CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年10月09日

〜怒る、叱る、注意する、たしなめる、諭す、説教する?〜

旭川で「子育て」や「発達障害」の学びの場を
提供しているNPO法人ペアレントサポートです
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

子どもの不適切な行動があったとき、
あなたは、子どもにどんな対応をしていますか?



「怒る(怒られる)」
相手の悪い行動(不適切行動)を、改善するしないに関わらず、ただ単に怒鳴りつけて、相手に怒られる、つまり怒鳴られる恐怖感を覚えさせて、無理矢理二度とさせないようにすること。



「叱る(叱られる)」
相手の悪いことを正すこと。
自分が悪いことをして、相手から注意された状態。


*外から見れば、「怒る」も「叱る」も、同じでも
自分が悪いことをして、相手は自分のことを考えてくれているから「叱られる」と感じる。
理由はわからないけど、相手が怒っているから「怒られる」と感じる。
相手との関係性、子どもの場合では理解力(発達)との関係によって違ってくる。




「注意する(注意される)」
相手がやった悪いことを言って、悪いのは○○という理由だと教え、それをどういうふうにして改善すればよいかおしえること。




「たしなめる(窘める)」
反省を促す。それはいけないことだと穏やかに注意を与える。
非礼や無作法を軽く叱る、軽く注意する、優しく説教や注意をすること。




「さとす(諭す)」
物事の道理をよくわかるように話聞かせる。納得するように教え導く。




「説教」
元々は、宗教活動の場で、行われている説いて教えることです。
「説いて」「教える」こと。
説教が必要になった経緯を相手が分かるように解説したうえで、その後に取るべき行動を相手が分かるように教え込むこと。

よく起こる間違い「説教ではなく文句」
自分にとっての「当たり前」を、そのまま言葉にして伝え、言い聞かせようとする。
相手の足りないところを上げ連ねて、ダメ出しをする。これは、説教ではなく、「文句」



shitsuke_shikaru_mother.png



子育てでは、気になる「行動」と「子どもの状態(理解力、感情)」、「親の状態(知識、感情)」そして、親子の関係性が、相まって、しつけがされていきます。


しつけとは、物事や社会性を、親が手本となり教え導くことです。
しつけとは「おしつけ」では、ないのです。


怒る、叱る、注意する、たしなめる、諭す、説教する…

伝える言葉も大事ですが、態度、姿勢にも気を付けたいですね。




ペアサポを知ってほしくてランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「旭川情報」をクリックお願いします。

るんるんランキングに参加。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん総合案内 こちら

るんるん最新記事 こちら

るんるんスタッフ通信一覧 こちら

るんるん子育てを学べる記事一覧 こちら

るんるん公式LINE こちら
(学習会のご案内や個別相談もできます。お気軽に!)

るんるんLINEチャット「ペアサポチャイルドの会(0〜6歳向き)」 こちら

るんるんLINEチャット「ペアサポフレンズの会」 こちら
posted by 佐藤 at 05:36 | TrackBack(0) | つぶやき