補助事業を採択されるよ
うに動いて頂く
2021年3月 移転建設の事業認可、7月入札、8月移転建築工事に
 建築設計は三輪建築研究所、工事入札は株式会社深谷で移転新築工事が始まる
2022年3月 産直市場ピアファームの新築移転工事完了、4月移転オープン
 4月1日移転新築の竣工式
Posted by ピアファーム at 15:18 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新築移転、4月1日産直市場ピアファームがオープンします。 [2022年03月25日(Fri)]
 国の令和2年度補正予算で社会福祉施設整備国庫補助事業を賜り、福井県、坂井市の補助も頂きまして産直市場ピアファームの移転新築が完成する運びになりました。これもひとえに皆様にご支援のお陰と心より感謝を申し上げます。
 老朽化、耐震対策もあり、このように移転することがで、4月1日にオープンします。
就労継続支援B型事業として障がいや多様な課題のある人たちが働くことで、地域の賑わいや買い物などの手助けになる店舗として事業を継続発展させていきたいと思います。お年寄りや働く女性に優しいお店として新規開店です。よろしくお願いいたします。
DSC_0057.jpg
カメラ
皆様のお陰で移転完成することができました。
Posted by ピアファーム at 11:54 | 農産物直売所 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
15年を振り返り、次を考える [2022年03月06日(Sun)]
ピアファームは第1段階として、障がいや多様な課題のある人たちが農園で安心して働けること、工賃給与を向上できる農産物の栽培生産と果樹を中心とした観光農業として「農業公苑癒しの果樹園あわらベルジェ」の整備に取り組んできました。メンバーが伸び伸びと働ける農園つくりと工賃給与向上をめざした農業収益の拡大を図りました。果樹や野菜栽培で約45,000千円の収益、メンバー一人当たりの工賃給与は月45千円を越えるまでになりました。アジアギャップの取得や荒廃農地を整備して地域農業に寄与でるまでになりました。
 第2段階は産直市場ピアファームの新築移転です。スタッフとメンバーが総意をもってこの事業に取り組み、令和2年補正予算の社会福祉施設整備国庫補助事業を受けて、老朽化から新築工事、オープンにつなげ、坂井市三国町の賑わいや高齢の方の買い物に貢献できるお店としての機能と就労継続支援事業とのコラボです。地域共生として本来あるべき姿ではないでしょうか。
そして第3段階は第1段階と第2段階の融合で、あわら市の温泉街と地域農業を活性化していくコンセプトで今検討しています。15年目の節目で次の10年、20年を見据えた方向を考えていきます。