CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«つぶやき 22.04.16 ワタシ、ここのスタッフとして働きたい | Main | ヤマト福祉財団農福連携実践塾六次化レポート»
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
つぶやき22.04.23 取材のたびに苦労話を問われますが。 [2022年04月23日(Sat)]
ピアファームの農園やブドウ、ナシ、観光公苑等の取材を受けるたびに「ここまでのご苦労をお聞かせください」「大変な思いでやられたのでしょうね」よく聴かれます。大変な思いをしてこれまでやってきたことはないと言うと聴かれた方は怪訝な顔をします。
前職の時から福祉・就労支援で農業を始めたから25年を越えますが、刻苦勉励で休みは栽培する品目の都合とっていました。メンバーで異変があった時は夜中に警察署に向かったこともあります。伴走、合わせることを基本に福祉はやり、農業は農家としてやっているので、メンバーやスタッフの協力があってできるのであり、特段苦労をしたとの思いはないのです。
多分、みんなそうなんだと思うのですが、大変な思いをした、苦労をしたと言っていたらここにはいないでしょう。うまく行くためは時間に関係なく取り組み、資金が詰まった時は奔走していくことは決して苦労ではなく、好きなことができる楽しみでもあります。でも判断や事柄を決めていく時は、孤独、孤高な思いにあります。仕方がないですね。誰も責任は取れないのですから。でも事業とはそんなもの何かもしれませんね。
福祉の仕事をして、今は先が見えてしまうので、いつも賽の河原のようなことがおこります。しかし、諦めることはないですね。やらねばならないことはやらないとだめなのです。変な妥協がないから苦労したとは思わないのでしょうね。
DSC_2598.jpg

 リンゴの花です。
Posted by ピアファーム at 15:30 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント