CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« これまで8年、これからの10年 | Main | さりげなく あたりまえに はたらく»
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
つぶやき 19.11.20 あれから45年 [2019年11月21日(Thu)]
  この頃になると、今から45年前に養護学校で就学前の自閉症のY君を家庭療育指導として保育していたことを思い出します。父親がくも膜下出血で倒れ、秋の米収穫を終えてから大学を休学していたので、何か障がい者福祉に関わることをしたいと思って、当時の福井大学教育学部の藤本文郎先生にY君の家庭療育指導を紹介して頂いた。家庭療育指導と言っても、Y君が多動で走りまわるのを追いかけるだけでしたが。
  あれから45年、入所更生施設で14年、通所授産・福祉工場(農業生産法人)16年、ピアファームを創業して12年目なり、障がいのある人たちに育てられました。この仕事に関わり、子どもたちを含めて支えられて来たことに感謝をしています。事業を創業できたのは、メンバーに育てられたことの一つも形を作りたかったのかもしれないと感じています。福祉を学ぶ学生の頃は想像もできなかった形になりましたが、障がいのある人たちを微力ながら支えていく方向は同じです。
 この40数年この仕事に関わって、多くのスタッフは離職する方に出会ってきましたが、一緒に働いて頂いたことに感謝しています。小春日和になか、剪定作業をしながら「どんなことがあっても、ピアファーム、産直市場ピアファームのメンバーを守っていくこと」が私の役割かなと思っています。45年前の苦しい時を思えば、色々な試練は乗り越え、息がある限り、果樹栽培の仕事ができること感謝しなければと思う次第です。障がい者福祉も農業もとてもマイナーな仕事ですが、私にとっては大切な仕事です。


これからの10年を見据えて [2017年10月20日(Fri)]
 今後10年間を見据えた業務の見直しについて

現在の業務、役割分担、体制の変更と改善

 スタッフの皆様のお蔭で、大きな事故やトラブルもなくこれまで事業を継続できたことに感謝とお礼を申し上げます。

 メンバーへの支援、対応、援助も出来ること精一杯取り組んで頂き、農業、販売も充実してきましたことは、ひとえにスタッフの皆様のお蔭と感謝をしています。しかしながら、メンバーの支援、事業の改善は加齢化、社会情勢の変化と共に、これからの方向を見据えなら実施していく必要があります。
 驕ることなく、謙虚にこれからを見据えた改善、機構改革もこれから進めていくことがこれからの課題です。

 ピアファームは平成20年にスタートをして10年、この期間で障がい者就労継続として農業、販売を中心に進め、高い工賃給与をめざす体制を事業構築してきました。事業期間を5年毎に計画をして就労支援の充実をめざし、メンバー工賃給与、事業展開で一定の成果を挙げていたと確信しています。

 次年度は10年の節目を迎えますが、これまでの10年を振り返りながらこれからの10年に向けて精進したいと存じます。こうした指針、計画があって事業が成立して経営が成り立ち、事業が継続できます。
(別紙)平成29年事業計画参照

 平成29年10月現在のスタッフ業務分担表を作成しました。ご負担を掛けている部分があることはご容赦ください。現状のなかで見直し改善を図れることは図っていきたいと存じます。
つきましては下記の点についてご意見をお聞かせください。

「現在の業務体制、役割分担について」
1.見直した方がよい点
2.見直しする点をどのように改善するか
3.分担業務で移行、各スタッフに分散した方がよい事項
4.業務事項、役割分担でスタッフ間での連携や打合せがなされているか。

NPO法人 理事長 林 博文
想いをつなぐ [2017年07月25日(Tue)]
 障害者福祉にかかわった拙い経験と起業した想いと取組についてまとめることで、次の世代に伝えたいと考えています。
 出来れば2年ほどかけてまとめてればと思っています。思いだけですが。工業高校出身の小生が福祉を学ぶことができたこと。多くの方と関わりができたこと。そして障がい者の就労支援として農業に取る組めることに感謝できること。そうした想いを綴ってみたいと思っています。
DSC_0063.jpg
カメラ
 コツコツと作業を進めるとなんとか終わります。
10年を振り返って [2017年02月10日(Fri)]
ピアファーム創設10年を振り返って

今年でNPO法人ピアファームを創設して10年目になります。自分のなかでは皆様のご支援のお陰で10年続けてこれたことへの感謝と、少しの自信と自分で自分を褒めたい衝動があり、そうした「想い」をこの場を通して皆さんに知ってもらおうと思っておりす。
「この子らを世の光に」を胸に秘め、ここまで仕事ができたことに感謝とお礼の気持ちで一杯です。自分たちのなかでは「さりげなく、あたりまえに、はたらく」をテーマに働く環境を築き、周囲に迷惑を掛けても地域で暮らしていく姿をイメージして取り組んでいます。
障がい者の自立をめざしてとは言いません。まずは自分たちの自立をめざしてきました。
ここで懸命に働きたい、ごまかしのない本当の福祉がしたい、楽しく農業がしたいとおもってピアファームを創設して10年目です。好きなことができる感謝、本物を追及できる喜び、メンバー、スタッフとともに働けることの楽しさを感じる10年であったとおもっています。
さあ!!これから5年後、10年後、20年後をどのように実践していくかを考えるために振り返ってみたいと思います。