CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«つぶやき 20.11.14  趣味は農業? | Main | 農福連携の一つの形としての障がいのある人たちの工賃給与向上»
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ふと、おもうこと [2020年11月22日(Sun)]
 今日は小雪、気候は普通でしたが、それでも暖かい日でした。庵の田修復も何とか終わりました。山里の田は耕地整理がしてないので、どうしても田が深くなり、トラクターが泥に埋まったりするので秋になると修復をします。
ここで育ち、幼い頃から田の手伝い、土を耕すことを覚えてきました。農福連携の農を学びました。若い頃は農学系にと思ったのですが、田中内閣の「福祉元年」政策もあり、福祉系に進みました。福祉、就労支援などで「自覚者は責任者、差はあっても別はなし、賢愚和楽、自然随順、物心自立、流汗同労」などの意味を教わり、無謀にもこの庵で茗荷村をやってみたいとの思いもありました。いつも思うのですが、福祉の仕事は約45年ですが、農業は約60年、この肌で味わってきました。感謝と恩返しで、少しでも農福連携にかかわれたらと思っています。
でも、ここで過ごすことが一番の癒し、リセット、明日の活力になります。
DSC_1047.jpg
Posted by ピアファーム at 22:31 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント