CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年09月 | Main | 2019年11月»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
つぶやき19.10.15 汗を流し励まされること、棚田での学びと癒し [2019年10月15日(Tue)]
 仕事を早退して、猪狸庵にある田に苦土を撒いた。先週は台風でできなかったので、本日、仕事場を後にして山の田んぼで散布機を背負って撒いてきた。特にこんなこともまでしなくてもいいのかも知れないが、秋の田起しの前に撒きたかった。
 山の中腹の狭い棚田ですが、ここで農作業をすると疲れが飛んでいきます。私にとっては娯楽、趣味、生き甲斐で、私の原点です。「そんなことに汗を流して、利益のでないことにお金を賭けてどうするの」と言われそうですが、家族で黙々と汗を流すことが財産なのです。今、孫の所にいっている妻が刈払い機で棚田の畔や土手の草を刈ってくれました。私はその田に土壌改良剤を撒き、来週にトラクターで耕します。
 毎年の同じ営みですが、今年の稲や収穫状態から少し変化を入れていきます。最終的に結果は来年の9月に解ります。そんな営みから多くのことを学び、癒され、励まされてきました。平家の落ち武者が開拓した福井市中平町の山里です。
DSC_0068.jpg
カメラ
オレンジ色の愛車にのってゴルフ気分で田を回っています。
Posted by ピアファーム at 22:32 | 私の想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
彼女に励まされて [2019年10月12日(Sat)]
頑固な洋子さん。でも彼女に救われる日々です。彼女に「ハヤシサン、カッコイイネ」と言われるとついその気になり、気持ちはハリウッドスターの「ケビン コスナー」です。ナンテ!!
続きを読む・・・
Posted by ピアファーム at 10:11 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき19.10.12 台風19号が過ぎるのを待つ [2019年10月12日(Sat)]
 事務所で、残っていた資料つくりをしてじっと台風19号が過ぎるのを待つ。農業のなかで育ち60数年、幼い頃、台風で干してあったハサバの稲を取り込んだり大忙し、時には風で稲を干したハサ倒壊したこともあった。
被害が出ないために最善の対策をするが、それでも被害がでることもある。そうした時は悔しいけど、粛々と受け止めるしかないとおもっている。障がい者福祉に20歳の頃からのかかわり、農業は60数年になるが、いつも悔いなくやることを決めている。一生懸命やった結果として、うまくいかないことは沢山あり、福祉は常に賽の河原と思う時がある。経験上、最悪の結果としてこうなると推察されるが相談の結果、違った方向に向くこともあるが、生命の危険がある場合は除き、相談の方のことに手は出さない。
でも、農業、販売はやり方で日々改善できるから面白い。少し手を加える、やり方を変えるだけで大きく収益が違ってくることもある。でも福祉の面でもそうしたことはある。ふと思うことがあります。農業で60数年、福祉で40数年、2つあわせて100年を越えるなんて、我ながら凄いと自画自賛する。しかし、これも多くのスタッフや関係者、家族の支援があるからこそこんなことが言える。感謝しかありません。
Posted by ピアファーム at 10:05 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
施設外就労について [2019年10月01日(Tue)]
 今月から施設外就労として2か所の農業生産法人で仕事をさせていただきます。昨日、会社に出向きお願いをしてきました。スタッフともに仕事、スタッフの学の場でもあります。メンバーの働く力を支え、高めていく支援をすることがここでは試されます。
 施設外就労に参加の方に農業生産法人で働くことをお願いしたら、皆喜んで参加してくれるとのこと。良かった。でも、施設外就労に今まで参加していたメンバーがまた引きこもりになってしまった。またかと難しさと呆れる思いですが、仕方がないかと諦める。最近はこうしたことは問題ではないと思い、本人の好きなようにすればいいと思えるようになった。それがいいのかどうかはわからない。最近覚えたことに、何を問題化するかということの優先順位をつけて行きながら、もの事のかかわりをつけることができるようになった。
 施設外就労と同時に、メンバーのUさんを職員として登用もしていきたいと思っている。メンバーを伸び伸び、能力を高め、できることを増やしていくこと、これが私たちの役割、そして農福連携の一つの側面と思っている。