CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年10月 | Main | 2018年12月»
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
貴方たちでできるのか。うまくいくのかと問われて [2018年11月21日(Wed)]
 「スーパーをあなた方がうまく経営ができるのか」とある社会福祉法人の方から言われました。「そうですね。企業が赤字でうまくいかないから何とか引継いでくれないか」と依頼され、一旦断りましたがそれでもと言われ何とか経営しています。
 上手くはいっていません。厳しいですが、何とか軌道に乗せたいと思っています。この産直市場ピアファームは地域にとって変え替えのないお店・スーパーであり、就労継続支援B型事業所として多様な課題とニーズを持つ方たちにとって大切な職場で、これを維持継続していくことが私たちの課題です。
 多様な課題を持ち、懸命に働く姿ことが地域の財産にしていきたい。地域の方と共にこの店を守りたいと思っています。多分、他の社会福祉法人の就労継続事業ではしないでしょう。利用者の工賃給与月平均5万円を支払うこともしないでしょう。敢えて、他の方がやらないことをなぜするのか。就労継続支援B型事業で多様な課題を持つ方がお店で働くことで地域を活性化の一助にすること、それが非営利組織の役割かなと思っています。
DSCF9162_R.jpg
カメラ
 いつも地域の方に助けられています。
Posted by ピアファーム at 17:38 | 私の想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
性、男女関係の対応について [2018年11月13日(Tue)]
 福祉の仕事について40年になるが、いつも思い悩まされるのが男女関係や性のことです。別に障がい者だからと言うわけではないのですが、いつも上手く行かないことが多いのでいつも思い悩みます。

 入所更生施設に勤務した頃、利用者同士が関係を結び、妊娠、中絶と言うことがありました。20代前半の私は戸惑うばかりでしたが、施設の看護婦さん、両親と一緒に産婦人科に行った事を今でも忘れません。不憫というか、為すすべもなかった記憶があります。

 成人期の人達の関わりが主でしたので、どうしても性や男女関係の出来事はいつもありました。人として本来的には平等であるはずですが、障がいがあるがゆえに男女関係や性は自己完結できないことが殆どで、その出来事があるたびに対応に奔走していました。でもどこか違うと今でも違和感を持っています。

 好きになること、性の交渉をもつこと、愛情をもつこと、相手を愛しいと思うこと、尽くしたいと思う気持ち、してほしいと思うこと、がまんすること、耐えること、まわりに気を配ることなどをうまく調整していかないと好きから愛すること、そして結婚には結びつかないと思います。結婚ではなく、好きと言う関係を続けていくこともなかなか難しいとも思います。

DSC_0009.jpgカメラ
 ブドウの剪定が始まりました。
Posted by ピアファーム at 15:43 | 私の想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 18.11.09 疎んじられることに快感を覚えます [2018年11月09日(Fri)]
  よく就労支援事業所からは、「よくそこまでやるな。そこまでやることが必要なのか。」と疎んじられます。また、農業関係者からは「福祉でそこまでする必要はあるのか。どれだけ生産者として評価できるのか。」と思われているようです。そんな板挟みをよく感じることがあります。なるべく小さい顔をして、驕らずに良いものをしていきたいと思っています。iモード
疎んじられることが良いとは思いませんが、その方法がやり易いと思うことがあります。今は、そうしたことはありませんが、20年前に農業に本格的に参入した時に、JAから苦情が入ったことを思い出します。犬
  経営的には楽ではありませんが、やりがいを感じることができことに感謝をしています。まだ、まだですが、福祉、就労、農業もまだ5合目かな。バースデー

Posted by ピアファーム at 18:40 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 18.11.02  多様な課題を持つ人たちについて [2018年11月02日(Fri)]
  多様な課題を持つ人たちへの支援について思うこと。
 
 最近、就労継続A型支援事業えの見直しが始まってから、生活困窮、引きこもり、発達障害などの課題を持つ方の利用登録が多くなりました。今年に入り17名になり、これまでA型等で引き受けてきたことができなくなったためかなともおもっています。それでも中には登録はしても来なかったり、やめたりする方もいるようですが、この人たちにたいする向き合い方をスタッフがそれぞれ必死になり探しています。
 そうして少しでも伴走したいとの思いから多様な課題を持っている方が、どんな思いなのかが少しずつ垣間見えてくるようです。いや、一緒になって探しているといった方が良いのかも知れません。答えはありませんが、スタッフがそうしたスタンスをとって頂けることに感謝をしています。
 私たちの仕事は、こうした向き合い方を探していくことから始まるのかなと思っています。既定の、お決まりの路線には乗れなくても、自らが直向きに生きている姿を少しずつ理解できればと感じています。先ずは理解から始まるのかなとも思ったりしていますが、時々強引に既定の路線のなかに引き入れることもあります。
 でも、様々な対応で良いのかなとも思います。


Posted by ピアファーム at 04:12 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)