CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 雑感 | Main | 助成事業報告»
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
つぶやき 21.04.11 農家、農業者としての誇り [2021年04月11日(Sun)]
 庵の田仕事の前にと後に農園でぶどうや梨の状態を見て回りました。なにもできませんが、状況把握はいつもしています。メンバーやスタッフが安全に働いてもらえる環境・状態を理解するのは私の役割と思っています。
 よい農産物、梨やぶどうを栽培していくには働いでもらえる環境と、仕事の手順を伝えることが必要です。丹精込めて、手を抜かない環境を作り育てることを使命と感じています。
 よい農産物をつくる。よい支援をするのは当たり前ですが、その当たり前を大切にしたいものです。
DSC_0105.jpg
ぶどうが順調に育っています。
Posted by ピアファーム at 22:55 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 21.04.09 今を楽しんでください。 [2021年04月09日(Fri)]
 何年も引きこもりの方が農園に来て色々な仕事を体験している姿を見ていると、ここで農園を開いてよかったとつくづく思います。スタッフと一緒にニコニコと笑顔で働く姿は何ものにも代えがたいものがあります。
 頑張れとは言いません。ここで楽しんでほしいですね。今日は梨の花に気持ちが和んだようです。イイですね。

DSC_0059.jpg
カメラ
この花が気持ちを和ませてくれます。
Posted by ピアファーム at 21:28 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 21.04.07 農園は梨の花で一杯です。 [2021年04月07日(Wed)]
 毎年、梨の花をたくさん撮っていますが、咲く時期、つぼみの付き具合など違っています。雨が降らない限りこの花を撮り続けています。今年は梨の花が多いように感じます。昨年は4月の異常低温で花付きが悪かったのですが、今年は昨年の倍はついているようですが、梨のカラス被害がないように管理を徹底したいきます。
DSC_0054.jpg
カメラ
今日のナシ園です。
Posted by ピアファーム at 20:30 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 21.02.13 彼らと共に20年 [2021年02月13日(Sat)]
 彼らと共にこの農園で働き、前職も含めると20年になります。大きな事故や怪我もなくここまでこられたのも、彼らのお陰で、感謝しかありません。8年前にブドウを植え、新しいナシ園を補助金や助成金を活用して整備しましたが、その成果が3年前から少しずつ上がっています。
 この彼らの笑顔がピアファームの財産であり、将来の道しるべです。

DSC_0172.jpg
 雪の時も、雨の時も一緒に働いてくれることに感謝です。
Posted by ピアファーム at 17:09 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 21.02.09  大雪、寒波 [2021年02月09日(Tue)]
今年最後の寒波かもしれません。写真は昨日リンゴ園の雪の状況です。4年前は56豪雪に次ぐ豪雪で、ガソリンもなく車を動かすことも厳しく、道路も積雪でとても走行が不可能でした。ハウスも潰れ大変な豪雪でした。
今年は山雪で、海岸線に近い農園は大幅な積雪はなく、この地域の農園を開設できたことに本当に感謝しています。多少の寒波が来ても農園で働くメンバーが伸び伸びと作業ができるのはこの地区だからですね。今年もよい農産物を作ります。
DSC_0032.jpg
Posted by ピアファーム at 15:51 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 20.12.28  感謝して今年を降りかえる [2020年12月28日(Mon)]
 大きな事故や怪我もなく今年を終えようとしていることに感謝をしています。ナシ栽培では気候変動からくると思われるカラス被害で7割減の収穫でした。でもブドウは昨年を大きく上回る収穫と収益をえることができました。農業の厳しさと喜びを同時に味わった年でした。
 就労継続支援B型事業として農業に特化して13年、メンバーやスタッフ、そして多くの皆さんのお陰で楽しく農業を通じてのメンバーの工賃給与向上を図れたこと感謝をしています。私は牽引役、実際には素晴らしいスタッフのお陰でこの事業を継続していけることにも感謝しています。直売所で売れ残った総菜を「これも僕らの給料になるから」と買ってくれる大貴さんにはいつも頭が下がります。この事業を担って、感謝させてもらうことが一杯ありますので、愚痴がでないことのも感謝です。
 生業、生き甲斐であるこの仕事を今年もできたことに感謝です。ありがとうございました。
DSC_0060.jpg
Posted by ピアファーム at 22:15 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今年初めての寒波です。 [2020年12月16日(Wed)]
 昨日から本格的な冬型になってきました。農園のあるあわら市波松地区は海岸線から近く、暴風で雪が山沿いまで飛んでいきます。時々晴れ間があるかと思うと霰が降ってきます。
 でも、20年ほど前からこの地で農業を営んでいますが、冬も少し寒さが弱まっているように感じます。大雪が降ると言ってもやはり暖冬気味です。
 本当に寒い日は年に数えるほどになり、少し寂しい気がしますが、以前は雪の中をかき分けて剪定にいったものですが。。。。
DSC_0015.jpg
 カメラ写真は2013年1月のナシ園の情景です
Posted by ピアファーム at 11:05 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 20.12.12 来年への準備 [2020年12月12日(Sat)]
 作物を栽培していますと、毎年コンスタントに収穫できるように見えるが、少しずつ悪くなること、手の掛け方が悪かったのでうまく栽培できなかったことが良くあります。特に野菜は浮き沈みが多いようである。ナシは気候変動や鳥獣害被害が出てきてる。ブドウは生食なので無加温ハウスで暑さが問題、また、アライグマやハクビシンの被害も出てきている。作物の収穫と販売が安定にできるためには、目に見えない努力が欠かせない。惜しまない努力と栽培の見通しができないとなかなか必要な手が掛けられない。今、まさに剪定・整枝をするなかで来年も今年以上のより良い栽培と収穫をしたいきたいと願っている。犬
  福祉だからとの言い訳を誰も望んではいない。良いものをつくり、販売できる農業者として障がいのある人たちと共に精進していきたい。猫
Posted by ピアファーム at 17:13 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 20.11.14  趣味は農業? [2020年11月14日(Sat)]
 私にとってのこれと言った趣味がない。ほとんどの休日を庵でのコメつくり、農園でのナシやブドウのことで過ごしている。よく、地域の方から「休みはないのですか」と聞かれることがありますが、休日にあれこれ考えながら、庵や農園で過ごすことはとても癒されています。農園は毎日、顔を出さないと気が済まないのですが、体力的なこともありますので、週ニで、半日は休みを取るようにしています。
 物の栽培と共に過ごすことは、季節感、五感、計画、反省、安全の5つが常に平行に走っているような気がします。そのレールに乗れていることが幸せであることに、いつも感謝している次第です。
DSC_0985.jpg
 カメラ神戸市平野区でNPO法人アゲインの皆さんと共に
Posted by ピアファーム at 16:38 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ナシ栽培と寄り添って [2020年10月20日(Tue)]
 収穫の終わったナシ園です。このナシのお陰で障がいのある人たちと一緒に働き、活動ができました。たかが梨ですがされど梨で、ここで栽培を始めて20年、米で言えば10ha以上の収益を確保しています。
 梨の樹、1本、1本が掛け替えのない存在です。今日からナシの縮伐をはじめました。感謝をして、来年に備えていきます。

DSC_0883.jpg
カメラ
収穫を終えたナシ園、閑静な杜が癒してくれます。
Posted by ピアファーム at 12:54 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