CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月30日

〜私が伝えたいことって〜

これからも、
私は、何を伝えていきたいのか?
ちょっと、考える機会がありまして・・・


発達障害(知的障害のある自閉症)の娘を育て、
発達障害について、勉強して、
子育てについても、勉強して、
結局、
子育ての基本は同じだってことに気づきました。


目の前にいる子どものこと(発達など)を知り、
わかるように導き、教えていくこと。
発達障害の特性があれば、その特性に合わせて、
教えたらいい。療育やサポートを使えばいい。

一番は、しっかりとした「愛着形成」。
(時間がかかる子もいますが)


生まれてすぐから、
幼児期にかけての、
親の関わり方が、
重大な影響を及ぼすこと。
その子の一生を左右するくらい。


だから、知って欲しい。


昔は、「親がなくても子は育つ」と言われ、
親戚や近所の人達が、みんなで育ててくれる時代もありました。
でも、今は、
親だけで、親の責任だけに押しつけられて、
子育てに悩み、
子育てに疲れたり、(今で言う)虐待したり、
「親がいるのに、ネグレクト(虐待)」
特別なことではなくて、社会問題です。
いつ、どの家庭に起きてもおかしくありません。


どのように育てたら良いのか、
正しい知識を持つことが大事です。

親にとって、都合の良い子に育てるのではなく、
子どもの育ちにとって、良い親になるために。

本能では、子育てはできません。
「正しい知識」が必要です。

子どもと親の幸せのために・・・



posted by 佐藤 at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年11月29日

〜まず、大人が落ち着く。ヨーロッパでは〜

子どもが、
予想外のことをしたとき、
イタズラや物を壊す・・・
かんしゃくや、パニック・・・

そんなとき、
親は、カーッ!って、
怒ること、有りますよね。
怒って、怒鳴る。
「何やってんのーっ!ダメでしょ!」


人間だからね。
喜怒哀楽、あって当然。大事なことです。


でも、子育てにおいては、
子どもは、親を見て、親を手本にします。
感情のコントロールの仕方も・・・


まず、大人(親)が落ち着き、
子どもを落ち着かせ、
何が悪くて、
何が良いことなのか、
どうしたら、良かったのか、
諭すように、わかるように、
教えてくれる親なら、
子どもも、少しずつ、
感情のコントロールする力が付いてきます。


まずは、大人(親)が、
自分の「怒り」の感情に気づき、
自分の感情をコントロールする方法を
意識して、身につけることです。


親が落ち着いていないと、
子どもは落ち着きません。


shitsuke_shikaru_father_smile.png



ヨーロッパの国の話しですが、
何かの記事で読んだこと。
「大人って、どんな人?」という質問に、
「感情コントロールが出来て、
 冷静に物事を考えて、
 子どもに色々なことを教えてくれる人」
そのようなことが書いて有りました。
そして、「親を尊敬出来る」と答えた割合は、
日本より高いそうです。


〜日本って、周りの人に
「私は、しつけをしています」って、アピール?
そう思うぐらいの親を見ることがありますね。
でも、子どもは、人前で怒られて、
恥ずかしくて、傷ついていませんか?
あなたが、子どもなら、どうかしら?

って、私、子育て学ぶ前は、人前でも
ガンガン怒っていました(反省)〜



・怒りのコントロール、それは本当に怒る事? こちら



子育ての正論からリアルまで
子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害と家族 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ談話室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村



posted by 佐藤 at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てを考える

2019年11月28日

〜中学生「友だち世界」がやってくる〜

中学生は、体も心も成長著しい時期です。

理想に向かう時期
自分を見るもうひとりの自分が現れ
自分をより高めたいと努力しますが
理想と現実の間で、
心が不安定になりやすい時期なのです。


アイデンティティー
自分が生まれた意味を知りたい
自分の生きていく価値を実感したいと
考えるようになります。


あこがれる、尊敬出来る人、
自分のお手本が欲しい時期です。


友だちとの世界で、悩み、成長していくのです。


中学生になると
友だちの影響を大きく受けるようになり、
親が交友関係に口をはさもうとすると
徹底して反発します。
たとえ親との約束を破ってでも
仲間との関係を大切にしようとするのです。


これは「仲間から認められたい」と願う自尊心が
芽生えはじめていて、必死で努力しているからです。
この芽生えたばかりの自尊心はとても傷つきやすいのです。



集団の中の自分を強く意識し、
そこで過ごす中で、たくさんの辛い体験をします。
いくら努力しても報われない切なさを味わったり、
納得出来ないことを押しつけられて悶々と悩んだり、
信頼を裏切られて傷ついたりするのです。
また、信頼、友情も生まれます。


