CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
つぶやき20.09.25  割りきれない思い [2020年09月25日(Fri)]
 Y君は高校卒業から20年一緒に働いてきたが、ある事情で事業所をやめることになった。両親を見舞って、帰りの車の中で涙が止まらなった。悔しい思いが込み上げてくるが「仕方ないかな」とも思う。少しのボタンの掛け違いが積もり積もると大きなこうなるのかなと思ったりする。残念でならない。でも仕方がないのかな。
  本人、家族にとっても障がいの自己覚知は難しいと思う。障がいをもって生まれたこと、誰もが好きでそうなった訳ではないと思う。お父さんお母さんは不憫さ一番強く感じてしまう。「この子をもった親の気持ちはあなたには分かってもらえない」と20歳の時にこの道に関わって言われて45年が経ちました。
 彼れらの頑張りに励まされてここまで来ました。でも何か吹っ切れないこと、割りきれない情景にであうこともあります。気を抜かずにここまで来れたことに感謝すると同時に、良き伴走者でありたいと思います。
癒しの果樹園あわらベルジェ「ピアファーム観光ブドウ園」の閉店のお知らせ [2020年09月22日(Tue)]
 癒しの果樹園あわらベルジェ「ピアファーム観光ブドウ園」は7月19日からスタートしましたが、本日をもって営業を終了致しました。皆様にはご来店やご支援を賜りましたことを心より御礼を申し上げます。
 今年は新型コロナウイルス対策を図りながら営業、あまり売れない、人は来ないと想定していましたが、本当に多くの皆さんにご来店頂きましたことには正直、驚いております。観光ブドウ園では不行き届きな面も多々あったかと存じますがご容赦ください。
本当にありがとうございました。また、来年もよろしくお願いいたします。
あわらベルジェ_R.jpg

初めは、障がいのある人たちが雨でものびのび仕事ができるようにとの想いで始めたブドウ栽培観光ブドウ園、ブドウ栽培で働く職域が広がりました。
大貴さん!いつもありがとう [2020年09月13日(Sun)]
大貴さん!!いつもありがとうございます。
彼はお店(農産物直売所)で毎日閉店間際に余った総菜を買ってくれます。大貴さんいつもありがとうね!」と声を掛けると、「これもボクらの給料になるから」と言ってくれます。いつもそういって買っくれる「大ちゃんありがとう」と感謝をしています。毎日、自分の樹給料での総菜や野菜などを買って帰えります。彼のその行動に感謝して彼のお母さんに伝えたいのですが、そのことを伝えると涙が止まらなくなりお母さんにお礼が中々言えていません。
若いスタッフが辞めていく昨今ですが、大貴さんのように共に働くメンバーがこのように育ってきたことに感謝です。ナシやブドウの栽培でも多くのメンバーが作業の担い手として活躍してくれるようになりました。保護者を始め、多くの方のご支援のお陰と感謝をしています。大貴さんも私も別法人から移って、今の事業を立ち上げた仲間で、彼がそうした思いで働いでくれることが私たちへの励まし、誇りです。障がいのある人たちが主役になれるピアファームを始めてよかったとつくづくおもいます。
これからは彼らに育てられたことへの感謝を恩返していきたい。就労支援で農業に特化して工賃向上をめざすことをそのテーマとしたいと考えています。