CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月»
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
つぶやき 21.05.15   5.15沖縄平和行進について [2021年05月15日(Sat)]

 今から45年前頃、栄の久屋大通公園から名駅まで5.15沖縄平和行進としてデモに参加したこと思い出しました。下宿に集まり社会や政治問題を深夜まで議論することが多くあったが田舎者の私にはなかなか付いていけなかった。しかし、ベトナム戦争の記事を高校に時に見て二度と悲惨な戦争は起こさないこと。太平洋戦争の沖縄戦の本を読み、沖縄の人たちのすまないと思いました。
 でもサークルで障がい者問題研究会のほかに、農村福祉ではないが農山村の問題を身近に感じて高校に時に読んだ岩波新書「ものいわぬ農民」の読書会を開き、山村の貧困と因襲を背負いながら黙々と働く農民たちの姿を議論しあった記憶がある。政治の問題よりも福祉、障がい者、農村の問題の方がより身近に感じたもので、そのおかげで今があるのかなとも思います。
若い頃に政治課題について議論はしたが、あまり馴染めなかったことをふと思い出しました。
Posted by ピアファーム at 12:53 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
雨でも、ブドウハウスのなかで栽培作業に頑張っています [2021年05月05日(Wed)]
 よく農福連携の研修会で「雨に時はどうするのか、農園でどんな作業をしているのか」と聴かれますが、私たちはそのことを想定してハウスブドウを工賃給与向上の事業として導入しました。
 このブドウハウスは3,000uありますのでゆったりと仕事ができます。今日は風の強い雨ですので、梨の摘果作業の方はブドウのヒゲとり、果穂整形、草取りなどにまわっています。こうした形で農業に特化して果樹栽培を進めていますが、今はゴールデンウイークですが、果樹、農業にとっても非常に大切な時季で栽培のルーチンワークがありますので、作業を止めることはできません。
 こうしたなか、メンバー、スタッフにご尽力いただけることに感謝です。

 DSC_1545.jpg

 雨の時はこうして広いハウスでの作業です

DSC_1540.jpg

 ブドウのヒゲとりをしてる大貴さん

DSC_1541.jpg

 久夫さんは正確にスピードを持って作業を進めています

DSC_1544.jpg

 スタッフと共に果穂整形をする勇樹さんです
つぶやき21.05.04  優しく梨やぶどうが私たちを迎えてくれます。 [2021年05月04日(Tue)]
 畑や田と向き合っているとまえむきになれるような気がします。一緒に働くメンバーも働きながら怒ったり、大声を出したりすることもなく、淡々とニコニコと働いでます。農園では梨やぶどうの樹が二酸化炭素を吸って新鮮な酸素を出していますので、気持ちが和らいできます。
朝、体調が悪くても梨園でそよ風に当たりますと気持ちが柔わらいでくるようで、お昼頃には元気になります。アジアギャップの認証を受けて、環境や働く人にやさしく、消費者に安全な農産物を届けすることをモットーに取り組んで14年目になりました。
最近は多様な課題を持つ方の利用も多くなりましたが、彼らを梨やぶどうたちが優しくお出迎えしているようです。ありがたいことです。
DSC_1526.jpg
Posted by ピアファーム at 16:39 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)