「B 子どもの育ち方」記事一覧 こちら



figure_personal_space_people.png




時には、頑張ることに疲れるときもあります。
普段の生意気な態度とは裏腹に、甘えてきたり、
また逆に屈折した形で甘えたい気持ちを表現することも有ります。


そんなときは、
子ども自身が、乗り越える、答えを出すことを信じて、
黙って寄り添って、見守ることです。
心にくすぶる不安や甘えは、
さりげなく受け止めてあげましょう。
「あなたなら、きっと大丈夫。
何かあったら、いつでも言ってね」と、
信じて見守ることが大切です。


子どもの表面ばかり見るのではなく、
心の奥底を見ることが大事です。


参考本「だいじょうぶ!気づいた時が出発点」
   東京家庭教育研究所 (佼成出版社)




子育ての正論からリアルまで
子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害と家族 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ談話室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村



posted by 佐藤 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの育ち方

2019年11月27日

〜中学生の親への反抗は、愛情の確認と自立への階段〜

児童後期に芽生えた
「自分自身の見方、考え方をしたい。
そして、その考えに従って行動したい」という欲求が
さらに育った自己確立の時期です。


親に対して、ろくに返事もしなくなったり、
反抗的な態度をとったり、イライラしたりするくせに、
親に認めてもらいたいという二重構造です(本音と立前)


自分なりの理想をとても大切にする時期です。
子ども扱いされることは我慢ならない。
ですから、簡単に親の言いなりにはなりません。
親が自分の経験や大人の権威を振りかざして
意見を押しつけると、徹底的に反発します。
それが、親の目には、反抗的な態度に映るのです。


family_hankouki_haha_musume.png


親は、子どもなりの判断をできるだけ尊重しましょう。
親からの働きかけは、必要な情報を提供したり、
少しアドバイスをしたりする程度にとどめ、
あとは少し離れて静かに見守ることが、
この時期のふれあい方のポイントです。

大切なことは、
「あなたが本当に困った時は、
いつでも手をさしのべる気持ちがある」
折に触れてさりげなく伝えておくことです。


自立に必要なこと
この時期、親に、安心して、
十分な依存と反抗を繰り返すことができた。
そして、親は自分を認めてくれていると
実感できると、安心して、自立に向かえるのです。


反抗は愛情確認なのです。


問題行動があったときは、
愛情不足を考えましょう。といわれます。
愛情不足とは、
子どもが欲しい愛情量を
もらっていないということです。
兄弟によっても、兄はコップ半分でOK,
でも弟はコップ1杯でも足りない。
その子の満足する量、内容です。
過干渉も愛情不足と同じです。

「信じる」ことも愛情です。
親から見て、子どもの選択肢が遠回りに見えても
「この経験を通して必ず成長できる」と
信じて待つことです。


「ババァ」「うざい」などの暴言は、
柳(やなぎ)のごとくかわしましょう。



「ありのままのあなたでいい。
 あなたは大事な存在。
 私達家族の一員だよ。」と伝え、
良いところを褒めて育てることで、
その子の生きる力が付いてきます。


参考本「だいじょうぶ!気づいた時が出発点」
   東京家庭教育研究所 (佼成出版社)


〜皆さん、自分の中学生のときを
思い出してみてください。
どんな、気持ちでしたか?
私は、恐くて反抗出来ませんでした。
暴力とかではなく、「出て行け!」と
言われるのが、恐かったからです。
「出て行け!」と言われても、何とかなる
高校生から、私の反抗、自立は始まりました。〜




「B 子どもの育ち方」記事一覧 こちら



子育ての正論からリアルまで
子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害と家族 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ談話室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村






posted by 佐藤 at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの育ち方

2019年11月26日

〜社会スキルから精神的スキルまで〜

しつけとは、何を教えるのか?
子ども達に教える多くのことがあります。

スプーンをどうやって使うかから、
お友達とどのように仲良く過ごすかまで、全てです。
子どもが学ぶ多くのことは、親から習います。

例えば、
*社会スキル
相手を見て「はい」と言う、言われたことをする、
順番を待つ、落ち着く、助けを求める、お願いする、
「ありがとう」「ごめんなさい」と言う、
他の人々と仲良くするなどがあります。

