CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
つぶやき 22.05.14  日々の生育変化を肌で感じる [2022年05月14日(Sat)]
 今年はブドウの生育が昨年よりは10日間ほど遅いようでした。でも生育は一昨年並でこれが普通なのですが、昨年が異常に早かったとのことですが、やはり生育の遅さが少しずつ早くなり、一昨年を追い越しています。ブドウのジベレリン処理から比較して昨年より10日間の遅さが3日〜5日ほどになってきたようです。
 近年、北陸は今頃の日照時間が長く、降雪量が少ない傾向になってきました。例年と同じような時がなく、小さい刻みですが刻々と変化しているように肌で感じます。昔は冷夏がありましたが、こうしたことが無くなってきました。温暖化が少しずつ近づいているようです、
Posted by ピアファーム at 17:59 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
後継者をつくることを計画していきます。 [2022年05月07日(Sat)]
 朝5;30に起きて6:00に家をでて6:30に事務所、農園にはいつも6:50に巡回を始める。危険な箇所、道具は整理、獣害被害、ナシ園地やブドウハウス状態、ナシやブドウの生育状況などを見て回ってから、作業に入ります。作業は野菜、ブドウ、ナシなどその都度変わっていきますが、スタッフやメンバーが到着するまでの橋渡し作業です。
特に農園周辺の環境には眼を配り、蜂がいないか、クマが隠れるような場所を綺麗に草刈ります。メンバーやスタッフが安心して働ける場所の整備には最新の注意をしていきます。私にとって、ピアファーム農園には年間340日ほどいます。仕事と言うよりは、栽培が癒しであり、共に成長できる場で趣味、遊びに近いものがあります。
メンバーやスタッフと楽しい農業、気持ちのこもったナシやぶどう、野菜を作りたいと思うとそうなってしまいます。2年程まえからスタッフ、メンバーが土日祭日の休日も交代で栽培棟に従事してくれるようになりました。今、こうした事業、支援の若い後継者を作りたい計画を進めています。私のように動くことは無理でも、理解し行動を共にできる人材が養成していきます。応援ください。
福井県北部の坂井市、あわら市にまたがる坂井北部丘陵地で障がいのあるメンバーや地域の方と一緒に梨やぶどうの栽培をしていけることにご支援をお願いしたします。

DSC_2624.jpg
ナシの実も大きくなっていきます。
Posted by ピアファーム at 13:30 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 22.05.04 仕事をするな遊びだと思ってやらないとダメ [2022年05月04日(Wed)]
『林田アナが大事にしているタモリの教え』
 彼女が大事にしているというのが、タモリの教えだ。 「仕事をするな。遊びだと思ってやらないとダメ」  次期エースの呼び声も高いが、その教え通り、出世レースもどこ吹く風。「野心がないし、我もない。それが一番の魅力」とNHK関係者は口々に力説した

 これは昨日のヤフーニュースにあった記事です。「仕事をするな。遊びだと思ってやらないとダメ」と言われることがどうも自分のイメージにあうような気がします。ナシやブドウをつくり時に仕事ではありますが、好きなことをやっているので仕事を越えています。また、就労支援でメンバーの支援をする時は、やはり仕事を越えています。
 なかなか分かってもらえないかな。
Posted by ピアファーム at 10:37 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤマト福祉財団農福連携実践塾六次化レポート [2022年04月30日(Sat)]
公益財団法人ヤマト福祉財団 農福連携実践熊田塾に参加させて頂いていますが、この度「ヤマト福祉財団農福連携実践塾六次化レポート」が冊子化されました。就労支援事業で六次化、とっても相性がよいエリアです。7つの実践が紹介されました。栽培生産としての一次産業×加工としての二次産業×販売としての三次産業=六次で6次化産業です。就労支援事業所でも本格的に取り組むようになったことは農福連携実践の大きな成果です。
非売品ですので皆さんにお届けできないのが残念ですが、障がいのあるメンバーが農業で働き、加工、販売等の就労支援事業の在り方として参考になります。

