CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年01月 | Main | 2019年03月»
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
つぶやき 19.02.24  休みはないのですか。 [2019年02月23日(Sat)]
 「休みはないのですか」と良く聴かれる。休みは休みたい時に休み、今、しないといけないことには継続的に行動に移す。考えると同時に実行に入らないと遅れると次のステップでまた遅れることになるので、とても気を張っています。でも、これが刺激になり、良い効果がうまれることが多い。
 先に動いで、安全と作業状況を確認してスタッフやメンバーにお願いをしています。これでどれだけ事故が防げるか、常に戦いです。だから安全が担保できる。しかし、災害・事故はいつあるか分からないので用心に越したことはありません。
Posted by ピアファーム at 17:52 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
これからの農業について [2019年02月19日(Tue)]
 農業の専門家ではありませんが、年間25,000千円程の農産物販売をしている団体です。そんな立場から「新ふくいの農業基本計画」について下記のパブリックコメントをさせてもらいました。
 もっと園芸が盛んになり、耕作放棄地を皆で有効に活用できるようになるとイイですね。


 「新ふくいの農業基本計画概要」についてパグリックコメント
1.数値目標について
園芸産出額173億円(平成29年)が220億(平成30年)になっていますが、園芸の取り組みの具体策プラン出来ていない。経営モデルとして果樹、イチゴ、メロンも描いてください。
新規就農5年間で500人、となっていますが、少しずつブドウも伸びていますが、園芸(果樹)の経営モデルがないと500名定着しないのではないか。また、ナシの産地継承も具体策がない。
米依存の農業から園芸に力を入れていくのでは、もっと果樹に力を入れて行くことをしないととてもトマトだけでは難しいのではないか。
2.農福連携について
 障がい者就労、引きこもり、生活困窮、発達障がいなどの方が少しずつ農業の取り組みをしています。
『「8園芸カレッジを核とした新規就農者の増大」(2)県立大学と連携したふくい型人材育成』とあるが、看護福祉学部と連携した農福連携人材育成や事業育成、新規事業のモデルをやってみることが必要なのではないでしょうか。
 
 以上の2点を感じますが、農福連携はこれから地域づくり、農業担い手には必要なアイテムになります。メガ等の規模拡大も必要ですが、県民すべてが農業の担い手になるイノベーションがこの計画にはないように思います。


Posted by ピアファーム at 16:56 | 私の想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ご冥福をお祈りいたします [2019年02月15日(Fri)]
 一昨日、当事業所を利用されている方が心不全で亡くなられました。脳梗塞を患い後遺症も残り身体マヒや言語障害もあり当事業所で昨年から働いておられた。少しでも働きたいと強い意志があり、とても敬服していました。 
 朝方、海辺に近いご自宅を伺い仏壇と祭壇に手をあわせて合掌、ご冥福をお祈りしてきました。

続きを読む・・・
Posted by ピアファーム at 12:08 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 19.02.05 就労支援事業所の事業経営は誰ためか [2019年02月05日(Tue)]
 就労支援事業や福祉サービスの事業経営の厳しさが言われ、行政に何とかしてほしいとの嘆願あるとのことらしいが、福祉の事業経営は事業体が飽和状態であることが一番の問題です。また、福祉、障がい者支援を理解できない事業者が事業経営をする事態が無理なことであり、利用者が集まらない大きなネックとなっています。
地域において本当の必要なサービス、事業体になっていないから経営ができないのでありこれを行政や地域の責任してはならいのです。
 今、人が集まらない、仕事がないと言っている就労支援事業所があるが、そうした愚痴が出て、自らが改善できないのであれば事業は止めた方がいいのではないかと思うことがある。少し、淘汰した方がいいのではないでしょうか。
 余計なことは言わない方が良いのかもしれませんが、ふとそんなことを思ったりします。
Posted by ピアファーム at 21:49 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 19.02.01 いい加減にしろ!! [2019年02月01日(Fri)]
           いい加減にしろ!!
 「僕は農業には向かないので、〇〇部門に変えてほしい」と言ってきたM男さんですが、最近頻繁に欠勤するようになってきました。文句や愚痴はうまいのですが。
小遣いの使い方が一か月5万円以上使っているので、日常生活支援を担当しているケアワカーから相談があり、本人にこのままでいくと破たんすることを説明すると途端にひきこもり状態になってしまった。折角、工賃給与を高く出してもお金の使い方が幼い子どものようであり諭すと、これがまた、理解してくれない。
 寒いなかで、一生懸命なかでやっている方がいるかと思うと、一方でこうした形のことしている方には、腹が立ち「いい加減にしろ!!」言いたい。関わっている小生としては、どっちも平等に対応したいと思うが、寒いなかでも一生懸命やっている方を応援してしまう。お釈迦様のようにはいかない。本当は自宅に出向いて、話をして正常にしたいとおもうのですが、「相談」が中に入っているのでそれもできない。でもその方が良いのかもしれない。そんなに力を入れなくでも、適当に支援すればいいのかなとも思ったりする。
 こんな不惑のなかでよく40年も仕事ができたと思いますが「寒い中でも頑張っている」方の励ましがあるからこそかもしれない。感謝です。

Posted by ピアファーム at 16:28 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)