CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年05月 | Main | 2020年07月»
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
貫いてきたこと、挑戦そして誇り [2020年06月30日(Tue)]
 就労支援のなかで働き、通所授産施設(就労支援B型事業)から福祉工場(就労支援A型事業)、農業法人に出向、一貫して就労支援を農業に特化して取り組んできました。
 今は農業就労支援・農福連携に取り組めたことに感謝をしています。新規に農業に取り組む方も是非、当法人の実践を参考にしてほしいと思っています。
 
        クリエートプラザ金津とエフエフ福井の実践に学ぶ
         〜一人月平均工賃給与5万円を目標達成して〜
   
    
                           特定非営利活動法人ピアファーム
                                  理事長 林 博文
1.はじめに〜働くことで暮らしを創る〜
 「一人暮らしをしたいので一か月3万円の給料が欲しいです。」と話すKさんは3月より念願であった一人暮らしを始めました。肢体障がいがある彼は幼い頃より家庭の事情もあり、児童入所施設で訓練を受け、青年期も入所施設で暮らすがゆえあって当事業所で働くようになりました。40年以上の入所施設、GHからやっと「一人になれた」と喜ぶKさんですが、障害基礎年金と当事業所の給与と合わせて1カ月10万円をもらえるようになりました。一人暮らしはどうしても無理なことと思っていましたが、彼なりに「管理された生活」からの「自由」を楽しんでいるようでした。
 働くことで暮らしを支える。就労支援事業所は訓練ばかりを強調されるが、やはり、働くことで生活が少しでも成り立つ場である。

2.ピアファームの礎はクリエートプラザ金津(通所授産)・エフエフ福井(福祉工場)での
実践から生まれる
平成3年のクリエートプラザ金津では電子部品加工で一人あたり工賃が4万円〜6万円で、その取り組みが「福祉工場エフエフ福井」へとつながっていった。一般就労困難な障がいの重い人たちが雇用に結びつける画期的な取り組みでした。
特に福祉工場での実践は福祉的就労支援のイノベーションであり、補助金をベースに事業収益を上げて、働く障がい者の所得保障につなげていくことの大切さを認識しました。そうした点から今の事業を創業するにあたり、事業収益と月平均工賃給与向上を目的とすることができました。
Cネットふくいの就労支援と働く・雇用を前提とした事業経営に関われたことが、今のピアファームの事業経営の基礎となっています。今は、ここで学べたことを実践、普及、後継者育成につなげています。

3.Cネットふくいグループが築き挙げてきたもの
 養護学校(特別支援学校)のPTAの親たちが中心になって、衰退化した福井県育成会に元気を与え、学卒者の進路保障と働く・雇用する場を全県下に普及した結果、福井県は養護学校卒業者の待機児者はゼロになりました。そして、福井県の養護学校(特別支援学校)の親たちが連携・連帯して県下にネットワークを作り、福祉就労した学卒者を支援した実績はとても意義がある。
福祉工場の事業体系に地域連携した就労支援事業で働く場、雇用をつくりあげて行ったことも大きな取り組みで振興事業として地域に定着をしていきました。県下で耕作放棄地を活用した稲作や果樹、衰退や廃業する紙加工、豆腐等の事業継承など早くから事業化したことも大きな地域貢献となっている。
 ここには、障がいをもつ子どもの親たちだからこそ、我が子のために懸命に努力をして事業化してきた過程がそこにあるように思う。障がいの重い人たちの働くことを、通所授産での訓練から就職として福祉工場につなげていけたことが制度的に確立できたことも大きな成果と思っています。こうした点はあまり評価されていないが、これまでの25年間の軌跡を大切にして、これからの私たちの25年につなげていきたいと思っている。
また、福井県の就労継続支援B型事業所の月平均工賃は全国トップレベルであるのはCネットグループの就労支援事業に対する取り組みは背景にあることが一因になっているのではないかと推察している。
いづれにしても、福井県の社会福祉・就労支援事業でCネットグループがこれまで25年間継続してきた軌跡は大きな意義がある。

4.一人月平均工賃給与5万円を目標として取り組めたことへの感謝
 Cネットふくいの福祉工場で働くことで事業経営を学び、収益を上げること、事業を軌道にのせることを実体験としてやってきたことが、今のピアファームの経営に結び付いている。産直市場ピアファームのスーパーで商品管理をしているTさんは、休日も仕事をしたいと出勤してきます。以前の事業所については「僕らは支援費目的でここで働かされ、どうでもいいような作業をさせられた。」と話しています。
 障がいをもつ人たちがイキイキと働くことを目指した福祉工場での取り組みを、ピアファームがそのノウハウの実践を通じて、Tさんの事例のように本来もっている可能性を引き出したことが、私たち障がい福祉業務に携わるプロパーの役割である。
 一人5万円の事業目標があるからこそ、事業を軌道に乗せ、働く人たちの可能性を引き出せると思っています。

5.最後に〜エバーオンワード(たゆまざる前進)〜
 入所更生施設16年、Cネットふくいの就労支援事業14年、現法人で10年、福祉介護・就労支援に希望をもって働くことができたことに心より感謝をしています。Cネットふくいの元松永正昭専務理を始めとした多くの諸先輩にご指導を受けながら夢をもって働けたことが大きな財産です。
 そして、地域や障がいのある人たちの働き、暮らしに即した取り組みをより良きパートナーとして努力していきたい。

全国安全週間を迎えるにあたって〜通達 [2020年06月20日(Sat)]
 毎年、安全週間を迎えるあってて、下記の通達をだしています。7月は何かと事故や怪我が多いのです。そのことそ前提に、常に備えたいと肝に銘じています。

