CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年07月 | Main | 2019年09月»
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
就労支援で農業に特化、葡萄と梨の魅力に取り付かれてC〜農福連携20年史〜 [2019年08月13日(Tue)]
3.福祉工場で本格的な農業、そして農業生産法人の設立へ
 1)稲作を中心に設備を導入する
 通所授産施設での稲作では農家の中古のトラクター、コンバイン、乾燥設備を使っていた。これでも5haの稲作をこなせることができた。しかし、地域の集落の方から田の耕作依頼が多くあり、瞬く間に10haの稲作農地が集まってきた。社会福祉法人が農業・稲作に取り組むことがとても信頼につながり、耕作面積が増えたのでした。まだ、水田、農地に対する思い入れが強い時でしたので、地縁血縁のない社会福祉法人の方に耕作地を任せたかったのではないだろうか。
 知的障がい者福祉工場と通所授産施設を新築するにあたり、米1,000俵が入る低温倉庫と乾燥設備、大型コンバイン導入を計画した際に、JAより当時の役場を通じて苦情が入った。その内容は大規模な乾燥設備で、JAの乾燥施設を使ってもらえない。社会福祉法人が勝手に稲作をすると、有形無形のJAに不利益になるとの言い分でした。今ならあり得ない「言いがかり」ですが、平成9年、今から20数年前はそれが当たりまえでした。役場の福祉課の仲裁で事なきを得ましたが、「社会福祉が農業?」の時代でした。でも、福祉工場でこれだけの農業、稲作設備を有している全国でも少なかったように記憶しています。
 
2)福祉事業所からも異論「就労支援でなぜ、農業なにか」
福井県はコメの銘柄「コシヒカリ」の誕生地であり、稲作には格式とある種の伝統をもっていた。田の基盤整備を進み、最低でも40a,50aの水田が整備されていたので機械化が導入されて規模拡大が進めようとされていた。米価も60kgが18,000円時代のイメージが強く、そんな稲作になぜ参入するのかとの声も聞かれた。
 「就労支援する利用者の仕事はあるのか。」「暑い、寒いなかで農業を障がい者にさせるのは虐待ではないか」「機械設備の多い農業は障がい者は危険」と言われました。工賃向上、就労、雇用で農業は合わないとまで言われた時代でもありました。
 しかし、農地だけは集まってきました。「私らは高齢化で農業ができない。息子は農業をしないと言っているので、何とか田んぼを使ってほしい」との内容でした。地区の区長、農家組合長が来て、地区の後継ぎのない柿畑などをやってほしいと言われたのもこの時でした。福井は兼業農家が多い地域でしたので、この時代から兼業農家から集落営農に代わっていく時でもありました。そうした意味では福井県はどうしても就労支援で農業にかかわる農福連携が弱いのはそうした背景もあるのかなと思っています。

3)社会福祉法人が農業は闇耕作になる
 社会福祉法人は認定農家にならないと規模拡大で稲作を30haやっても「闇耕作者」になってしまいます。農業委員会より認定農家を認めてもらわないと農業委員会が認めた耕作者にはなれず、補助金の対象からも外れてしますます。そんな背景から農業生産法人の設立の準備を始めたのでした。
4)社会福祉法人が農業生産法人を設立する。
 今なら当たり前の取り組みですが、20年前は行政担当者等でも社会福祉法人が農業生産法人を設立することの前例がないので結構、市の農業委員会でも話題になっていました。障がい者が農業するということが「特別なこと」と思われいたのかも知れません。
でも、こうしたなかで障がい者が就農する機会をついくってきたことが、今につながっていると思います。
つぶやき 19.08.07 涙が止まりません。 [2019年08月08日(Thu)]
昨日、病院で二人の息子さんとお母さんが会計をしている間、弟さんは障がいがあるらしく、壁を叩いたり、どこかへ行こうとしたりしていましたが、兄さんがとてもよく面倒を見ていました。会計を終えて帰られましたが、お兄ちゃんの障がいのある弟さんの面倒見ている姿、その光景を見て涙がと止まりませんでした。
そのお兄ちゃんに何気ない世話の仕方、対応、仕草がとてもいじらしく、この仕事について40年、入所施設勤務したころ障がいのある子ども、兄弟姉妹のかたの色々な話をうかがっていたからかもしれません。
「頑張れ」とかオコガマシイことは言えませんが、何故かしたら涙が止まりませんでした。

つぶやき 19.08.03 秋を感じます。 [2019年08月03日(Sat)]
 早朝に軽トラックを走らせていると風が心地よい。頬と腕にあたる風が秋を感じました。ブドウやナシの収穫販売に忙しい時期なのでこれと言った夏休みはないですが、昨日は娘や孫たちと焼き肉を食べにいきました。猫
 先月のメンバーの出勤率は92.6%、今年に入って1月から出勤率が90%代を継続していることに感謝をしたい。来週末からはナシの収穫も始まる。少しでも備えていきたい。犬

Posted by ピアファーム at 17:30 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)