*学習スキル
読む、書く、数える、物事を整理する、
質問をするなどです。

*精神的スキル
人々を助ける、優しくする、祈る、
思いやるなど道徳的なことです。

brothers_chounan.png

*自立スキル
食事、着衣、清潔、排泄、挨拶、
睡眠などの基本的生活習慣などです。

すべては、日常生活において、
日々の積み重ねの中で、行なわれるものです。


ですから、人としての在り方や、
生活習慣を身につけていくのも、家庭です。

ガミガミ教えるのではなく、
楽しい雰囲気で「こういう時は、こうするのよ」と伝え、
見せて、子どもの学ぶ姿を応援して、導いていくものです。


庭訓(ていきん)の教えというものがあります。
『庭を掃きながら、庭の掃き方を教える
 あやまりながら、あやまり方を教える
 挨拶しながら、挨拶の仕方を教える
 返事をしながら、返事の仕方を教える
 感謝をしながら、感謝の仕方を教える』


子どもが興味を持ち、
見ていること、聞いていることが、
全て「しつけ(教え)」になります。


しつけは、真似から始まります。
親の感情や態度、親の人に対する態度、
物に対する態度、美や道徳に対する態度、
労働に対する態度など、あらゆる面での態度を、
子どもは真似て自分のものにしていきます。


『子どもは、親の言うとおりにはしない。
 親のしたとおりにする。』ものです。


しつけは、ただ無理矢理教えても上手くいきません。

子どもの成長発達、興味に合わせて導くこと、
そして、待つことも大切なことです。

教えるにも、コツが必要なのです。

〜娘を育てる時、何にも考えずに
とりあえず育てていました。
今思えば、不適切な子育てでした。
今だから、気づいたけど・・・〜



「C しつけの仕方」記事一覧 こちら



子育ての正論からリアルまで
子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害と家族 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ談話室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村
posted by 佐藤 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけの仕方

2019年11月25日

〜イライラするのは、子どもと大人の違いを知らないのが原因〜

子育てで、イライラするのは、
子どもと大人の違いを知らないことが原因です。

生まれた赤ちゃんは、
まだ自分の力で移動することは出来ません。
でも、誰かに教えられなくても、やがて寝返りをし、
ハイハイをし、つかまり立ちをし、歩けるようになります。

手を使って移動しなくて済むようになった1歳児は、
しきりに手を使って何かをしようとします。
つまんだり、引っ張ったり、入れたり、
落としたり、ということをしたがるのは、
まだ上手く出来ないそれらの動きを獲得したいからです。


自分自身を育てていく力を秘めています。
この子どもの自然な発達を知り、
その時期に必要な手助けをしてあげる。
子どもの中にある自己教育力を信じて、
人格形成のお手伝いをするのが大人の役割です。

大人は「教える人」ではなく「導く人」です。

toy_omocha_asobu_girl.png





親や教師は子どもが間違ったとき
「違うでしょ」「そうじゃなくて、こうでしょ」と
誤りを正してあげることが大人の役割だと思っています。
そうでなければ何が正しくて、何が間違いか、
子どもは学ぶことができないと思っています。

大人が誤りを指摘するのではなく、
子ども自身が謝りに気づけるようにすることが大切なのです。
いつも間違いを指摘され続けていると、
指摘されないと気づけない子どもになってしまいます。


例えば、子どもが水をこぼしたとき、
「何やってんの!ダメね!」と
大人がサッサと拭いてしまう。
それでは、失敗がいけないことであると
子どもに感じさせてしまいます。
ですから、
まずどこから布巾をとってくるか、
どうやって拭くのか、
その後どのように始末するのかをやって見せます。

そうすれば、子どもは失敗を恐れなくなり、
仮にまたこぼしても、自分で対処出来るようになります。

やって見せても、すぐに上手く出来ない事もあります。
そのときに
「前に教えたでしょ、何でできないの?」などと言わず、
繰り返し正しいやり方を見せてあげることです。



「モンテッソーリ教育」田中昌子著より


「C しつけの仕方」記事一覧 こちら



子育ての正論からリアルまで
子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害と家族 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ談話室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村







posted by 佐藤 at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけの仕方

2019年11月24日

〜人の役に立てると嬉しい時期〜

幼児期後期は
人の役に立てると嬉しい時期です。
自己肯定感を上げる時です。


親がやらせたいお手伝いをというのではなく、
子どもが、したいというお手伝いです。


でも、親から見ると、
「やめて〜」「いいから!」
手出ししないで〜!
余計なことしないで〜!
って、思うことも多いですよね。


なので、全部ではなく、
「今日は、これだけお願いしたいな〜」
「また、今度もお願いね〜」


ちょっとしたことでも、
例えば、お皿を下げたとか、
新聞をもってくるでも、
いいですよね。

syokki_kataduke.png


そして、
「ありがとう」
「助かったよ」
「嬉しいな」
ちゃんと喜んであげてくださいね!


