CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年07月 | Main | 2021年09月»
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
人を伸ばし、事業を伸ばす。 [2021年08月21日(Sat)]
 事業を継承、事業を伸ばしたいと願い思っていますが、あまり気負わないで肩の力を抜いてこのテーマを進めていきたい。時々、このまま続けていくことが出来なかったら私の代で農業は終わってしまうのかなとふと頭を過ります。
 就労支援で農業に取り組み、なしやぶどうを栽培、事故な事業進めてきましたが、これを続けていきたい。80歳代で現役、後継者に引き継ぎたいと願う。個人で農業をするより、この就労支援での農業をなりわいとするのはとても相性がいい。また、坂井北部丘陵地、福井県、北陸で今のピアファームの事業を継続させたい。設備、人手、すべてそろっているが、あとは私に続く人材、なんとかしたいなと願っています。
 事業を伸ばす、人を伸ばす、障がいのある人たちと農業をしていくのはとても夢があり、ともに働き汗を流すことの素晴らしさを体感してほしい。
DSC_0601.jpg
カメラ
この花を見ると秋を感じます
Posted by ピアファーム at 17:35 | 私の想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 21.08.20 深い思いよりも軽い気持ちで爽やかに歩む [2021年08月20日(Fri)]

 いつも思うのですが、「ここまでの農地を広げ、ぶどうハウスや農園でのレストハウスを整備してきたのは大変でしたね。そんな苦労を聞かせください」と時々言われることがある。大変な気持ちでやってきたことは全くない。好きなことを思いっきりやれることの楽しさ、私の思い絵がいていた農業で障がいある人たちと一緒に働くことを実現できる楽しさを思いっきり感じている。
 創める時も、「こうあったらいいな。こんなこともしないな。」と障がい者工賃給与向上のための農業はどうあるべきか描いてきました。人に相談すると「そんなの無理、障がい者がどこまでできるの?」と言わることが殆どでした。でも夢だけは広がり、この耕作放棄地を使ってアスバラガスをつくりたい。ここは玉ねぎ、この梨園はJAに出荷すればいいな。ぶどうをやりたいと言った時、皆眼を丸くしたようで、この人は何を考えているのかと思われていたようでした。
軽い気持ちで始めた就労継続B型で農業に特化した経営体は、私は責任者だからできたのかもしれない。なぜなら、前職では反対されることもあった。就労継続B型事業と農業は相性がいいと思います。その相性は自身で引き付けるものです。こうしたい、あ〜したいと想いは広がっていきます。そんな想いを持てるこの事業に感謝しています。
農業・果樹栽培は栽培技術も大切で、技術いかんで収穫が伸び、収益向上していきますのでやっただけで成果が出てくるので、凄く楽しみです。また、メンバー(利用者)のコンビネーションや作業工程を変化させていくと面白いように作業ができるようになっていくのも楽しいものです。
今から25年前から農業に取り組み、初めは稲作からで今があります。農業、栽培のノウハウ、就労支援のイロハなどが組み合って、今のハーモニーができたと思っています。大地を耕し、草を刈り、定植した苗木と共に育ち、肩の力を抜いて、楽しく、一緒に汗を流すことに誇りと感謝をしています。
さあ!!肩の力を抜いて、軽い気持ちで爽やかに!!

DSC_1841.jpg
カメラ
シャインマスカットです
つぶやき 21.08.19  次年度の課題 [2021年08月19日(Thu)]
 次年度に向けての課題
 今、次年度に向けての計画を策定している。これまで農園での設備投資はぶどうハウスや直売所レストハウス、農機具を中心に整備してきた。現状の収益はこの設備投資によるところが大きい。
 農園全体と栽培と販売を担って行ける人材を育成したいと思っている。最近はややもすると自己中心的な方が多いが、メンバーの支援や農産物の栽培と販売は相手の思いやりと誠実さからスタートしていきます。そうしたことに向いてくれる人材が欲しいものです。そのための待遇改善もしていきます。
つぶやき 21.08.06 ふと、昔を思う [2021年08月06日(Fri)]
 この時季になると思い出すことがあります。最終学年の夏に就職活動そっちのけで全障研愛知大会の実行委員になり、大会運営の介護担当をしていた。大会が終わり、就職活動で病院のケースワーカーを紹介されましたが、福井県内での障害者施設求人を探したり、先ずは現場実習を3か所でさせてもらった。障がいの重い人たちの支援では滋賀のびわこ学園で実習、中軽度の人たちの支援ではゆたか福祉会の当時、ゆたか、みのり、なるみの3事業所でのアルバイトでなれていた。この現場実習で気に入られ就職、15年勤務しました。
就職する時は、進学したいとも思いもあり、愛知に残って障害者・福祉運動の研究をしたかったが、田舎の長男あり福井で就職をしたが、時々あの時進学や病院のケースワーカーをしていたらどうなっていたのだろうかとふと空を眺めながら考えることがあります。はやり、その時の決断はよかったとおもうしたいですが、でも何事も後悔しなことが一番なように思います。
Posted by ピアファーム at 21:51 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)