◇ ……………  ◇  ……………   ◇  ……………  ◇   ……………   ◇

                                    2019年6月20日
スタッフ・メンバー・保護者の皆様へ

       令和2年度の全国安全週間(7月1日〜7日)を迎えるにあたって

 新型コロナウイルスも収束したかのように見受けられますが、第2波、第3波とまん延することが予測されますので、引き続き、手洗い、体温、体調のチェックをしていきます。ここ3年間は気をつけて対策を継続していきますので、重ねてご協力をお願いいたします。
当法人も13年目に入り、ピアファームは創設した当初2008年は平均年齢30歳でしたが、今は45歳になっています。産直市場ピアファームは開設当初は35歳、現在は42歳となっています。メンバー(利用者)の皆さんの加齢化に伴い、いくつかのことを保護者やスタッフにお願いしたいと思います。

(保護者の方へ)
1)以前はできたのに!!体力がついていかない
 保護者も同時に加齢化していますので、お互いが若いイメージでいますのでちょっとした変化にきがつかないこともあります。親、子の衰えが同時に進んでいます。メンバーは今の年齢が40歳ならその年齢に15歳を足した年齢が生活年齢です。何もしない、こだわりが強くなったりするのは老化の一つと推察されますので、生活年齢に応じた対応をしてください。親子で健康に気を付けた運動や散歩をするのもこれから大切になります。

2)仕事をしない、作業中に休むことを認めています
 仕事中に加齢した方で、作業が手につかないで座っていることがありますが、そのことで強制して「作業をすることを強制することはしません」
 そのため、作業時間が少ないので働いている時間が少ないので工賃給与が少なくなって、給食費や送迎代で働いている時間が少ないので負担金が掛かっている方もおられますことをご了解ください。

3)新型コロナウイルス対策を継続してください
 引き続き新型コロナウイルス対策を各ご家庭でも継続してください。このウイルスが終息するまでには3年掛かると言われています。3蜜にならないように、密閉空間、蜜集場所、密接場面を避けること、不要不急の外出も避けてください。体調で異変があった場合は直ぐに事業所にご連絡ください。
(メンバー、スタッフの方へ)
1)熱中症、怪我や事故に気をつけること
・水分の補給をすること、水筒の持参
 ・体調がすぐれない場合は、畑での作業は辞める
 ・着替えを準備、長袖の着用、肌を露出しない

2)賛助会員の募集を最大限一人一人が奮闘、500件を集めること
 ・一人一人がセールスマン、営業をしていく
 ・お世話になっている業者には必ず協力してもらうこと
 ・ナシ、ブドウの予約販売をして運営資金に余裕を持つようにする

3)スタッフは企画者、運営者、原価管理の意識をもつこと
 ・支援の判断、優先順位を考え、相談をすること
 ・スタッフの行動は、メンバーの5歩前をいくこと
 ・メンバーが作業習得できるように支援していく

4)道具、後始末を徹底すること
 ・草取り〜ナシ園 草取りした草を積み上げない。草を散らす。草刈機等の機械が安全に走行
・道具やコンテナ、ビール箱は使い終わったら、草刈機、SSの走行に邪魔にならないところに置くこと
・後始末が悪いことが事故につながる
 
5)面倒がらない、安全を常に意識して行動する
 ・指示されたこと、やるべきことを面倒がらない
 ・面倒なこと、人が嫌がる仕事は、利益、ビジネスチャンスになる
 ・面倒なことをしているから、怪我や事故がない

6)運転について、送迎に事故、怪我の注意すること
 ・安全運転、法定速度を守ること
 ・事故に巻き込まれないようにする
 ・面倒なことでも安全を確認する
 ・車両に乗る前に、安全点検をすること、オイル交換等の記録をする

       特定非営利活動法人ピアファーム
         理事長 林 博文
これからの農福連携の展開について [2020年06月06日(Sat)]
 これからの農福連携の展開について

 最近は都市農業が進化しているとの記事をよく見かけますが、福井県のように稲作、大規模化・メガファームが進んでいる地域で農福連携対策の都市農業や園芸農家への施設外就労の取り組みは進んでいかないように推察される。
元々園芸が盛んな長野県、愛媛県では障がい者就労での施設外就労が進化してきましたが、これが定着していくと就労支援事業所の園芸事業の取り組みや園芸農家による障がい者の就労支援事業の取り組みが進んでくるように思う。
 しかし、障がい者福祉の側から診ると工賃向上等の就労支援事業の拡充、施策の強化がまだまだ不十分な面も見受けらえる。精神障がい等で障がい者数は増えているが、自立を支援する枠組みが追い付いていないと感じている。福祉からスタートした私にとっては、いささか歯がゆい想いで就労支援事業や対策の状況を見ている。
 今のピアファームの園芸・果樹・販売に特化した就労支援の中には、工賃向上が大きな事業目標を掲げ実現した背景には、認定農業者としてナシやブドウ栽培に特化できたことが大きいと思っている。ナシの販売で15,000仙円、ブドウで12,000千円の収益を上げられる農業者になったことが工賃工賃向上に結びついている。よく「そこまでする必要があるのか」と言われますが、果樹栽培で手を掛けていると掛けた分だけ収益として帰ってくるから面白い。農福連携では、福祉か、農業かのどちらを優先するかと聞かれることがありますが、障がい者就農で工賃向上を事業目標として、その場面、場面での優先順位を図りながら栽培、販売、支援の3つを進めていくことと思っています。
 難しい課題等はありますが、ソーシャルビジネスとしてはとても面白いと思っています。