CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年07月 | Main | 2020年09月»
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
8月を終えて [2020年08月31日(Mon)]
 8月も今日で終わりです。春分に日から数えて210日で、台風の来襲の多い日でもあるようです。新型コロナウイルスで「癒しの果樹園あわらベルジェ」ピアファーム観光ブドウ園は感染予防もしながら摘み取りなどの営業開園、多くの方の来園して頂きましたことに心より感謝を申し上げます。
 ナシは春の低温で花の着果率が悪いところに、カラスがナシを傷つけ例年と比較して幸水ナシは30%しか収穫できませんでした。大幅な減収ですが、地域一帯のナシ園が被害を受けています。来年はこの被害を防ぎます。
 8月は当法人にとても大切な月です。事故や怪我もなく、スタッフやメンバーの皆さんお陰で乗り切ることができましたことに心より感謝を申し上げます。明日から9月です。気を引き締めてまた頑張ります。
Posted by ピアファーム at 20:44 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ひるむな!!私たち〜就労支援フォーラムNIPPON [2020年08月26日(Wed)]
就労支援フォーラムNIPPON〜緊急10,000人ミーティングに8月26日「各地から報告」で参加をさせて頂きました。主催をされました日本財団の皆様には心より感謝申しあげます。新型コロナウイルス対策で改めての事業の見直し、改善をスタッフがしっかりと若いスタッフが実行してくれます。今回の報告はそうしたことを若い2名がまとめ、次の方向を怯むことなく取り組んでいます。就労継続B型事業所が地域のインフラとして機能している感謝と恩返しを事業所の新たな事業改善に組み入れていきたいと思っています。ややもすると、事業が惰性などに流されますが、多様な課題を持つ方がイキイキと働く姿が私たちを応援してくれます。
 法人設立当初には、日本財団様が就労継続B型の推進で設備機械、車両の助成を頂いたことが今の事業推進になって、地域の振興、賑わいを支える基盤の事業に成長することができました。ありがとうございました。テーマ「ひるむな!私たち」とあるように、「たゆまざる前進」として精進していきます。
Posted by ピアファーム at 21:07 | 私の想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ノウフク西日本フォーラムをYouTubeで拝見して感じたこと [2020年08月09日(Sun)]
 ノウフク西日本フォーラムをYouTubeで拝見させて頂いています。当たり前に農業を就労支援として取り組んでいるのに、特別に取り上げることではないのではないかと、これまで農福連携の盛り上がりを不思議な現象をみるように感じていた。
 今回、フォーラムを拝見して、時代が変わってきていることをヒシヒシと感じましました。農業からは担い手不足、耕作放棄地の増大が加速的に侵食している現実、福祉の方からは就労支援の在り方、増えていく多様な課題を持つ方の働く、社会参加等の直面する問題もあるようです。このように農福連携を啓蒙、社会振興として取り組まねばならないひっ迫した状況あることをこのフォーラムで理解できました。
 障がい者の働く場として農業・野菜をつくり自給自足でやってきたことは障がい者施設ができた時から「なずな園」の近藤原理さん、滋賀の池田太郎さん、田村一二さんの実践ではよく取り上げられていました。今はその時とは背景、ひっ迫さが違うのだと増えていく耕作放棄地を見て思いまます。
 農福連携は今の時代だからこそ、広げていかないとダメなのかもしれません。私は、休日農業が当たり前でしたが、今、若者は休日に農業なんてとんでもないことなのでしょう。就労支援でナシやブドウを栽培・販売して障がいのある人たちに高い工賃給与を出していくことを当たり前にしていけるように、手立てを考えていかないといけないように感じています。