この自分のしたことが、
人の役に立ったという思いが
将来の仕事に対する意欲、
自分がこの家にいる意味、価値を感じるのです。


人類は、集団で生存してきたため、
他人の役に立つことが、嬉しいと感じる動物なのです。


そして、誰からよりも、
お母さんに「ありがとう」と言われることが
子どもの自己肯定感を上げます。


「B 子どもの育ち方」記事一覧 こちら



子育ての正論からリアルまで
子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害と家族 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ談話室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村
posted by 佐藤 at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの育ち方

2019年11月23日

〜1歳児の母の質問「どのように叱ればいいのですか?」〜

1歳児の母から、
「どのように子どもを叱ればいいのか?」
という質問を受けることがあります。
1歳児には、叱る理由など存在しません。
1歳児がやることはすべて、
生きるために必要なことです。


babay_tukamaridachi.png


大人が触ってほしくないものを触るにしても、
それは知的好奇心の芽生えがなせることであり、
ごはんをこねくり回すことも、
口から出すことも、
ティッシュの箱からティッシュをすべて出してしまうことも、
そうしたいからしているのであって、
それは知能が発達しようとしている中で生じることです。


だから、危ないもの、触らせたくないもの、
食べさせたくないものについては、
子どもの手の届かない所、
見えない所に置くことが、
大人が子どもを守るためにやるべきことです。


目の前にあるものに対して、
「触っちゃダメ」「食べちゃダメ」と言って
わからせて行動を改善できるという年令ではありません。



「子どもの感情コントロールと心理臨床」大河原美以著より


「C しつけの仕方」記事一覧 こちら



子育ての正論からリアルまで
子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害と家族 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ談話室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村


posted by 佐藤 at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけの仕方

2019年11月22日

〜何回言ったらわかるの?〜

昔は、私も言っていました。
「何回言ったらわかるの?!」
感情的に・・・


今、「子育て」や「発達障害」の勉強をし、
「何度でも、わかるように、言わなきゃな」
と思うようになりました。


どうして欲しいのかを、
優しい声で、
具体的に、
一つずつ、
繰り返し、
何度も、
時には一緒に、
楽しく、ユーモアを交え、
教え、練習させていく



それでも、出来ないなら、
習慣付かないなら、
子どもに対する期待値が高すぎるのか、
子どもがわかる方法になっていないのかもしれません。



幼児期や、
見る方が理解しやすいASDタイプなら、
絵や写真、文字などで、
何をいつするのか、どうやるのかを
その子に合わせて、作り利用したり。
片付けも、片付け易い、シンプルな環境に。
わかりやすい印を付ける。
トークンポイントなどの活用。
一つできた時には、褒める。


注意ばかりでは、やる気も失せます。

shitsuke_shikaru_mother.png


何回言ってもわからない、続かないということは、
何か、工夫が必要だと言う事です。
その原因を考えることです。



子どもは、好きなことは習慣付きやすいですが、
どうでもいいことは、習慣付きにくいです。
ですから、
わかるように、何度でも、優しく・・・
継続は力です。



ママのコワイ顔を見るのがイヤだから、するのではなく、
ママの嬉しそうな笑顔が見たいから、頑張ってするほうが、
将来の生き方に影響するのではないかと、
勉強してみて、そう思います。



posted by 佐藤 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけの仕方

2019年11月21日

〜気をつけたい大人の5つの言動〜

「ダメダメ」と言われ続けてきた子どもは、
自分で困難に立ち向かって
乗り越えたという経験が足りませんから、
集中力や我慢強さに欠け、
自分に自信が持てなくなります。



やってもらってばかりいる子は、
次第に自分からやろうという意欲がなくなります。
指示待ちになっていきます。
せき立てられると、
自分のリズムで考えられなくなり、
そうした不平、不満を
乱暴や破壊といった行為で表すこともあります。


気をつけたい大人の5つの言動

★せきたて 「早く、早く」「急いで」
      「時間が無い」「遅れるわよ」

★先取り、命令 「次は〜でしょ」
        「〜をしなさい」


★禁止、中断 「ダメ」「危ない」
       「触らないで」「もう、やめて」

★代行  「まだ早い」「まだ無理」「やってあげる」
     「ママの方が速くて上手だから」

★放任 「好きにしなさい」「もう、知らない」


「モンテッソーリ教育」田中昌子著より抜粋



私は、今も、毎日言っています。
ただ、言い過ぎないようには気を付けています。




るんるん子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 こちら
るんるんプロフィールはこちら
るんるん参加者の声はこちら
るんるんfacebookページはこちら
るんるんお問い合わせはこちら

ランキングに参加しています。ぜひ応援のため一日一回クリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村









posted by 佐藤 at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけの仕方