• もっと見る

2024年04月16日

「男性脳女性脳のちがいを知って家庭円満に」B

「子育て」や「発達障害」の学びの場など提供するペアレントサポート旭川です
総合案内は こちら
*******

「男性脳女性脳のちがいを知って家庭円満に」@

「男性脳女性脳のちがいを知って家庭円満に」A


ここからは
女性脳の特徴をいくつか抜粋します


★共感してもらいたいだけ
相手に問題解決を求めていません。
女性は、共感欲求が非常に高く、「わかる〜」「うんうん」と言ってもらうことで、ストレスが沈静化します。
マイナスの感情「怖かった、痛かった、悲しかった、辛かった」という感情を共感してもらうことで、ストレスが軽減します。
妻や娘の話には、否定や意見をしないで「うんうん」と聞きましょう。


★おしゃべりにオチや答えを求めない
男性が「女の無駄話」という話には意味があります。
女性は他人の体験談を自分の智恵に変えるのです。
子育てや夫や親の看病のとき、一瞬で、おしゃべりで得た関連する情報を引き出して役立てるのです。
井戸端会議も、無駄話ではなく知的行為と言えるのです。
おしゃべりでストレスを発散していることもあります。
子育て中は、特にストレスが溜まります。
お友達などと話せる機会を積極的に作りましょう。
検索で得た知識より、会話で得た知識の方が、記憶に残ります。


★言わなくても察して欲しい女性脳
夫の「言ってくれればやったのに」は、妻を不機嫌にさせます。
女性脳は、大切な対象に意識を集中し、ちょっとした変化も見逃さず、相手が何も言わなくても、何を求めているか、察することが出来ます。物言わぬ赤ん坊を育てるための能力です。
ですから「察すること」イコール「愛情の証」なのです。
その「察してなんぼ」の女性脳に「言ってくれれば、やったのに」は、察っしようとしない、愛情の放棄に思えるのです。
お互いに、具体的に言うことを心がけましょう。
そして「言ってくれてありがとう」「やってくれてありがとう」と、感謝を伝えましょう。


★女性は、家の中の音に敏感
女性脳は、家の中の子どもの声や音に敏感で、男性脳は家の外の音に敏感(大昔、動物や敵に襲われるのを警戒)という特徴があるそうです。
赤ちゃんの泣き声で、すぐ起きるのはママで、パパは気づかず寝ているのは、脳のせいかもしれません。


akachan_cry.png


いかがでしたか?
当てはまる、わかるということ、あったのではないでしょうか?

はじめにも、お伝えしたように、
男性に多いタイプ、女性に多いタイプの脳の話です。
私男性脳、夫女性脳タイプという方、私は半々という方いらっしゃいます。



今回のお話で、私と相手は、違うんだと、ご理解いただけたと思います。

相手に対して、「このくらいわかるでしょ!」と思うから、腹が立つんですよね。

分からない相手だから、具体的に言って、感謝すること、大事です。

完璧な親も、完璧な子どももいません。

安心できる、素敵な家庭を作ってください。育ててください。




ペアレントサポート旭川では、子育てや発達障害の学びや相談、ママが輝く講座やセラピーなど行っております。

もし、まだモヤモヤしているなら、是非、隠れDV、気づいていない被害者、気づいていない加害者の話を学んでみてください。

ひとりで悩まないで、相談してみてくださいね。




るんるんランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん個別相談 こちら

るんるんペアサポ公式LINE こちら

るんるんHappy🧡color公式LINE こちら
(カラーを味方につける方法を配信しています!)

posted by 佐藤 at 04:10 | TrackBack(0) | 連載