20220427131028.tif20220427131028.tif
Posted by ピアファーム at 17:27 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき22.04.23 取材のたびに苦労話を問われますが。 [2022年04月23日(Sat)]
ピアファームの農園やブドウ、ナシ、観光公苑等の取材を受けるたびに「ここまでのご苦労をお聞かせください」「大変な思いでやられたのでしょうね」よく聴かれます。大変な思いをしてこれまでやってきたことはないと言うと聴かれた方は怪訝な顔をします。
前職の時から福祉・就労支援で農業を始めたから25年を越えますが、刻苦勉励で休みは栽培する品目の都合とっていました。メンバーで異変があった時は夜中に警察署に向かったこともあります。伴走、合わせることを基本に福祉はやり、農業は農家としてやっているので、メンバーやスタッフの協力があってできるのであり、特段苦労をしたとの思いはないのです。
多分、みんなそうなんだと思うのですが、大変な思いをした、苦労をしたと言っていたらここにはいないでしょう。うまく行くためは時間に関係なく取り組み、資金が詰まった時は奔走していくことは決して苦労ではなく、好きなことができる楽しみでもあります。でも判断や事柄を決めていく時は、孤独、孤高な思いにあります。仕方がないですね。誰も責任は取れないのですから。でも事業とはそんなもの何かもしれませんね。
福祉の仕事をして、今は先が見えてしまうので、いつも賽の河原のようなことがおこります。しかし、諦めることはないですね。やらねばならないことはやらないとだめなのです。変な妥協がないから苦労したとは思わないのでしょうね。
DSC_2598.jpg

 リンゴの花です。
Posted by ピアファーム at 15:30 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 22.04.16 ワタシ、ここのスタッフとして働きたい [2022年04月16日(Sat)]
 寒かったり、暑かったりするのは今頃の習わしですかね。霜が降り、ナシの花がやられてないか心配です。これからしばらくの間に雹が降り、ナシが花から果に変わるので被害がでてしまうのでこれも心配です。
話は変わりますが、メンバーの方で「ここで一生懸命働いでスタッフになりたい」と言ってくれるのでとても嬉しいです。そんな風に思って頂けることに感謝もしますが、スタッフになりたいと言った方はこれまで色々な苦しい経験を積んでいるからそんなことが思いとしてあるのだろうとふと思ったりします。
イジメ、虐待、パワハラと気持ちの優しい人が生きにくい社会になっている。企業就労を何度も挑戦して障がいで惨めさを感じてしまう社会、地域であってはならないと肝に銘じている。社会的に弱いとされている人たちが拠りどころになるような事業所をめざしていきたい。弱いとされている人が力を寄せ合った働き、暮らすことを少しでも応援していきます。
Posted by ピアファーム at 16:35 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 22.04.10 春になると [2022年04月10日(Sun)]
 春になると、自然と体が動くようになります。土や木々が読んでいるようなきがして、毎日m農園足が向き、変化、成長を見ていきます。自然と気持ちもリラックスしていきます。果樹の気持ちになって一体化していくのがわかります。ナンテ
Posted by ピアファーム at 21:32 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 22.04.05 ベストを尽くす [2022年04月05日(Tue)]
春になると次々とやることが増えてくる。農業は次から次へとすべきことが決まっているので、手を抜けない。いや手が抜けないと言った方がいいかもしれない。栽培をしている、メンバー支援をしていると、しなければならないことはきっちりやり、あの時こうすればよかったとの悔いは残さないようにしています。
パーペクトはできないかもしれないが、ベストはつくしたいと常に思っています。今年も昨年のようにやりたいと思ってもそういかないことも多い。でもベストを尽くしたい。いつも昨年を越えたいと思っていますが。。。。。

