• もっと見る

2024年04月04日

「療育メソッドRPM」実践

「子育て」や「発達障害」の学びの場など提供するペアレントサポート旭川です
総合案内は こちら
*******

会話が上手くできない、言葉が出ない、
そんな子が、文字盤を通して、会話ができる

親御さんにも、教員にも、支援者にも知ってほしいRPM

習得には、何年もかかるかもしれない

でも、それを続けてきた鍛治さん親子の体験談

そして、一朗君も思いを伝えてくれます。


発達障害セミナー
「一朗の声が聞きたくて
療育メソッドRPMとの出会いと一朗の成長」

講師 鍛治まゆみさん 一朗さん


日時  6月22日(土)10:00〜12:00
場所  旭川市ときわ市民ホール101(旭川市5条通4丁目)
料金  1000円(公式LINE500円クーポン利用可)
定員  30名



RPM.png


RPM(ラピッド・プロンプティング・メソッド)とは
ソマ氏が独自に作り上げた自閉症を持つ人への新たな教育法です。
それぞれの生徒が持つ自閉の特性を理解し、必要な援助を駆使しながら、彼らの持てる能力を高めていきます。大事なポイントは、学習を通して自己表出(ポインティング)が可能になることです。


鍛治まゆみさんと一朗君

一朗君は、言葉を話せない、行動を自分で制御しづらい重度自閉症。

3歳で「AUTISM」とタイの病院で診断され、7歳までタイで暮らしていました。

小学1年生から母親の実家のある旭川で暮らしています。

泣いている一朗の『なぜ?』が知りたくて、声が聞きたくて文字を指差ししてお話をする「RPM」と出会い、小6の終わりに「ありがとう」が言えた一朗君。

中学生の頃から長文が書けるようになってきて、現在は、高校卒業認定試験にも挑んでいます。

これまでの歩みと、思い、そしてRPMのことをもっと知ってほしいと活動されています。


6,22「RPM鍛治さん」チラシ.png



「このRPMに出会えていなければ、この子は、何もできない、分からないと思ったまま、過ごすところでした。
息子もまた、誰も理解してくれない苦しみの中、生きていたでしょう。
このRPMを通して、私たちがまだまだ自閉症を理解していないことに気づかされます。」



<問い合わせ >
peasapo403@gmail.com
公式LINE https://lin.ee/Aqaj8fM  
090−9083−2817(佐藤)

<お申込みフォーム>
https://docs.google.com/forms/d/12ibNeN_qNCXnZexXGHNrnKXhqKQ0-6v98Q0TQdsEmqA/edit




るんるんランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん個別相談 こちら

るんるんペアサポ公式LINE こちら

るんるんHappy🧡color公式LINE こちら
(カラーを味方につける方法を配信しています!)




posted by 佐藤 at 05:35 | TrackBack(0) | 活動予定