Posted by ピアファーム at 16:36 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
これまでのあゆみ [2022年03月27日(Sun)]
 これまでの特定非営利活動法人ピアファームのあゆみを整理してきました。皆さんのご支援がればこそここまで来れたと思います。想いを実現することは私欲が社会正義でないとだめです。それと理念が大切です。理念を決め、普通のことを普通にしていくことが大切です。
(これまでのあゆみ)
2008年2月 特定非営利活動法人ピアファームの法人認可取得
2008年4月 農業・農産物販売に特化した障がい福祉サービス就労継続支援B型事業創業
社会福祉法人C・ふくい(現 つぐみ福祉会)あわら事業所の一部をお借りして事業開始
2009年7月 夢の果実農産物直売所営業開始
あわら市山室(旧金津町)からあわら市二面(旧芦原町)に移転する
2010年3月 福井県の激変緩和補助金を活用してブドウハウスを2棟設置
 坂井北部丘陵地で本格的なブドウ栽培を手掛ける
2011年9月 あわら市認定農業者の承認を受ける
 ふくい産業支援センターの補助を受けて福井市順化1丁目に農産物直売所を設置
2012年12月 ブドウハウス4,660u、農業機械等を整備する
 平成24年福井県企業的園芸規模拡大事業で福井県、あわら市の補助金を受ける
2013年6月 ハニー三国中央店の青果部門に農産物直売所として出店する
 寛仁親王記念ゴルフトーナメントで寄付を受け、三笠宮瑤子女王視察
2014年8月 ハニー三国中央店の経営を引継、産直市場ピアファームとして開始
 10月1日産直市場ピアファームが就労継続支援B型事業所として福井県より認可を受ける。荒廃
農地を農水省農地再生事業の補助金を受け整備、公益財団法人ヤマト福祉財団ジャンプアップ
助成金を賜り、新品種ナシ園を造成する。
2015年7月 観光ぶどう園開園、産直市場総菜部門自社営業開始
坂平成26年度福井県企業的園芸規模拡大事業で観光ぶどう園休憩・直売所、ブドウハウス等を
整備、ヤマト福祉財団第16回小倉昌男賞を受賞
2016年5月 あわら・坂井のうふく連携協議会発足、9月あわら市認定農業者更新
 農林水産省農山漁村振興交付金事業 都市農村共生対流事業開始
2017年10月 台風21号被害、ブレハブ、ビニールハウス倒壊
 農林水産省「第4回ディスカバー農山漁村の宝」選定、首相官邸で授賞式に出席
2018年2月 豪雪で休業、アスパラハウス倒壊、11月第7回FBCかがやき基金「かがやき賞」
受賞
 社会福祉法人清水基金NPO助成金を受け、ブドウハウス、資材ハウスを整備
2019年11月 産直市場ピアファームの移転について坂井市市長に陳情する
 坂井市会議会川端清治議員(法人理事)のご指導を受けて、移転の件を坂井市坂本市長に陳
情、合わせて福井県障がい福祉課にも老朽化移転の件をお願いする
2020年11月 産直市場ピアファームの社会福祉施設整備国庫補助事業を障がい福祉課に要望
する
 坂井市社会福祉課にも川端清治議員(法人理事)通じて要望書を提出、理事会で協議して建設
委員会を設置する。県は2020年3月補正予算に社会福祉施設整備国庫補助事業を採択されるよ
うに動いて頂く
2021年3月 移転建設の事業認可、7月入札、8月移転建築工事に
 建築設計は三輪建築研究所、工事入札は株式会社深谷で移転新築工事が始まる
2022年3月 産直市場ピアファームの新築移転工事完了、4月移転オープン
 4月1日移転新築の竣工式
Posted by ピアファーム at 15:18 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新築移転、4月1日産直市場ピアファームがオープンします。 [2022年03月25日(Fri)]
 国の令和2年度補正予算で社会福祉施設整備国庫補助事業を賜り、福井県、坂井市の補助も頂きまして産直市場ピアファームの移転新築が完成する運びになりました。これもひとえに皆様にご支援のお陰と心より感謝を申し上げます。
 老朽化、耐震対策もあり、このように移転することがで、4月1日にオープンします。
就労継続支援B型事業として障がいや多様な課題のある人たちが働くことで、地域の賑わいや買い物などの手助けになる店舗として事業を継続発展させていきたいと思います。お年寄りや働く女性に優しいお店として新規開店です。よろしくお願いいたします。
DSC_0057.jpg
カメラ
皆様のお陰で移転完成することができました。
Posted by ピアファーム at 11:54 | 農産物直売所 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